新型キューブ フルモデルチェンジ!7人乗りミニバンで2017年発売予定!

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

photo_01

現行型は2008年にフルモデルチェンジされて、2017年で8年をむかえる日産 キューブはそろそろ新型が登場してもおかしくありません!

名前の通り四角いボディは使いやすさと空間の余裕にもつながっていますし、特徴的なデザインで男女問わず人気のコンパクトカーといえるでしょう。

三列シートモデル「キューブキュービック」も設定されていましたが現在生産終了になっています。

新型キューブではこの3列モデルを復活させて、フリード・シエンタをライバルとして戦うようです。

そんなキューブの最新情報を今現在判明してるのをまとめてみました♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型キューブはVモーショングリルを採用か?

Sway_03s

日産が新たなアイデンティティとして広めているのが、Vモーションと呼ばれるデザインになっています!

新型セレナでもこのデザインが採用されていますので、今後モデルチェンジされる車には間違いなく使われていくでしょう。

新型キューブもフルモデルチェンジで、マーチ同様カッコいいデザインに生まれ変わるかもしれません!

最近は国内メーカーでもBMWやアウディのようにどこの会社かわかるデザインを取り入れていますね。

予想ボディサイズ

  • 全長:3,900mm
  • 全幅:1,695mm
  • 全高:1,650mm
  • ホイールベース:2,600mm

今度はカッコいい!!日産 新型マーチ フルモデルチェンジ!エンジン・価格・発売日は?

新型キューブ フルモデルチェンジではスーパーチャージャーとe-POWER(イーパワー)設定

搭載が有力視されているのはダウンサイジングされた1.2Lスーパーチャージャーに加えて、2016年10月に販売される「ノートEV」で初めて採用されるe-POWER(イーパワー)です!

新型キューブ予想エンジン

  • エンジン:直列3気筒DOHC 1.2 L直噴スーパーチャージャー
  • 最高出力:98PS/5,600rpm
  • 最大トルク:14.5kgm/4,400rpm
  • 燃費JC08モード:25km/L

キューブ e-POWER(イーパワー)

  • 1.2リッター直列3気筒DOHCスーパーチャージャーエンジン
  • 最高出力:98ps/5600回転
  • 最大トルク:14.5kgf.m/4400回転
  • モーター
  • 最高出力:30ps
  • 最大トルク:12.0kgf.m
  • JC08モード燃費(km/L) 40.0km/L

の二種類で販売が行われるかもしれませんね!

やはり目玉はe-POWER(イーパワー)で、新型セレナにも一年遅れで設定されると情報があるので時期的にも適切かもしれません!

「日本初!発電エンジン搭載の新型ノートEVの性能・エンジン・燃費・価格は?」

このEVが設定されれば、ほかの会社と違った魅力がアピールできますので是非とも搭載してもらいたいですね♪

新型キューブは7人乗りモデルも設定されるのか?

キューブには「キューブ・キュービック」という7人乗りモデルが存在していたのご存知ですか?

見た目はとても3列ミニバンに見えませんが、ホイールベースを17cm伸ばして3列シートを搭載しているのです。

フルモデルチェンジにあたって、フリードやシエンタなどコンパクトミニバンが好調ですので、日産としても黙ってみてるわけにはいかないようです♪

現状、新型キューブに関しての情報が少ないので、もしかしたらコンパクトカーは「マーチ」や「ノート」に任せて、フルモデルチェンジではコンパクトミニバンとして販売されるかもしれません。

スライドドアを採用か?

シエンタ、フリードと真っ向勝負するのであればヒンジドアではなく、スライドドアは必須になってきます。

スライドドア採用して、フリードのように5人乗り・7人乗りモデルをラインアップするかもしれませんね。

またマツダ プレマシーの販売が終了される情報もありますので、OEM供給されているラフェスタの後釜がいなくなるので、新型キューブが担当すると思われます。

完全にコンパクトミニバンに進化する方向で開発が進んでいるようです。

【スポンサードリンク】

新型キューブはプロパイロット採用で利便性アップ

セレナに初搭載された「同一車線自動運転技術プロパイロット」が新型キューブに搭載される可能性は高いです。

ライバルは「セーフティセンス」・「ホンダセンシング」など搭載していますが、現行型では運転支援システム類が用意されていないので、競争力で負けてしまっています・・・

  • エマージェンシーブレーキ

車と人に対して被害回避または軽減をアシストしてくれます。

  • 踏み間違い衝突防止アシスト

障害物がある状態でアクセルを踏み込んだ際に、急発進しないように制御してくれます。

  • LDW(車線逸脱警報)

搭載されたカメラで車線を読み取り、ウィンカーをだしてない状態ではみ出しそうになった場合はブザーとインフォメーションでお知らせ

  • 進入禁止標識検知

進入禁止路へ進入しそうになった場合に、メーター内ディスプレイへの警告表示とブザーでドライバーに注意

エクストレイルのマイナーチェンジでもプロパイロット搭載されたので、新型キューブでもプロパイロットの設定されるでしょう。

プロパイロットパーキングも採用

新型リーフより採用される「プロパイロットパーキング」が新型キューブでも採用されると思われます。

  • ステアリング操作
  • アクセル・ブレーキ操作
  • シフト操作

ドライバーが駐車したい場所でボタンを押すと、自動的に駐車してくれるもので停車までこなしてくれる機能です。

電動パーキング採用か?

上記のパーキングアシストは電動パーキングを採用していることが条件ですので、新型キューブのフルモデルチェンジには採用されるのでは?

セレナもクラス初採用でしたので、シエンタ・フリードを超えるためには必須といえます。

新型キューブ情報まとめ

「新型キューブ フルモデルチェンジ!7人乗りミニバンで2017年発売予定!」はいかがでしたか?

すでにマーチのフルモデルチェンジ・ノートがビッグマイナーチェンジしており、日産にはコンパクトカーの数が揃っています。

ラフェスタは実質マツダ車ですので、フリードなどに対抗するコンパクトミニバンがないことを考えると、新型キューブはミニバンに進化するかもしれませんね♪

今後、最新情報が入り次第すぐにお伝えしますので楽しみに待っててくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 高橋 より:

    本当に発売されるのでしょうか?
    ゴシップで終わらせない情報をお待ちしていますm(_ _)m

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です