2017年8月 新型シエンタ マイナーチェンジ!特別仕様車と燃費向上

シェアする

トヨタが販売するコンパクトミニバン「シエンタ」が販売から2年が経過するタイミングでマイナーチェンジを行います。

エクステリアデザイン変更・インテリア質感向上・燃費向上・特別仕様車の設定など盛り込まれる予定になっています。

今回は2018年8月マイナーチェンジ予定の新型シエンタの情報まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年 新型シエンタ マイナーチェンジで燃費向上

  • 1.5L直4DOHC+モーター
  • 最高出力 74ps/4,800rpm
  • 最大トルク 11.3kgm/3600~4,400rpm
  • システム出力 100ps
  • JC08燃費:27.2km/L

が現在のハイブリッドモデルのスペックになっています。

27.2km/Lの燃費を28.0km/Lへ向上させるようです!

エンジン・ハイブリッドシステム制御を最適化が図られます。

またアクア マイナーチェンジで用意される「でECOセット」が用意されるかもしれません。

  • 専用セッティング制御コンピューター
  • 軽量カーペット

ライバルであるフリードハイブリッドが、シエンタハイブリッドと同じく27.2km/Lですので少しでも上回って印象をよくしたいのでしょう。

実燃費では現行モデルと差が出ないと思われます。

新型シエンタ マイナーチェンジでエクステリアは?

  • ヘッドランプ・テールランプデザイン変更
  • フロント・リアバンパー変更
  • 新デザインアルミホイール
  • 新色ボディカラー追加

などが予定されているようです。

ハリアーマイナーチェンジのように、流れるウィンカーが採用された面白いですね♪

インテリアは質感向上

  • 大画面ナビ対応
  • インテリアパネル装飾
  • シート表皮変更

9インチ大画面ナビの対応が期待されます。

最近のトヨタ車はマイナーチェンジで大画面ナビに対応しているので、新型シエンタでも可能性が高いと思われます。

インテリアはちょっとした質感向上などが行われる予定になっています。

2017年 新型シエンタ マイナーチェンジで安全装備は?

  • プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

搭載されたレーダーと単眼カメラによって道路上の障害物・車両など検知します。

衝突の危険が高まったらブザーとディスプレイにてお知らせ。

30km/h~80km/hの領域ではプリクラッシュブレーキアシストが作動して、万が一ブレーキ操作がない場合は自動ブレーキ制御を行い、衝突の回避または軽減します。

  • レーンディパーチャーアラート

道路線を感知して運転手がウィンカー操作を行わないで、車線逸脱の可能性がある場合はブザーとディスプレイにて警告

  • オートマチックハイビーム

時速30キロ以上で走行中に作動して自動的にハイビーム・ロービームの切り替えを行い、夜間ドライブのサポートをしてくれます。

歩行者・障害物の早期発見に役立ちます。

  • 先行車発進告知機能

先行車が発進して4メートル程度離れても動かない場合は、ブザーとディスプレイにて警告して発進を促してくれます。

以上がシエンタに採用されている安全運転パッケージ「トヨタセーフティセンスC」になっています。

残念ながらマイナーチェンジで「セーフティセンスP」へのアップグレードはされないようです。

現在はオプション選択になっていますが、全グレード標準装備などになると予想されます。

ちなみにライバルであるフリードの安全装備は

  • 歩行者対応自動ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
  • LKAS〈車線維持支援システム〉
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 標識認識機能

など比較すると比べ物にならない運転支援システムが採用されています。

せめてシエンタも歩行者対応自動ブレーキは採用してもらいたかったですね・・・

燃費では少しだけ上回りますが安全装備は天と地の差です!

マイナーチェンジで特別仕様車G Cuero設定

Gグレードの設定されるのは「G Cuero」という特別仕様車になっており、Cueroはポルトガル語で革の意味ですので、本革シート仕様などになるのではないでしょうか?

恐らく特別仕様車専用ボディカラーなども用意されると思われます!

2017年8月 新型シエンタの価格は?

現行モデルから約5万円程度の価格アップになるでしょう。

安く買いたい人はマイナーチェンジ前の大幅値引きを狙っていきましょう!

情報まとめ

「2017年8月 新型シエンタ マイナーチェンジ!特別仕様車と燃費向上」はいかがだったでしょうか?

ハリアーのように大幅変更はなく小規模な改良となります。

シエンタを始めヴォクシー・ノアなどに採用されているセーフティセンスCは、家族を乗せる機会が多いミニバンですので、セーフティセンスPを採用してもらいたかったですね。

フリード・ステップなどと比較すると見劣りしてしまします・・・

少し価格アップしても構わないので、セーフティセンスPの採用車を拡大してもらいたいと思います。

シエンタ マイナーチェンジ情報が入ったらすぐにお伝えします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です