2017年6月 ダイハツ ムーヴ マイナーチェンジ!スマートアシストに進化して新発売

シェアする

人気軽自動車ダイハツ「ムーヴ」が2017年6月にもマイナーチェンジされて新発売されることになりました。

ライバルである新型ワゴンRに対抗すべく、安全装備の強化をメインにマイナーチェンジされる予定になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年 ムーヴ マイナーチェンジで何が変わる?

最も大きな変更点はスマートアシスト2からスマートアシスト3に改良されることです。

スマートアシスト2の機能

  • 衝突回避支援ブレーキ機能

4キロ~50キロで走行中に作動して、車両に対して被害回避は20キロ以下・被害軽減は30キロ以下になっています。

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)

走行中に車や歩行者を感知して、衝突の危険性がある場合はブザーとインフォメーションディスプレイにて警告

  • 車線逸脱警報機能

車線を認識してウィンカー操作など無い場合に逸脱しそうになると、ドライバーへ警報します。

  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)

10キロ以下で走行中に、障害物がある状態でアクセルを強く踏んだ際に急発進しないように制御します。

  • 先行車発進お知らせ機能

自分が停車してる状態で、先行車が3メートル以上進んで場合に知らせてくれます。

以上がスマートアシスト2の機能になっています。

基本的に歩行者に対する自動ブレーキは対応しておらず、警報のみになっています。

スポンサーリンク

2017年 ムーヴ マイナーチェンジで搭載される「スマートアシスト3」

2がレーザーと単眼カメラだったのに対して、3は世界最小ステレオカメラに置き換わります。

この進化で自動ブレーキが歩行者対応になってます♪

  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

車両と歩行者に対応しており四段階でアシストしてくれます!

  1. 衝突警報
  2. 一次ブレーキ
  3. 被害軽減ブレーキアシスト
  4. 緊急ブレーキ

になっており、被害回避は30キロ以下被害軽減は80キロ以下(歩行者50キロ以下)になっています。

  • 車線逸脱警報機能

車線を認識してウィンカー操作など無い場合に逸脱しそうになると、ドライバーへ警報して逸脱の回避を促します。

  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)

10キロ以下で走行中に、障害物がある状態でアクセルを強く踏んだ際に急発進しないように制御します。

  • 先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで自分が停車してる状態で、先行車が3メートル以上進んで場合に知らせてくれます。

  • オートハイビーム

搭載されたステレオカメラが、対向車の光を感知して自動的にハイローの切り替えをしてくれます。

以上がムーヴ マイナーチェンジで進化するスマートアシスト3の機能になっています。

赤文字になっている部分が2と3の違いです♪

基本的にカメラの変更と歩行者対応にアップグレードされるのが大きな違い!

オートハイビームもセットしておけば夜間のドライブで役に立ちますね♪

ムーヴ マイナーチェンジでエクステリアやインテリアは変わる?

今現在の情報ではエクステリアの大幅変更はないようです。

ちょっとした変更はあると思われますが、今回はデザインの変更がなく現状維持となる見込みです。

またインテリアも同様に小変更にとどまり、若干の質感向上などはあるかもしれません。

ボディカラーの廃止と新色くらいはあるのではないでしょうか?

最新情報が入り次第お伝えしますね!

価格はどうなる?

今現在の価格に+3万円~5万円ほど上昇するようです。

スマートアシスト3の搭載を考えたら適正かとおもわれます

情報まとめ

「2017年6月 ダイハツ ムーヴ マイナーチェンジ!スマートアシストに進化して新発売」はいかがでしたか?

デザインや走りの質でライバルより一歩出ているムーヴですが、スズキのデュアルブレーキサポートと比べるとやや見劣りする部分があります。

しかし軽自動車にこれだけの装備がついてることが凄いです!

またマイナーチェンジの最新情報が入ったらお伝えしますね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です