2017年8月 ダイハツ ムーヴ マイナーチェンジ!スマートアシストに進化して新発売

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

人気軽自動車ダイハツ「ムーヴ」が2017年6月にもマイナーチェンジされて新発売されることになりました。

ライバルである新型ワゴンRに対抗すべく、安全装備の強化をメインにマイナーチェンジされる予定になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年 ムーヴ マイナーチェンジで何が変わる?

最も大きな変更点はスマートアシスト2からスマートアシスト3に改良されることです。

スマートアシスト2の機能

  • 衝突回避支援ブレーキ機能

4キロ~50キロで走行中に作動して、車両に対して被害回避は20キロ以下・被害軽減は30キロ以下になっています。

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)

走行中に車や歩行者を感知して、衝突の危険性がある場合はブザーとインフォメーションディスプレイにて警告

  • 車線逸脱警報機能

車線を認識してウィンカー操作など無い場合に逸脱しそうになると、ドライバーへ警報します。

  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)

10キロ以下で走行中に、障害物がある状態でアクセルを強く踏んだ際に急発進しないように制御します。

  • 先行車発進お知らせ機能

自分が停車してる状態で、先行車が3メートル以上進んで場合に知らせてくれます。

以上がスマートアシスト2の機能になっています。

基本的に歩行者に対する自動ブレーキは対応しておらず、警報のみになっています。

2017年 ムーヴ マイナーチェンジで搭載される「スマートアシスト3」

2がレーザーと単眼カメラだったのに対して、3は世界最小ステレオカメラに置き換わります。

この進化で自動ブレーキが歩行者対応になってます♪

  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)

車両と歩行者に対応しており四段階でアシストしてくれます!

  1. 衝突警報
  2. 一次ブレーキ
  3. 被害軽減ブレーキアシスト
  4. 緊急ブレーキ

になっており、被害回避は30キロ以下被害軽減は80キロ以下(歩行者50キロ以下)になっています。

  • 車線逸脱警報機能

車線を認識してウィンカー操作など無い場合に逸脱しそうになると、ドライバーへ警報して逸脱の回避を促します。

  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)

10キロ以下で走行中に、障害物がある状態でアクセルを強く踏んだ際に急発進しないように制御します。

  • 先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで自分が停車してる状態で、先行車が3メートル以上進んで場合に知らせてくれます。

  • オートハイビーム

搭載されたステレオカメラが、対向車の光を感知して自動的にハイローの切り替えをしてくれます。

以上がムーヴ マイナーチェンジで進化するスマートアシスト3の機能になっています。

赤文字になっている部分が2と3の違いです♪

基本的にカメラの変更と歩行者対応にアップグレードされるのが大きな違い!

オートハイビームもセットしておけば夜間のドライブで役に立ちますね♪

ムーヴ マイナーチェンジでエクステリアやインテリアは変わる?

エクステリアデザインも大幅に変更されるようで、とくにフロント周りはヘッドランプを含めて大きく変更されます。

インテリアはエクステリと比較して小変更にとどまり、若干の質感向上などが予定されています。

他にはボディカラーの廃止と新色追加があると思いますので判明したらお伝えします。

ルーミーやタンクのような顔つきになりますので、現行モデルとはイメージが違います。

ムーヴ 変更点

  • メッキフロントグリルを新設定
  • 新意匠の14インチアルミホイールを採用
  • エアコンレジスターガーニッシュにシルバーライン加飾とプレミアムシャイン
    ブラックを設定
  • オーディオパネル(ブラック)の幅を左右1cm ずつ縮小し、スマート化※7
  • ドアトリム表皮の色、柄を変更

カスタム変更点

  • 多灯薄型LEDヘッドランプを新開発し搭載(マニュアルレベリング機能・
    LEDクリアランスランプ付)
  • 新意匠のメッキフロントグリル&フロントバンパーを採用
  • スモーククリアのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプ
    (クリアクリスタル/LEDストップランプ)を搭載
  • 新意匠の15インチ、14インチアルミホイールを採用
  • 新意匠のフロントLEDイルミネーションランプを採用
    内装
  • 新意匠のインパネガーニッシュ&ドアオーナメントパネル(ディープマルーン
    (幾何学柄))を設定
  • オーディオパネル(プレミアムシャインブラック/ブラック)の幅を左右1cm
    ずつ縮小し、スマート化
  • ドアアームレストを変更し、ドアトリム表皮の色、柄も変更
  • シート表皮を変更
  • エアコンレジスターガーニッシュにプレミアムシャインブラックを設定

価格はどうなる?

  • L
    2WD:111万2,400円
    4WD:123万6,600円
  • L“SA III”
    2WD:117万7,200円
    4WD:130万1,400円
  • X
    2WD:120万9,600円
    4WD:133万3,800円
  • X“SA III”
    2WD:127万4,400円
    4WD:139万8,600円
  • X ターボ“SA III”
    2WD:135万円
    4WD:147万4,200円

新型ムーヴ カスタム価格

  • カスタムX
    2WD:137万1,600円
    4WD:149万5,800円
  • カスタムX“Limited SA III”
    2WD:149万400円
    4WD:161万4,600円
  • カスタムRS“ハイパーSA III”
    2WD:162万5,400円
    4WD:174万9,600円

ライバルと比較すると?

今回のマイナーチェンジで安全装備の充実化が実地されて歩行者対応ブレーキに進化しますが、ライバルであるホンダは新型N-BOXから「ホンダセンシング」を採用して軽自動車トップクラスの安全装備を搭載してきます。

  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • アクティブクルーズコントロール
  • 先行車発進お知らせ機能
  • オートハイビーム
  • 標識認識機能

アダプティクルーズコントロールと車線維持支援システムは長距離移動では疲労を大幅に軽減してくれます。

一回経験すると手放せない装備といえます。

まだムーヴはマイナーチェンジなので良いですが、新型タントのフルモデルチェンジでは大きな差となりますので、今後の展開がどうなるか楽しみです。

情報まとめ

「2017年8月 ダイハツ ムーヴ マイナーチェンジ!スマートアシストに進化して新発売」はいかがでしたか?

デザインや走りの質でライバルより一歩出ているムーヴですが、スズキのデュアルブレーキサポートと比べるとやや見劣りする部分があります。

しかし軽自動車にこれだけの装備がついてることが凄いです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です