2017年9月 新型シャトル マイナーチェンジ!燃費向上・ホンダセンシング搭載して新発売

シェアする

ホンダが販売するステーションワゴン「シャトル」が2017年9月15日にマイナーチェンジされて新発売されることが判明しました。

シャトルは、フィットシャトルの後継モデルになっており、フィットとは違う価値観を与えるためにフィットの名を外して発売されました。

フィットのマイナーチェンジでシャトルに近いデザインになりましたが、デザイン面でもシャトルは差別化を図っていました。

今回マイナーチェンジされて新発売される「新型シャトル」の情報まとめてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年 新型シャトル マイナーチェンジでデザインは?

今現在の情報では、

  • ヘッドランプデザイン変更
  • 前後バンパー変更
  • フォグランプLED化
  • 新色追加

などが予定されていますが、ヘッドランプデザインは変更されないのではないでしょうか?

今現在のホンダ車は現行シャトルに採用されているLEDヘッドランプに、変更されていますのでこのままの可能性が高いと思われます。

フォグランプのLED化は間違いないようです!

前後バンパーデザインはよりスポーティなものに変更される情報が高いようです。

新型シャトル マイナーチェンジでインテリア質感向上

フィットに続いてインテリアの質感向上も予定されています。

  • 上質感にこだわったHYBRID・L Honda SENSINGには、本革のような風合いや肌触りの素材を使用した「プレミアムブラウン・インテリア」※5を設定するなど、各タイプのキャラクターを際立たせるインテリアカラーを用意。プレミアムブラウン・インテリアは、シートやステアリングホイール、ドアパネルパッドなど、随所にブラウンを配色し、統一感のあるカラーコーディネートで、落ち着いた心地良い空間を演出。
  • iPhone※6やAndroid®※7などのスマートフォンをUSBで接続し、音楽再生や通話、マップアプリケーションの操作などを、ナビ画面や音声で行える「Apple CarPlay※1※6」「Android Auto®※1※7」に新たに対応。

引用元 http://www.honda.co.jp/news/2017/4170629-fit.html?from=copy

上記はフィットの改良内容になりますが、ベースがフィットですので同じような質感向上が行われると思われます。

  • 遮音機能付きフロントウインドウガラス
  • ボディ剛性向上
  • サスペンションの最適化

などの改良で静かな車内と上質な走りに向上されます。

2017年 新型シャトルはホンダセンシング搭載!

現在用意されているのは「安心パッケージ」と呼ばれるものでになっており。

  • シティブレーキアクティブシステム
  • 前席用i-サイドエアバッグシステム
  • サイドカーテンエアバッグシステム

30km/h以下での前方車両との衝突の回避・軽減する簡単なものが採用されています。

この安全装備もフィット マイナーチェンジと同じように最新の安全運転支援システム「ホンダセンシング」にアップグレードされます。

  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

搭載されたセンサーによって前方を監視して、万が一衝突の危険が迫った場合はドライバーに警告して、それでもブレーキ操作がない場合は

  • 歩行者事故低減ステアリング

歩行者側の車線に逸脱の恐れがある場合は、ブザーとディスプレイにて警告

万が一歩行者側に逸脱して衝突の危険がある場合は、車道側に戻りやすいようにステアリングアシストが入ります。

  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

高速道路などで速度設定すると自動的にアクセル・ブレーキ操作を行って設定した速度や車間をキープしてくれます。

  • LKAS〈車線維持支援システム〉

約65km/h~約100km/hで作動して車線内を走行しやすいようにステアリングアシストをしてくれます。

車線逸脱や疲労軽減に役立ってくれます!

  • 路外逸脱抑制機能

ウィンカー操作がない状態で車線逸脱の恐れがある場合は、単眼カメラによって車線を感知して車線逸脱を防ぎます。

  • 誤発進抑制機能

停車時や10キロ以下で走行中に、障害物など感知している場合に急なアクセル操作などがあった場合はエンジン出力制御を行います。

  • 先行車発進お知らせ機能

先行車がいる状態で、信号待ちなどしていて発進に気づかない場合は音と表示でドライバーに知らせてくれます。

  • 標識認識機能

道路標識を単眼カメラが読み取り、メーター内のディスプレイに表示してくれます。

標識の見落としを防いでくれます。

マイナーチェンジ後のグレードや価格は?

  • 全グレード共通変更 
  • ホンダセンシング標準装備
  • ドリンクホルダーの使い勝手向上
  • Zグレード:247万円
    フォグライトLED化
    ドアライニングアームレスト化 ソフトバッド化
    ETC車載器
  • Xグレード:231万円
    フォグライトLED化
    ETC車載器
    プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアーコンディショナー(左右独立温度コントロール式)
    運転席&助手席シートヒーター
  • HYBRID:208万円
  • Gグレード:177万円

上記の価格にホンダセンシングを選ぶと約7万円プラスになります!

新型シャトルは燃費向上か?

ハイブリッドシステムにも改良が入ると情報があり「第二世代ii-DCD」を採用してくる。

これによって現行燃費34.0 km/Lから35.0~36.0 km/Lに向上される可能性があるようです。

フィットも燃費改善や走りの質が向上しているので期待が出来ますね♪

まとめ

「2017年9月 新型シャトル マイナーチェンジ!燃費向上・ホンダセンシング搭載して新発売」はいかがでしたか?

今年のホンダはマイナーチェンジやフルモデルチェンジなど気になる話題が多いですね。

目玉は8月末の新型N-BOXとステップワゴン ハイブリッド追加ですね!

どのような売れ行きを見せるか楽しみです。

また新型シャトルの情報が入り次第お伝えします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です