2017年秋マイナーチェンジ!新型レクサスNXのエクステリア・価格・安全装備は?

シェアする

レクサスNXといえば、レクサスが販売するクロスオーバーSUVですね。

最近ではSUVブームの影響もあって結構街中でも見かけます。

そんなレクサスNXが2017年にマイナーチェンジを予定しており、その時に新グレード「NX300」の追加される見込みです。

このグレード追加によってますます新型レクサスNXの選択幅が広がることは嬉しいですね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

V6グレードが追加される?

RX-performance-s01

現行のレクサスNXのグレードは簡単に分けて2つです。

ダウンサイジングターボエンジン搭載した。

  • NX200t
  • 2.0L直列4気筒ターボ
  • 最高出力:238ps/5600rpm
  • 最大トルク:35.7kgm/4000rpm
  • トランスミッション:6 Super ECT (スーパーインテリジェント6速オートマチック)

cut_22

ハイブリッドモデル

  • NX300h
  • 2.5L直列4気筒+モーター
  • 最高出力:152ps/5,700rpm
  • 最大トルク:21.0ps/4,400~4,800rpm
  • モーター最高出力:68ps
  • モーター最大トルク: 14.2kgm
  • トランスミッション:電気式無段階変速機(CVT)

engine_04

の2つのエンジン形式です。

今回 ヨーロッパ・オーストラリア・アメリカの米国特許商標庁に申請されたとみられるのが、新型レクサスNX300です。

この新型レクサスNX300は 新型ハイランダー (クルーガー)にも搭載予定の 3.5L V6気筒エンジンと8速ATの組み合わせだ。

新型レクサスNX300の予想スペック

  • 3.5L V6気筒エンジン
  • 最大出力:262ps以上/ 6,000rpm
  • 最大トルク:34.2kgm 以上/ 4,600rpm
  • トランスミッション:8AT

コンパクトなレクサスNXにハイパワーなV6エンジンの組み合わせは楽しみですね。

「話題のダウンサイジングターボとは?ホンダやトヨタ車の車種・ターボとの違いは??」

  • 2017年3月27日追記

上記で紹介したNX300は、今後レクサスでは2.0Lターボエンジンを搭載したモデルは「○○200t」と名称されていましたが、今後の年次改良で「○○300」に変更されるようです。

もしかしたらNX300はV6エンジン搭載モデルではなく、2.0Lターボエンジンは3.0L並みのトルクを発生させる意味で、NX300に変更されるます

安全装備「Lexus Safety System +」も採用!

低速域~高速域まで衝突回避支援または被害軽減を安全装備である「Lexus Safety System +」をマイナーチェンジで標準装備

レクサスの方針では2017年末を目安に全車票重装備を目指しています!

改良前のモデルでは安全装備は用意されていますが、いずれもメーカーオプション扱いになっています・・・

ビッグマナーチェンジした新型ISでは「Lexus Safety System +」を標準装備にしてより安心できる車に進化しました!

改良前レクサスNXの安全装備

  • プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)+レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付):64,800
  • レーンディパーチャーアラート[LDA](ステアリング制御付)
  • オートマチックハイビーム[AHB]:37,800
  • カラーヘッドアップディスプレイを選択すると:163,080円

「Lexus Safety System +」

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)
  • レーンディパーチャーアラート[LDA](ステアリング振動機能付)
  • アダプティブハイビームシステム[AHS]
  • レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)

上記の装備がセットになっていて、より安全性を向上させます!

ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで、より精度の高い制御が可能になっていて自動ブレーキが歩行者対応になっているのも注目です。

新型ISではレーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)・アダプティブハイビームシステム[AHS]ではなく、40キロ以下になるとキャンセルされるのは残念でした・・・

またハイビームもハイロー切り替えのみだったのでもう少し頑張ってほしかったです!

新型レクサスNXはアダプティブハイビームシステム[AHS]の採用も注目です。

img_adaptive_hibeam_system_01

レーダークルーズコントロールについては現在も全車速追従機能付ですので、単眼カメラ追加により更にスムーズに制御してくれるのではないでしょうか?

いずれにせよ自動ブレーキが歩行者対応にアップグレードされるだけでも、運転する安心感が違いますので嬉しいですね!

ISマイナーチェンジ情報はこちら↓

2016年 新型 レクサスIS マイナーチェンジ!F SPORT の外観も判明!!

その他安全装備もオプションで用意

今回のマイナーチェンジを受けて「インテリジェントクリアランスソナー」がオプション選択可能になるようです。

センターが障害物を感知して警告音を鳴らすだけではなく、ぶつかりそうになった際には自動手にブレーキ制御が入って衝突を回避します。

もう一つ「リアクロストラフィックアラート」もオプションで用意されます。

駐車場などからバックで出る際に動く車両を感知してドライバーに知らせてくれる機能です。

エクステリアも変更される!

3眼式LEDヘッドランプは、超小型ランプユニットが新たに採用されてシャープな印象を与えてくれますね。

前後のバンパーデザインの変更に伴いフロントグリルにも手が入ります。

Fスポーツモデルではメッシュデザインが若干変更されるます。

マイナーチェンジによって新型ISのようにフロントバンパーサイドにもダクト風のガーニッシュが追加される。

リアバンパーは下側のデザインを変更して、よりスポーティになるりました!

またテールランプ内部も変更が加えられており、よりブラックアウトされていますね。

角型マフラーテールは拡大され迫力のあるリアビューになっている!

またRXから採用されている「LEDシーケンシャルターンシグナルランプ」をNXも搭載。

インテリアも質感向上

室内にも手が入り細かい点がアップデートされます

ISのようにナビゲーション画面の拡大されるので視認性向上されます。

  • 10.3インチワイドディスプレイ
  • 新型リモートタッチ
  • ヘッドアップディスプレイ一体化メーターフード
  • スイッチ配置変更したセンタークラスター

ほかにも荷物を持っていてもリアゲートを開けられる「キックオープン機能付きパワーバックドア」を採用

など操作性や利便性を向上させています。

走行性能もアップデート

エクステリア・インテリアだけではなく走行性能も改良されます。

サスペンションの最適化で、ロール特性と応答性を向上させて運転が楽しくなり、アブソーバーの変更によって乗り心地が快適になるようです。

新型アダプティブサスペンションの採用で従来よりも、より細かい制御が可能になりました。

新型NXの価格はどうなる?

自動ブレーキ関連の標準装備によって、現行モデルより+10万~15万円程度の価格上昇になるようです。

ISがマイナーチェンジした際にも価格上昇は15万くらいでしたので、NXでもこのぐらいの価格になるでしょう。

新型レクサスNX300マイナーチェンジまとめ

「2017年秋マイナーチェンジ!新型レクサスNXのエクステリア・価格・安全装備は?」はいかがでしたか?

残念ながらV6エンジンは搭載されませんでした。

しかし改良によって進化するNXに今から楽しみですね

レクサスRXの七人乗りモデルの販売も予定されていますし、ユーザーの選択肢が増えていくのはいいことだと思います。

新型レクサスNXの情報が入り次第追記していきますので楽しみにしててください!!

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

7人乗りモデル 新型 レクサス RXが2016年11月発売決定!!100mmロング仕様

「クロスオーバーSUV!レクサスNXの魅力・装備・グレード・価格まとめ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です