新型レクサスRX マイナーチェンジ!7人乗りモデル 2018年1月頃 「RX450hL」100mmロング仕様ハイブリッドに設定!

新型レクサスRXが2015年に発売された時に、何らかの派生車が一年後に販売開始するとアナウンスがありました。

2016年3月にはアメリカの商標登録を管理する欧州共同体商標意匠庁に、新型RXの7人乗モデルと思われる「RX350L」・「RX450hL」の申請がおこなわれたそうです。

以前は「レクサスTX」として販売されると情報がありましたが、正式に車名が決まったみたいですね。

北米ではセダンよりもSUVを求めるお客が増えてきています。

そのため各メーカーSUVの7人乗りモデルを投入してきていますね♪

  • マツダ CX-9
  • スバル アセント

他社がクロスオーバーSUVに7人乗りを設定している状況ですので、レクサスRXに追加設定する方針のようです!

今回は新型 7人乗り レクサスRXの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイナーチェンジで追加されるRX450hL 7人乗りロングバージョンのボディサイズはどうなるの?

7人乗りのSUVって結構需要があると思います。ミニバンには乗りたくないけど人を乗せたいときがありますからね。

ベースモデルから110mmロングになっておりボディサイズは、

  • 全長:5000mm
  • 全幅:1895mm
  • 全高:1710mm
  • ホイールベース:2890mm

になっています。

さすがに3列目はミニバンほど快適ではありませんが、新型レクサスRXは大柄なボディですので大人が普通に座れるスペースは確保しています。

lexus-rx-04854s

基本シャーシなどのコンポーネンツは現行RXのユニットが流用され、リアオーバーハング拡張に伴い3列目追加とラゲッジスペースが拡大されます。

バックウィンドウは立てられ3列目の人に重圧感を与えないよう工夫がされます。

各座席が広々とはいきませんが、大人が無理なく座れるスペースは確保しているようです。

新型RX450hLのインテリアは?

フロントは大きな変更は見当たりません。

恐らくパネルの種類が変更になるなど細かい点が変わると思われます。

二列目の真ん中は倒れるようになっており、この写真ではドリンクホルダーが見当たりません。

収納式で格納されている可能性もあります。

また6人乗りキャプテンシート・7人乗りベンチシートがラインアップされるとありますが。日本仕様は7人乗りベンチシートになると思われます。

新型RX450Lでトリプルゾーンエアコンが採用されており、三列目サイドに操作パネルが装着されます。

中央には2つカップホルダーが用意されています。

三列目は大人には少し狭いと思われますが、子供が乗る分には十分な広さがあります。

ラゲッジスペースも標準グレードと比較すると狭くなっていますが、フル乗車でも十分荷物が積み込めるスペースは確保されている。

また三列目収納は電動式床下になっており、乗車人数にに合わせられます。

新型レクサスRX マイナーチェンジで「RX450hL」に搭載されるエンジンは?

海外モデルにはハイブリッド設定のない3.5Lガソリンにも設定されます。

「RX350L」

  • V型6気筒DOHC
  • 最高出力:262PS/ 6,000
  • 最大トルク:34.2kgm/ 4,600

ですが、日本ではこのモデルは販売されていないので、7人乗りが日本で販売する場合はRX450hがベースになる予定です。

RX200t L

  • 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
  • 最高出力:238PS/ 4,800~5,600
  • 最大トルク:35.7kgm/ 1,650~4,000

RX450hL

  • V型6気筒DOHC
  • 最高出力:262PS/ 6,000
  • 最大トルク:34.2kgm/ 4,600
  • フロントモーター
  • 最高出力:167PS
  • 最大トルク:34.2kgm
  • リアモーター
  • 最高出力:68PS
  • 最大トルク:14.2kgm

基本的にエンジン仕様は、7人乗り新型RXでも変わらずなのですが、ボディが大きくなるので若干燃費が悪くなるでしょうね。

今現在の情報では200tモデルには設定されないようで、フル乗車時の負担を考えての事のようです。

【スポンサードリンク】

ガソリン仕様のマイナーチェンジ内容は?

7人乗りモデル追加時にはマイナーチェンジも同時に行う予定になっており、

  • 新色追加
  • エクステリアデザイン小変更
  • 盗難アラームがCPコントロール
  • 18インチホイールデザイン変更
  • クルーズコントロール180キロに対応

また2Lターボ「RX200t」は車名を「RX300」に変更される。

RX450Lの価格は?

上記でもお伝えした通り「RX450L」の設定はハイブリッドモデルのオンリーでガソリンには設定されません。

またベースとなるグレードは「RX450h version L(AWD)」のみとなっており、F SPORTや他のグレードにも設定はありません。

  • RX450hL(AWDの価格は769.0万円)
  • ベースグレードversion Lから40.5万円の価格アップ

また細かい点ですがRX450Lにはパノラマルーフのオプションが選択できないようになっている。

ライバルはアウディQ7やボルボXC90を想定してるようですね。

他にも注目の三列SUV

マツダCX-5にも3列6・7人乗りモデルが設定されて新発売される予定。

ビアンテ・プレマシー販売終了に伴い、その役割を新型CX-8に託すようです。

販売価格は違いますが、同じく追加設定される3列シートモデルですので注目ですね♪

「マツダ 新型CX-8 3列シート6・7人乗りSUVが2017年度中に新発売!価格・発売日は?」

レクサスRX 7人乗りモデル情報まとめ

「新型レクサスRX マイナーチェンジ!7人乗りモデル 2018年1月頃 「RX450hL」100mmロング仕様ハイブリッドに設定!」はいかがでしたか?

ホイールベース・リアオーバーハングの延長・専用エクステリアが用意される予定になっており、RXの最上級モデルになるようです!

マツダからもCX-9という3列大型SUVの販売も予定されていますので、国内のSUVブームも手伝って売れると思います。

レクサスのSUVは販売が好調なので今回の追加で更に売り上げが伸びそうですね♪

やはりミニバンでは満足できないお父さん達がこういったSUVならば納得できるでしょうね!

新しい情報が入り次第お伝えしていきますので楽しみに待っててくださいね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする