スバル新型3列シートSUV「アセント」が2018年発売予定!エンジン・ボディサイズ・発売日は?トライベッカの後継モデル

シェアする

トライベッカは2014年までグローバル展開されていた大型SUVで、日本国内での販売はありませんでした。

そして2016年ロサンゼルスモーターショーで発表された「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」がトライベッカ後継モデルとして販売されるようです!

ニューヨークモーターショー2017にて米国仕様のSUBARU ASCENT SUV CONCEPTを発表し公開

そんなトライベッカが2018年にフルモデルチェンジされて新発売されることが判明しました。

今回はスバル新型3列シートSUV「トライベッカ」に判明している情報まとめてみました♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スバル新型3列シートSUV「アセント」のエンジンは?

現時点では詳細な情報はありませんので、あくまで推測になります。

先代モデルは3.6L水平対向6気筒エンジンで256PSを発揮したものを搭載していました!

フルモデルチェンジにあたって搭載が期待されるのは、

  • 水平対向4気筒 2.0L 直噴ターボ DITエンジン
  • 最高出力300PS/5,600rpm
  • 最大トルク40.8kgm/2,000 – 4,800rpm

世界的にダウンサイジングの流れになっているので、このエンジン採用の可能性が高いのではないでしょうか?

また新型フォレスターにプラグインハイブリッドの採用情報がありますので、そちらのシステムの搭載もあるかもしれませんね♪

「2017年 新型フォレスターにフルモデルチェンジ!プラグインハイブリッド・エンジン・価格・発売日は?」

新型アセントのボディサイズはどのくらい?

あくまでコンセプトモデルでのサイズになりますが、いずれにせよスバル最大サイズの大型SUVになることは間違いありません!

  • 全長:5,050mm
  • 全幅:1,990mm
  • 全高:1,840 mm
  • ホイールベース:2,970 mm
  • タイヤサイズ:275/50 R21
  • 乗車定員:7名

スバルによりますと、新型トライベッカのコンセプトは3列シートの全座席においてゆとりある室内空間を実現するボディサイズとなっています!

画像はランクルのものになりますがイメージとしてはこんな感じでしょう!どの座席に座っても長時間のドライブで疲れにくく設計されるので期待できますね!

もし日本で販売されるなら、外国ユーザーをターゲットに開発されているのでかなりユッタリと過ごせそうですね♪

新型アセントの内装は?

コンセプトモデルなので市販ではどのように変更されるか不明ですが、メータはフル液晶になっており各種インフォメーションが表示されるようになっています。

ウィンドウスイッチもタッチパネル式になっているのが確認できますね♪

スバル最大サイズSUVのアセントなので各座席の空間に余裕がある。

7人乗りで3・2・3の座席になっています。

2列目はキャプテンシートになっており、ゆったりとリラックスできそうです!

また2列目前センターに見えるのはエアコンなどの操作パネルでしょうか?

こちらもタッチパネル式になっており、最近の高級車はこういったタッチパネル式を採用していますので市販モデルでも採用されるかもしれませんね。

3列目も大人3人がしっかりと座れる広さになっており、日本人であれば不満のない広さでしょう!

コンセプトモデルなので、市販車でこの質感高いインテリアがどのように変更されるか気になるところです。

このごろのスバルは内装の質感があがっており期待は出来ます!

スバル グローバルプラットフォーム

platform_pict_2

新型インプレッサより採用された「スバルグローバルプラットフォーム」は勿論採用してくるでしょう!

走りの質感を高め、乗る人全員に快適なドライブがおくれるように設計されていて、不快な振動や騒音などを減少させて会話や音楽を楽しむことが出来ます!

またスバル自慢の安全性能も向上されており、高剛性化・低重心化・衝撃を効率的に吸収するボディを採用することで衝突安全性能を高めています♪

新型アセントはスバルツーリングアシスト採用か?

スバルのもう一つ自慢できる装備は運転支援システム「アイサイト」

現在はアイサイトver3まで搭載されています!

  • プリクラッシュブレーキ
  • 全車速追従機能付クルーズコントロール
  • 車線中央維持
  • 車線逸脱抑制
  • AT誤発進抑制制御
  • AT誤後進抑制制御

アイサイトツーリングアシストでは大きな変更はありませんが、全車速追従機能・低車速(0~65km/h)車線中央維持・渋滞時カーブ追従に対応します!

  • 車線中央維持が0キロ~可能
  • 先行車追従操舵

このようによりドライバーの安全運転をサポートしてくれるよう進化しました。

自動運転レベル2に相当するものになるようです♪

初搭載はレヴォーグD型より順次搭載が始まっていく予定になります♪

アイサイトは何が凄いのか?性能・仕組み・搭載車は?

発売日は?

今のところ詳しい日程は決まっていませんが、2018年を目安に投入してくるでしょう!

日本市場で販売されるかどうかは現時点で不明です。道路事情で難しそうですね・・・

しかし発売されれば一定の需要はありそうな感じはしますけど!

新型アセントのライバルは?

マツダCX-9がライバル関係となるでしょう。

またマイナーチェンジ後のランドクルーザープラドやレクサスRXの3列7人乗りモデルも2018年に追加されるので、そちらもライバルとなります!

7人乗りモデル 新型レクサスRX!2018年1月頃 

150系 新型ランドクルーザー プラドが2017年7月にマイナーチェンジ

情報まとめ

「スバル新型3列シートSUV「アセント」が2018年発売予定!エンジン・ボディサイズ・発売日は?トライベッカの後継モデル」はいかがでしたか?

最近は各社ともSUVの新型車を発売してますね!仮に日本で販売されたらライバルは、ランドクルーザー・レクサスRXなどでしょう。

まだまだ情報は少ないですがまた何か入ったお伝えしますね!

↓↓その他スバル車の情報↓↓

3xn9BYom

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 鳥塚 旭 より:

    スバル新型3列シートSUV「アセント  ですが 埼玉に住む50代 男です。以前
    ヂィーゼルに乗ってて、あのトルクがたまらないと思っている1人です。 SUVで トヨタ
    プラドの検討中ですが、 まだ値段的に・・・・ スバルはアメリカの方でディーゼルも販売しれると聞きましが 今回の アセント日本での販売でひ期待したです。 でひクリーンディーゼル
    等も検討してもらいたいです。

  2. piyopiyo より:

    B9トライベッカの日本導入は検討されましたが、メーカーが各販売店整備工場へ出向き整備可能か確認しました。
    結果、多くの工場で2柱リフトの間隔が狭く整備不能であることが分かった為、導入は断念されました。
    現行レガシィが大きすぎるとの理由で売れていないのに、アセントの為に工場の大規模改修を行うことは無いでしょう。

    • hikaru より:

      なるほど整備の都合もあるのですね。
      販売されればよかったのですが、現状では日本導入の低いというのは残念・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です