新型タント マイナーチェンジして2017年12月に発売!安全装備の標準化に注目

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

ダイハツが販売するトール型軽自動車「タント」が2017年12月にマイナーチェンジを行います。

今回の改良では安全装備の標準化がポイントになっている。

エクステリアやインテリアに大きな変更はないようで、細かい変更となる予想です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型タント マイナーチェンジで標準化の安全装備は?

今回のマイナーチェンジで標準装備となるのが2016年11月に搭載された「スマートアシスト3」になります。

  • 衝突回避支援ブレーキ機能&衝突警報機能(対車両・対歩行者)

前方の車両・歩行者を検知して、衝突の危険が高まったらまずは運転手に警告

それでもブレーキ操作がない場合は、緊急ブレーキで被害の軽減や回避を行います。

  • 車線逸脱警報機能

車線をカメラが感知して、運転手がウィンカー操作などしないで逸脱の恐れがると判断すると、運転手に警告を行い逸脱回避操作を促す。

  • 誤発進抑制制御機能

10キロ以下でセンサーが障害物を感知してる状態ですと、急なアクセル操作があった場合でもエンジン出力を制御する。

  • 先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで停車中に、前方の車が動いても発進しない場合は運転手に警告してくれます。

  • オートハイビーム

周囲の状況に合わせてハイビーム・ロービームの切り替えを自動的にして、夜間走行の視界確保をサポートしてくれます。

現在一部グレードを除いて装備されていますが、マイナーチェンジで全車標準装備となるようです。

  • タントではLとXグレード
  • カスタムではXグレード

上記のグレードにはスマートアシストが標準装備ではないです。

ライバルのN-BOXは一歩先の安全装備

最大のライバルであるN-BOXは「ホンダセンシング」を全車標準装備になっています。

スマートアシスト3と比較すると機能面ではホンダセンシングが優れている。

  • ホンダセンシング機能
  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • アクティブクルーズコントロール
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム
  • 後方誤発進抑制機能

赤文字の部分がスマートアシスト3より機能面で優れている点です。

特にアクティブクルーズコントロール・車線維持支援システムは高速道路での疲労軽減が段違いです。

軽自動車をメインカーとしているユーザーが増えていますので、タントのフルモデルチェンジに期待です。

新型タント マイナーチェンジ後の価格は?

今回は大幅な価格上昇はないと思われます。

恐らく3万円~5万円程度の価格変更になるでしょう。

情報まとめ

「新型タント マイナーチェンジして2017年12月に発売!安全装備の標準化に注目」はいかがでしたか?

今回は、スマートアシスト3の標準化がメインになっておりエクステリア・インテリアの大幅な変更はないとおもわれます。

タントのフルモデルチェンジは2018年の予定ですので、細かい変更なので新型N-BOXの販売台数を上回れないと思います。

また最新情報入ったらお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする