2017年10月 新型レガシィB4 D型にマイナーチェンジ!デザイン・走行性能・安全性を強化して販売!

シェアする

exterior_img04

スバルが販売する最上級フラッグシップセダン「レガシィB4」が2017年10月頃にD型にマイナーチェンジされて新発売されることが判明しました!

この新型レガシィB4 D型は2017年2月9日~20日まで開催される「シカゴオートショー」にて世界初公開を予定しています!

主に改良される点は

  • デザイン変更
  • 走行性能
  • 安全性能

それぞれをフラッグシップに相応しい内容に更にアップグレードされる予定になっていますので、今判明している情報まとめてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型レガシィB4 D型マイナーチェンジでデザインはどう変わる?

exterior_img01

現行レガシィ

Legacy-2018_05s Legacy-2018_03s

新型レガシィB4 D型

主なデザイン変更点は

  • フロントバンパー形状

D型の方が堀が深く押しの強いデザインになっているのが確認できますね。

  • グリルデザイン変更

形や水平基調のルーバータイプに変更はありませんが、スバルエンブレム横のルーバーが太くなっています。

  • フォグランプ変更

メッキ装飾が加えられ、フォグ周りのデザインも変更されています。

また現行はハロゲン仕様ですが新型レガシィB4 D型ではLEDタイプのものを採用しています。

  • ヘッドライト内部デザイン変更

ハイビーム・ウィンカーの配置が変更されており引き締まった印象になっています。

またフォレスターに採用されているステアリング連動ヘッドランプ採用することで夜間走行時の安全性能向上。

現行ではハイビームはハロゲンでしたがD型ではハイビームもLEDになっているのではないでしょう?

  • ドアミラーデザイン

現行のちょっと野暮ったいミラーからスタイリッシュなデザインに変更されています。

空力性能向上だけではなく、側方警戒支援システムのインジケータランプを鏡面中からミラーサイドに変更するとともにランプの大型化で視認性向上!

  • 17インチタイヤ・アルミホイールの新デザイン

Legacy-2018_06

  • リアバンパーツートン化しディフューザーを表現

リアデザインは下部が変更されておりワイド感を強調したものになっている程度で、テールランプなどは変更されてないようです。

もしかしたら光り方が違うのかもしれませんね。

スポンサーリンク

新型レガシィB4 D型で質感向上のインテリア

interior_img02

現行型のインテリア

Legacy-2018_09

Legacy-2018_10

新型レガシィB4 D型のインテリア

主な変更内容は

  • ナビゲーションを7インチから8インチに拡大!

ナビの画面を大きくするとともにナビ周りの質感向上もしています。

エアコン操作パネルをピアノブラックで一体型にして質感を大きく高めていますね♪

またエアコン吹き出し口からナビはシルバーの装飾が加えられてピアノブラックと相性バッチリ!

  • ステアリングデザイン・スイッチも変更

ステアリング自体もより高級感のあるデザインに変更がされています。

またステアリングスイッチも形状が変わってピアノブラック仕上げでカッコよくなっているのがポイント♪

ナビともマッチしていて質感向上されていますね!

  • シフト回りも配置変更

Legacy-2018_13

新型レガシィB4 D型ではカップホルダー位置変更されて、走行モード切替スイッチはシフト下に移動されています!

すっきりと使いやすくなっているようですね!

  • 細かい変更で高級感アップ

Legacy-2018_12s

インストルメントパネルとドアトリムにリアルステッチと呼ばれるものを採用することで質感向上を狙っているようです。

またインテリアスイッチ照明をレッド系からホワイト系に変更することで、落ち着きのある室内空間になっています。

照明がホワイトになるだけでも随分と印象が変わってきますね!

  • 遮音性能を向上

新型レガシィB4 D型のフロントガラスには遮音中間膜ガラスは特殊な三層構造のシートが挟まれています。

これによりエンジン音、ロードノイズ、風切り音などを減少させて静かな車内環境を実現!

新型レガシィB4 D型にマイナーチェンジで進化する走り

キャプチャ

  • サスペンション最適化

サスのセッティングを見直すことで、操縦安定性と乗り心地を向上させてドライバーには運転が楽しく、同乗者には疲れにくいクルマになっています。

  • 電動パワーステアリングも最適化

ドライバーのハンドル操作に対して自然で滑らかな操縦フィーリングを実現しています。

  • ブレーキ特性の変更

思い通りのブレーキと剛性感を感じさせるブレーキフィールで安心と運転のしやすさを向上させています。

  • エンジンやCVTのチューニング

馬力などに変更はありませんが、気持ちいい加速感を味わえるようにエンジン・CVTの最適化が図られています。

アイサイトのバージョンアップはある?

eyesight

現行ではバージョン3が採用されています!

  • プリクラッシュブレーキ
  • 全車速追従機能付きクルーズコントロール
  • 車線中央維持機能アクティブレーンキープ
  • AT誤発進防止制御

の運転支援システムでドライバーの安全運転をサポートしてくれています。

またスバルは2017年にアイサイトバージョン4の投入を予定しています!

アイサイト2017

  • 全車速追従機能と低車速(0~65km/h)での車線中央維持
  • 自動車専用道路での渋滞時カーブ追従

の機能が追加されて準自動運転レベル2に相当にアップグレードされる見込みです!

現時点ではレヴォーグのマイナーチェンジで採用されると噂がありますが、レガシィD型に採用される情報は現時点では不明です!

もしかしたらレヴォーグD型とレガシィD型ではアイサイトバージョン4も搭載してくるかもしれませんね♪

アイサイトは何が凄いのか?性能・仕組み・アイサイトver4・ver5はいつ搭載

2018年型レガシ」の主な仕様(北米モデル)

2.5i 3.6R
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4,802 x 1,840 x 1,500mm
ホイールベース 2,750 mm
エンジン 2.5ℓ水平対向4気筒
FB25エンジン
3.6ℓ水平対向6気筒
EZ36エンジン
排気量 2,498cc 3,630cc
トランスミッション リニアトロニック*4
最高出力 175hp/5,800rpm 256hp/6,000rpm
最大トルク 174lb.-ft./4,000rpm 247lb.-ft./4,400rpm
タイヤサイズ 225/55 R17、225/50 R18
乗車定員 5名

日本では2.5Lエンジンのみですので、ハイパワーモデルの追加されたら嬉しいのですが中々難しいでしょうね。

ちょっとだけ期待しています♪

情報まとめ

「2017年10月 新型レガシィB4 D型にマイナーチェンジ!デザイン・走行性能・安全性を強化して販売!」はいかがでしたか?

日本ではイマイチ売れていないレガシィですが、今回は結構力を入れて改良されるようですね!

北米での売れ行きはいいようですが、日本で乗るには大きくなりすぎてしまって、いまではWRX S4・レヴォーグ・インプレッサなどが人気になっています。

今回のマイナーチェンジで少しでも話題になってもらいたいですね♪

また新しい情報が入ったらお伝えしますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です