2017年9月頃 新型ムーヴキャンバス スマートアシスト3搭載!マイナーチェンジ(一部改良)が実地されて新発売!

シェアする

ダイハツが女性向けに販売した「ムーヴキャンバス」はタントほど背が高くなく、可愛いエクステリが特徴の軽自動車になります。

エンジンは待ち乗りをメインに考えられており、ターボの設定はされていませんがタントなどにはない装備を採用しています。

今回は安全装備の向上になりますが、噂では2018年頃のマイナーチェンジでターボモデルを設定すると情報があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型ムーヴキャンバスのマイナーチェンジ(一部改良)でエクステリアは?

エクステリアデザインの変更は予定されておらず、2018年の本格マイナーチェンジで大きく変更されると予想されます。

今現在では変更の予定はありませんが、細かい点では改良があるかもしれませんので判明したらお伝えしますね。

エクステリも同様に変更はないようです。

新型ムーヴキャンバスのマイナーチェンジ(一部改良)でスマートアシスト3搭載

現行モデルでは安全装備スマートアシスト2を採用しています。

これが今回の改良では「スマートアシスト3」にアップグレードされることになります。

  • 衝突警報機能・衝突回避支援ブレーキ機能(対車両、対歩行者)

搭載されたセンサーによって前方の状況を素早く感知してくれます。

衝突の危険性が高まったらまずはブザーとディスプレイにてドライバーに警告

それでもドライバーがブレーキ操作を行わない場合は、自動的にブレーキ制御を行い衝突回避または軽減を行ってくれます。

  • 車線逸脱警報機能

搭載されたカメラによって走行レーンの車線を感知してくれます。

ドライバーがウィンカー操作などを行わないで車線逸脱の恐れがあると判断した場合は、ドライバー警告することで車線逸脱を防ぎます。

  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)

10キロ以下でカメラが障害物を検知している状況で、強くアクセル操作をした場合はエンジン制御を行い急発進しないようにします。

後方はソナーセンサーで同様に急発進しないよう制御してくれます。

  • 先行車発進お知らせ機能

停車時に前の車が発進しても動かない場合は、ブザーとディスプレイにて警告してくれます。

先行車が3メートル以上進んだ時に上記の警告をしてくれるので、信号待ちでうっかりした時に助かります。

  • オートハイビーム

25キロ以上で走行中に対向車のヘッドランプなどを検知して、自動的にハイビーム・ロービームの切り替えをおこなってくれます。

以上が今回の新型ムーヴキャンバスに搭載されるスマートアシスト3の機能になっています。

スマートアシスト2からの進化点は以下になります。

  • 自動ブレーキ歩行者対応
  • 自動ブレーキ対応速度向上
  • オートハイビーム追加

大きな変化はなくちょっとしたアップグレードですね。

フルモデルチェンジされる新型N-BOXに搭載される「ホンダセンシング」と比較すると機能面では劣ってしまいます・・・

  • ホンダセンシング機能
  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • アクティブクルーズコントロール
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム
  • 後方誤発進抑制機能

スマートアシスト4の登場に期待ですね♪

新型ムーヴキャンバスのマイナーチェンジ(一部改良)の価格は?

現行モデル+3万円~5万円程度の値上げが予想されます。

大きな価格上昇はないでしょう。

また他の情報では価格は据え置きとなるみたいですので、単純に安全性アップされますのでお買い得ですね♪

まとめ

「2017年9月頃 新型ムーヴキャンバス スマートアシスト3搭載!マイナーチェンジ(一部改良)が実地されて新発売!」はいかがでしたか?

2018年の本格的なマイナーチェンジで設定されるターボモデルを楽しみにしているユーザーも多いと思います。

ダイハツは待ち乗りメインと考えてNAオンリーでしたが、やはりターボモデルの設定合った方がユーザーの選択幅が広がるので良いと思います。

また最新情報が入り次第すぐにお伝えしますね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です