マツダ 新型CX-8 3列シート6・7人乗りSUVが2017年度中に新発売!価格・発売日は?

シェアする

マツダが4月28日に突然、新型CX-8の発売と3列シートの内装画像を公開しました。

この新型CX-8は、以前から噂されていたCX-5ベースの「CX-6」と思われます。

ビアンテとプレマシーが発売終了に伴い、マツダは6・7人乗りの乗用車を持たないことになり、ラインアップがない状態では販売面でも厳しいとの判断でCX-8の投入なのでしょう。

今回はそんな6・7人乗り「新型CX-8」について現在判明している情報まとめました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 マツダ CX-8ってなに?

スカイアクティブテクノロジーと魂動デザインを採用した国内市場最上位SUVになります。

海外で販売の「CX-9」も7人乗りですが、日本国内では大きすぎるため販売は期待薄でした。

CX-9ボディサイズ

  • 全長:5,065mm
  • 全幅:1,930mm
  • 全高:1,728mm
  • ホイールベース:2,870mm

全長は5メートル・全幅1.9メートルを超えていますので、日常の取り回しで不便を感じてしまいます。

 マツダ CX-8のボディサイズ

  • 全長:4,900mm
  • 全幅:1,840mm
  • 全高:1,730mm
  • ホイールベース:2,930mm

ベースとなるCX-5より全長355mmプラス・全高200mmプラスになります。

3列目もエマージェンシーではなくしっかりと座れるように、ホイールベースも230mm長くなっていますね。

また全長・全高がかなり違うためCX-5よりも格上の車に見えるはずです!

海外で偽装なしがスクープされました!

いんよ

引用元 https://i1.wp.com/www.peterlazar.com/wp-content/uploads/2017/05/20170507_MazdaCX8_DSC01061.jpg

引用元 https://i0.wp.com/www.peterlazar.com/wp-content/uploads/2017/05/20170507_MazdaCX8_DSC01061-3.jpg

6.7人乗り マツダ 新型 CX-8注目のインテリアは?

公開された画像はこの6人乗り仕様になりますが、7人乗りも設定しているとのことです。

基本的にはCX-5と大きくな変更はないと思われますが、6人乗り仕様はキャプテンシートでセンターコンソールが、かなりしっかりした作りになっていますね。

この二列目のシート座り心地もよさそうで、オットマン機能があるのか気になるところです!

またインテリアカラーもブラウン系が用意されており高級感があります。

  • 運転席10Wayパワーシート&シートメモリー
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • リアシートヒーター
  • パワーリフトゲート
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フロントガラス照射タイプ/カラー)

などの利便性機能もグレード別装備なると思いますが当然用意されます。

CX-8のエンジンラインアップは?

CX-5ではエンジンラインアップは3種類用意されています。

  • ガソリン
  • SKYACTIV-G 2.0
  • SKYACTIV-G 2.5
  • ディーゼル
  • SKYACTIV-D 2.2

となっていますが、新型CX-8に搭載されるエンジンはクリーンディーゼル一本になります。

  • SKYACTIV-D 2.2
  • 最高出力:129kW〈175PS〉/4,500rpm
  • 最大トルク:420N・m〈42.8kgf・m〉/2,000rpm
  • トランスミッション:SKYACTIV-DRIVE(6速自動変速機)

多人数が乗車する機会が多いSUVミニバンですので、ディーゼルのトルクは心強いと思われます。

2.0Lガソリンのミニバンでフル乗車して坂道はちょっと辛かったりしますからね・・・

CX-8の予想燃費は?

CX-5のディーゼル燃費が4WD17.2〜17.6km/L、2WDで18.0㎞/Lになっています。

3列シートになることで重量がアップすることから、CX-8の予想燃費は16.5km/l~17km/lの範囲だと思われます。

6人7人乗りでこの燃費だったら満足できると思います。

また燃料は軽油ですのでランニングコストも良いのがポイント!

不快な音を軽減

マツダが独自に開発して搭載しているのが「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と呼ばれる機構です。

従来のディーゼルエンジンはカラカラと独特の音がしていましたが、それを打ち消すことに成功していますので不快な音がしにくいエンジンになっています。

ナチュラル・サウンド・スムーザー

ノック音の原因のひとつに、燃焼に伴って発生するピストン系の振動があります。これを、ピストンピンに組み込まれたダンパーで打ち消し、ノック音を低減させます。

ナチュラル・サウンド・周波数コントロール

燃焼噴射タイミングを緻密に制御し、エンジン部品が振動するときの周波数のピークと、燃焼による振動の周波数の谷を重ねることで互いの振動を打ち消し、ノック音を低減させます。

引用元 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/driving/skyactiv/?link_id=sbnv

安全運転サポートも充実

  • 交通標識認識システム

搭載されたカメラで標識を読み取って、速度制限、進入禁止、一時停止、追い越し禁止、はみ出し禁止をディスプレイに表示することでドライバーに安全運転を促します。

  • ブラインド・スポット・モニタリ、ング

15キロ以上で走行中に隣車線上の側面・後方にいる車両をセンサーが感知して、ドアミラーに搭載されたインジケーターにお知らせ。

その時にウィンカー操作すると点滅と警報音にて注意してくれます。

  • リア・クロス・トラフィック・アラート

駐車場などでバック最中に、接近する車両や動くものを検知してドライバーに警告することで安全運転をサポートしてくれます。

  • ドライバー・アテンション・アラート

エンジンかけてから65キロ以上スピードが出ると、疲れてない状態のドライバー動作を記録します。

その後記録した運転状態と大きく異なるとディスプレイにて注意勧告してくれます。

  • レーンキープ・アシスト・システム

車線逸脱を回避するためにステアリングアシストする逸脱回避支援、車線の中央やカーブに沿って走行をアシストするライントレースの選択が可能

  • 車線逸脱警報システム

ウィンカー操作がない状態で、車線逸脱の恐れがあると判断すると、ステアリング振動またはランブルストリップス音やビープ音によって警告

  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール

0~100キロまで設定が可能で、設定した速度を自動的にキープしてくれる機能です。

また車間距離も自動的にブレーキ操作を行い保ちますので、高速道路などで疲労軽減になります。

停止まで自動的にして、アクセル操作かスイッチ操作で再び追従します。

  • アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート

歩行者や先行車をカメラで検知し(対車両:約4~80km/h走行時、対歩行者:約10~80km/h走行時)で動作して、事故の回避または軽減を行います。

  • AT誤発進抑制制御[前進時][後退時]

搭載されたセンサーで障害物を感知して、その状態でアクセル操作を行った場合はエンジン出力制御をします。

マツダ CX-8の価格と発売日は?

現在アナウンスがされているのは、2017年度中とのことなので、恐らく2017年東京モーターショーで発表のあと販売との予想が立てられています。

価格についてはCX-5より大きく、シートが+されていることを考えると、340万円前後スタートになるでしょう。

また自動ブレーキ全車標準装備にすることで、家族が安心して乗れることをアピールしてくるのではないでしょうか?

情報まとめ

「マツダ 新型CX-8 3列シート6・7人乗りSUVが2017年度中に新発売!価格・発売日は?」はいかがでしたか?

プレマシー・ビアンテが生産中止になり、今後マツダはSUVラインアップ強化すると発表がありました。

プレマシーはフルモデルチェンジと情報ありましたが、結局噂だけで6・7人乗りモデルは新型CX-8に任せる形になりました。

ちなみに2012年SUN販売台数は約21万台、2016年は約36万台と販売台数を伸ばしているジャンルです。

そこにファミリーユースで需要がある6・7人乗りを用意することで、CX-8がどのような販売を見せるか楽しみです。

スライドドアは恐らく採用はされませんので、他の箱型ミニバンと悩むユーザーも多いと思われます!

また新型CX-8の最新情報が入ったらお伝えしますね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です