新型インサイト フルモデルチェンジ!2018年 燃費40.0km/l突破?安全装備・価格は?

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

すでに生産・販売が停止しているハイブリッド専用モデル「インサイト」が2018年頃に新型インサイトとしてフルモデルチェンジされる情報があります。

先代インサイトは低価格で発売される情報をつかんだトヨタが、先代プリウスの販売価格を下げたともされている。

その結果インサイトのインパクトが薄れ、プリウスに太刀打ちできず2014年に販売を終了しました。

海外ではグレイスをベースにした開発者がスクープされています♪

今回はそんな新型インサイトのフルモデルチェンジ情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型インサイト フルモデルチェンジで燃費40.0km/l突破か?

先代インサイトでは「IMAハイブリッド」が搭載されて27.2km/Lを達成していました。

今となっていは驚くべき燃費性能ではありませんが、価格などを見ると十分な燃費性能でした。

新型インサイト フルモデルチェンジでは2モーター式の「SPORT HYBRID i-MMD」を採用するようです。

  • アコード
  • ステップワゴン
  • オデッセイ

などで採用されているハイブリッドシステムになります。

1.5L 直4 DOHC i-VTEC +モーターの組み合わせにあり、システム出力は160PS前後となります。

ホンダでは1モーター式i-DCD方式を2020年までに廃止するとしている。

なんでも2モーター式の「SPORT HYBRID i-MMD」の製造コストが低下しているため、コンパクトカーにも採用できるようだ。

SPORT HYBRID i-MMDの仕組みは?

「エンジンをかけずモーターで走行できる距離を拡大」このシステムが動力性能と燃費性能に役立っています。

  • EVドライブモード

バッテリーに貯めた電力を使ってモーター走行します。

発進時や街中での負担の少ない走行でモーター駆動がメインになっておりエンジンはバッテリー残量がある場合は動きません

  • ハイブリッドドライブモード

バッテリー残量が少ない場合などでは、エンジンが発電に回ってモーターに電気を送ります。

主な駆動はモーターになっています。

  • エンジンドライブモード

高速道路走行ではモーターを使用するよりもエンジンで走行したほうが効率が良いので、エンジンとクラッチが繋がりエンジンメインの走行となります。

トヨタなどのハイブリッドとの大きな違いは、エンジンは発電でメインがモーターの部分が大きいです。

同じような仕組みはノートeパワーなどがありますね。

搭載されるエンジンは?

オデッセイなどでは2.0Lでしたが、新型インサイト フルモデルチェンジでは1.5Lエンジンの採用可能性が高いでしょう。

現行フィットに搭載されている「1.5L直列4気筒」を「SPORT HYBRID i-MMD」ようにセッティングしたもので、動力性能よりも発電効率を高める。

エンジン出力は低下するがモーター出力は向上しているので、フィットハイブリッドよりもトータルではパワフルになると予想できます。

新型インサイトの燃費はプリウス越え!

開発目標の燃費は40.0km/lとなっており、最低でも新型プリウスの40.8km/Lを超えて販売してほしいところです。

燃費性能が超えられなくても近い数字であれば、プリウスよりもパワフルな走行が楽しめる新型インサイトは十分戦っていけると思われます。

新型インサイトはPHVも設定か?

こちらも確定情報ではありませんが、通常のハイブリッドの他にPHVも設定して販売されるのでは?と雑誌などでは掲載されていました。

参考になりそうなのは「クラリティ プラグイン ハイブリッド」になります。

  • 容量17kWhのバッテリー
  • EV走行可能距離は64km以上
  • 電圧240Vの場合、2.5時間でバッテリーを満充電

新型インサイトPHVが設定された上記のスペックに近いものと予想できる。

尚、ホンダは2030年までに電動車両の販売比率を3分の2に引き上げる予定になっており、およそ50%はPHEVとHVが、FCVとEVが15%程度と見込んでいるようだ。

【スポンサードリンク】

新型インサイト フルモデルチェンジでエクステリアは?

海外サイトで撮影されたプロトタイプは、グレースをベースに開発されています。

市販モデルではデザインが変更されると思われますが、グレースのリアドアが延長されているので新型インサイトは居住スペースが向上されると予想できます。

デザインも最近のホンダ車が採用している新デザインアイデンティティー「ソリッド・ウイング・フェース」が与えられます。

シビックハッチバックのようなエクステリアになるのではないでしょうか?

インテリアはどうなる?

インテリアデザインは情報がありません。

画像は新型シビックになりますが、新型インサイトでもホンダ車らしい直線基調で使いやすいインテリアデザインになると思われます。

またハイブリッド専用モデルなので、メーターやインパネ回りにも期待が出来ますね。

新型インサイト フルモデルチェンジでホンダセンシング装備

ホンダが装備を進める運転支援システム「ホンダセンシング」は間違いなく採用されます。

新型N-BOXでは全車標準装備となり、軽自動車に毎日の安心を与えてくれました。

新型インサイトでもホンダセンシングが全車標準装備となる。

  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

歩行者・車両に対して衝突の危険が迫ると、ブザー・ディスプレイでドライバーに警告

ブレーキ操作がある場合はブレーキのアシスト・ブレーキ操作なく衝突の恐れありと判断した場合は自動ブレーキ制御によって衝突の回避または軽減

  • 歩行者事故低減ステアリング

ミリ波レーダーと単眼カメラで歩行者を感知して、歩行者の方に車が行くと判断した場合はステアリングアシストによって接触を回避サポートします。

  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

高速道路などでドライバーがセットした速度内で自動的にブレーキ・アクセル操作を行い適切な車間距離を保ちます。

  • LKAS〈車線維持支援システム〉

道路線を単眼カメラが感知して、車線中央を維持しやすいようにステアリングアシストしてくれます。

  • 路外逸脱抑制機能

車両が車線を逸脱しそうな場合に、ディスプレイ内の表示とステアリングの振動で警告

  • 誤発進抑制機能

車時や約10km/h以下で走行中で障害物を感知してる状態で、急アクセル操作があった場合は急発進しないように制御

  • 先行車発進お知らせ機能

信号などで停車中に先行車が発進しても動かない場合は、ブザーと警告音でドライバーに知らせてくれます。

  • 標識認識機能

単眼カメラで道路標識を認識してディスプレイに表示することで、標識の見落としを防いでくれます。

新型インサイトの価格や発売日は?

現時点では予想になりますが、おそらくプリウスと価格大きく違わないと思われます。

  • 新型インサイト:250万円~360万円前後
  • 新型インサイトPHV:350万円~460万円前後

しかしハイブリッドシステムを考えると若干高くなるとも思われます。

2モーター式の製造コストが下がっているようなので、どのような価格になるか楽しみです。

そのためにはステップワゴンハイブリッド・オデッセイハイブリッドが売れてくれることを願います。

発売日については今の予想では2018年2月頃とされています。

しかしまだ決定的なものではなくあくまで予想ですので、2018年~2019年頃ではないでしょうか?

また雑誌情報ですが、新型ヴェゼル フルモデルチェンジ前にインサイトが登場するとされていますので、遅くとも2019年までには登場すると予想できます。

まとめ

「新型インサイト フルモデルチェンジ!2018年 燃費40.0km/l突破?安全装備・価格は?」はいかがでしたか?

今度こそ妥当プリウスとして頑張ってもらいたいところです。

プリウスは特徴的なデザインがあまり評判良くないので、上手くインサイトが付け込めれば良い勝負出来そうなのでは?と思います。

ホンダのSPORT HYBRID i-MMDは本当にパワフル・燃費も良いので機会があればステップワゴンやオデッセイに乗ってもらいたいです。

また差新情報が入り次第お伝えします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無しさん より:

    セダンタイプだけではなく、ハッチバックタイプ、SUVタイプも開発して欲しいですね。
    今どき、セダンだけでは売れないから。