新型RAV4 フルモデルチェンジで2019年国内復活!エンジン・価格・安全装備は?

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

トヨタが2016年に発売を停止した多目的SUV「RAV4」が2019年に新型RAV4としてフルモデルチェンジされて日本国内復活との情報が入ってきました。

C-HRが販売されるに当たって販売が停止されましたが、国内で高まるSUV需要に答えるため復活販売となるようです。

2016年までに販売していたのは3代目で、販売が好調な北米では2013年より4代目が販売されています。

北米では4代目RAV4が販売されており、マイナーチェンジが施され先進的なエクステリアデザインになっています。

今回は新型RAV4のフルモデルチェンジ情報まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型RAV4のフルモデルチェンジで搭載されるエンジンは?

現時点で可能性が高いのは「ダイナミックフォースエンジン」が採用されると思います。

このエンジンは新型カムリより採用が始まったエンジンになっており、2.5L自然吸気と2.5Lエンジン+ハイブリッドの2ラインナップになっています。

  • 2.5Lガソリン用エンジン
  • 最高出力:205ps/6600rpm
  • 最大トルク:25.5kg-m/4800rpm
  • トランスミッション:ダイレクト シフト-8AT

このエンジンの熱効率は40パーセント・8ATと組み合わせることで従来よりも動力性能10%・燃費20%アップとなります。

  • 2.5Lハイブリッド用エンジン
  • 最高出力:178PS/5,700rpm
  • 最大トルク:22.5kgm/3,600 ~ 5,200rpm
  • モーター 最高出力:120PS
  • 最大トルク:20.6kgm
  • トランスミッション:CVT

こちらの熱効率は41パーセントで、従来の2.5L+THSよりも燃費最大20%・40キロ~70キロの中間加速10%の向上

新型RAV4のフルモデルチェンジでは上記のエンジン採用がありえます。

またこのダイナミックフォースエンジンは2.0Lバージョンの登場予定があるようなので、新型RAV4では2.0Lバージョンの搭載もありえるかと思われます。

新型RAV4のフルモデルチェンジでTNGAプラットフォーム採用

新型プリウスより採用が始まった新開発TNGAプラットフォームを軸に開発されます。

このプラットフォームは、軽量化・剛性アップ・乗り心地向上・生産コスト削減など様々な面で従来のプラットフォームよりも性能が向上しています。

今後フルモデルチェンジされるトヨタ車はTNGAプラットフォームを軸に開発されていくので、新型RAV4でも当然採用されます。

【スポンサードリンク】

新型RAV4のエクステリアは?

4代目RAV4はマイナーチェンジされ「キーンルックデザイン」に大幅変更されて販売されています。

新型RAV4もフルモデルチェンジでこのキーンルックを採用してくるのは間違いない。

ただC-HR販売に伴い国内販売停止しているので、C-HRやハリアーなどとは違ったデザインコンセプトになるのではと予想されます。

車体サイズも少し大きくなると思われます。

  • 予想ボディサイズ
  • 全長 4600mm
  • 全幅 1850mm
  • 全高 1545~1575mm
  • ホイールベース 2660mm

フルモデルチェンジでセーフティセンスP搭載

現在トヨタがマイナーチェンジなどで続々採用している運転支援システム「トヨタセーフティセンス」の採用は間違いないでしょう。

セーフティセンスには二種類存在しておりますが、CとPがありますが今後はPの方の搭載を進めていくでしょう。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーンディパーチャーアラート(スアリング制御機能付)
  • アダプティブハイビームシステム
  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

グレード別装備で「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」も用意されるでしょう。

搭載されたセンサーで障害物に衝突する恐れがある場合は自動的にブレーキを掛けてくれます。

上記の装備はハリアーなどの現行モデルですでに採用されているものですから、2019年のフルモデルチェンジでは更なる安全装備の向上が図られるでしょう。

新型RAV4のフルモデルチェンジ発売日と価格は?

新型ハリアーの発売が2019年に予定されており、兄弟車のRAV4もそれに合わせて2019年国内復活販売となるようです。

最近ではハイラックスが国内復活したのは話題になりましたね♪

増え続けるSUV需要に対して、ラインアップ増やすことでユーザーの選択肢を拡大する予定のようです。

販売価格については、300万前後スタート~460万前後になると思われます。

カムリ同様ハイブリッド専用になって国内販売される可能性もあります。

まとめ

「新型RAV4 フルモデルチェンジで2019年国内復活!エンジン・価格・安全装備は?」はいかがでしたか?

日本国内だけではなく世界的にSUVブームが続いています。

RAV4復活販売でC-HRやハリアーとどのように差別化を図るか楽しみですね。

ただ販売するだけでは面白くないので、本格SUVとして販売してくれればアウトドアユースで欲しいユーザーは購入するでしょう。

4代目RAV4はハリアーが発売される関係で日本未発売・3代目はC-HR登場のため販売停止となっているので、5代目はどのような運命をたどるのでしょうか?

また最新情報が入り次第お伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする