2018年4月 新型アクア マイナーチェンジ(一部改良)安全装備を強化して新発売!

トヨタが販売するコンパクトハイブリッドカー「アクア」が2018年4月にマイナーチェンジ(一部改良)されることが判明しました。

今回の改良で安全装備を強化して「サポカーS対象車対象車」になります♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年4月 新型アクア マイナーチェンジ(一部改良)で安全装備は?

今現在アクアにはセーフティセンスCと呼ばれる安全装備が搭載されています。

プリクラッシュセーフティ
(対車両)
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・先行車発進告知機能

これらの機能によってドライバーの安全運転をサポートしてくれます♪

今回の新型アクア マイナーチェンジ(一部改良)では歩行者対応自動ブレーキアップグレードされる予定です!

また現在では全車標準装備ではなくオプション選択するグレードもありましたが、今回の改良に合わせて全車標準装備となります。

売れ筋の車だけに全車標準は嬉しい装備です。

サポカーSってなに??

「セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)」は、高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる
交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。

いまアクアが対象のサポカーは、自動ブレーキが搭載されていれば対象です。

マイナーチェンジ(一部改良)で対象となるサポカーSは大きく分けて3つ

サポカーS ベーシック

・低速自動ブレーキ(対車両)

・ペダル踏み間違い時加速抑制装置

サポカーS ベーシック+

・自動ブレーキ(対車両)

・ペダル踏み間違い時加速抑制装置

サポカーS ワイド

・自動ブレーキ(対歩行者)

・車線逸脱警報

・先進ライト

・ペダル踏み間違い時加速抑制装置

2018年4月 新型アクア マイナーチェンジ(一部改良)の価格は?

全車セーフティセンスC採用によって、現在のセーフティセンスC搭載してないグレードは約5万円前後価格上昇となるでしょう。

その他グレードは大きな価格上昇はないと思われます。

エクステリアは変更される?

エクステリアデザインは今回は大きな変更はないです。

2017年6月に大がかりな変更がされているので、新色追加・廃止など細かい点になると思われます。

インテリアも同様に小規模変更にとどまる。

情報まとめ

「2018年4月 新型アクア マイナーチェンジ(一部改良)安全装備を強化して新発売!」はいかがでしたか?

自動ブレーキが歩行者対応にアップグレード予定なのは嬉しいですね。

ただ新型ヴェルファイア・アルファードのように夜間時での歩行者対応まではいかないでしょう。

第二世代セーフティセンスはアクア フルモデルチェンジまでお預けですね。

今後のトヨタ車がどのように進化するか楽しみですね♪

またアクアの最新情報が入り次第お伝えします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする