新型フリード マイナーチェンジされて2017年12月発売予定!フリード モデューロX設定か?

ホンダが販売する人気コンパクトミニバン「フリード」が2017年12月頃マイナーチェンジされる情報があります。

今回はホンダセンシングのアップグレードとモデューロXの設定がメインのようで、特にモデューロXには期待が寄せられるところだ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型フリードのマイナーチェンジで追加される「モデューロX」って?

モデューロXとはホンダがベース車両をチューニングして、走りを楽しめるようにした特別仕様車になります。

  • ステップワゴン
  • N-ONE

に設定されており、以前は先代N-BOXにも設定されていました。

新型フリード モデューロX コンセプトは東京オートサロン2017で参考出展されており、市販化に向けて期待されていました♪

エクステリアには専用の空力を考えたエアロが与えられ、ブラックアウトがスポーティな印象です。

また足回りは専用のサスペンションが装備され、ノーマルモデルよりローダウンされながら乗り心地は犠牲にしません。

  • フリード Modulo Xの主な特長
    Modulo Xは、Honda車を知り尽くした熟練のエンジニアが、ベース車両の走行性能、居住性、デザインに「匠の技」を注いで完成させるコンプリートカーブランドです。フリード Modulo Xの開発では、「エモーショナル ツアラー」をコンセプトに、所有する喜びを体現した存在感のあるデザインとともに、アルミホイールやサスペンション、空力パーツなど数々の専用装備により、意のままに操れる操縦性と、上質かつしなやかな乗り味を追求しました。
  • 圧倒的な存在感を放ち、所有する満足を高めたスポーティーな専用デザイン
    Modulo Xならではの空力デザインに基づき、専用エアロバンパーやフロントグリルによる押し出し感の強いフロントデザインを採用。インテリアはドライバーが見て触れて感じる上質さを追求。ピアノブラック調のインテリアパネルやシート表皮にモカブラウンを採用することで、ブラックとブラウンを基調とした上質な室内空間を提案しています。
  • さまざまなタイプの道で快適な運転を楽しむことを目指して開発されたこだわりの走り
    フロントエアロバンパー下部に設定したエアロガイドフィンと、ディフューザー形状を工夫したリアロアスカートを採用することで四輪の接地バランスを最適化し、高速道路や横風の強い場所での直進安定性に寄与します。さらにサスペンションセッティングおよびアルミホイールの剛性最適化により、カーブやワインディングでの爽快なコーナリング性能を楽しめます。
  • お買い得感の高い、充実の装備
    見やすい大画面の9インチプレミアムインターナビに加え、ドライブレコーダー(ナビ連動タイプ)、USBジャックといった人気装備を標準装着した仕様と、ナビゲーションを自由に選択可能な仕様を用意しています。

引用元http://www.honda.co.jp/news/2017/4171214-freedmodulox.html

フリード モデューロXの装備は?

<エクステリア>

  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントエアロバンパー
  • 専用サスペンション
  • 専用15インチアルミホイール
  • 専用LEDフォグライト
  • 専用フロントビームライト
  • 専用ドアミラー(プレミアムスパークルブラック・パール)
  • 専用リアロアスカート
  • 専用リアエンブレム(Modulo X)
  • 専用サイドロアスカート
  • テールゲートスポイラー

<インテリア>

  • インパネミドルエリア(ピアノブラック調)
  • 専用本革巻ステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
  • 専用ブラック&モカ コンビシート(プライムスムース×ファブリック/Modulo Xロゴ入り)
  • 専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/Modulo Xアルミ製エンブレム付)
  • ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ)

9インチ プレミアム インターナビ装着車

  • 9インチ プレミアム インターナビ(Gathers)(専用オープニング画面)+ドライブレコーダーナビ連動タイプ/駐車時録画機能付)+USBジャック(1ヵ所)

価格は?

<フリード Modulo X>

タイプ 乗車定員
(名)
エンジン トランス
ミッション
駆動 消費税8%込み
Modulo X
Honda SENSING
6 1.5L直噴
DOHC
i-VTEC
CVT FF 2,830,680円
7 FF 2,852,280円
HYBRID
Modulo X
Honda SENSING
6 1.5L
アトキンソン
サイクル
DOHC
i-VTEC
i-DCD
高出力
モーター
内蔵
7速
DCT
FF 3,130,920円
7 FF 3,152,520円

新型フリード マイナーチェンジでホンダセンシングアップグレード?

現在フリードにはタイプ別設定で以下の8機能が搭載されています。

  • 衝突軽減ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能

これらに機能に加えて設定されてほしいのが、「電動パーキング」ですね。

電動パーキングが採用されるとクルーズコントロールが全車速になります。

オデッセイハイブリッド・ステップワゴンハイブリッドでは電動パーキング採用しているので、フリードハイブリッドでも採用してほしいですね♪

マイナーチェンジではホンダセンシングは全車標準装備となる可能性が高いので、家族を乗せるミニバンですので標準装備となれば安心感が違います!

エクステリア・インテリアに大幅な変更はなし

今回のマイナーチェンジではエクステリア・インテリア共に大きな変更はなく細かい変更程度でしょう。

新色追加・廃止カラー・LEDフォグランプ追加などはされると思われます。

新しい情報が入り次第すぐにお伝えします!

まとめ

「新型フリード マイナーチェンジされて2017年12月発売予定!フリード モデューロX設定か?」はいかがでしたか?

モデューロXに追加で更なる魅力が追加されるでしょう。

また可能性としては低いですが、ハイブリッドモデルへの電動パーキング採用も気になる所ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする