2018年1月 新型ヴェルファイア、アルファードにマイナーチェンジ!セーフティセンスP採用で安全性向上。

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

トヨタが販売するフラッグシップミニバン「ヴェルファイア」・「アルファード」が2018年1月にマイナーチェンジされて新発売されることが判明しました。

今回のマイナーチェンジ内容は安全性能向上がメインになっており、セーフティセンスPを搭載してきます。

またエクステリア、インテリアの変更や使い勝手向上などもされるようで、大幅な改良といえる内容になるようです。

今回はそんな新型ヴェルファイア、アルファードのマイナーチェンジ情報まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型ヴェルファイア・アルファードのマイナーチェンジでエクステリア変更

エクステリアデザインも変更が予定されており

  • 前後バンパーデザイン
  • 変更テールランプ変更
  • グリル新デザイン
  • 新デザインアルミホイール
  • 新色3色追加
  • ダークレッドマイカM
  • スティールブロンドM
  • グラファイトM

このように大きくは変更はないようです。

ただC-HR採用から始まって、ハリアーのマイナーチェンジでも採用された「シーケンシャルウィンカー」がオプション設定で用意される。

前後ともにシーケンシャルウィンカーとなるので、トヨタ車としては初採用となります。

ヘッドライトデザインに大きな変更はないですが、是非とも装着したいオプションですね♪

ヘッドライトは3つ用意される

  • 2眼オートマチックハイビーム標準

こちらは現行も出ると変更はありませんね。

  • 2眼シーケンシャルのオートマチックハイビーム(オプション)

上記のヘッドライトに流れるウィンカーを搭載したもので、前後シーケンシャルウィンカーが採用されます。

  • 3眼シーケンシャルのアダプティブハイビーム(オプション)

従来のオートマチックハイビームを進化させたもので、周囲の状況に合わせてハイビームの配光を変化させます。

ハリアーがマイナーチェンジで採用したものですね。

アルファードは激変か!?

雑誌情報になりますが、アルファードのフロントデザインが大幅に変更されるみたいです。

フロント周りは異なるデザインを2つ用意して、ヘッドライトデザインも大きく変わる予定のようです。

現時点ではヴェルファイアに大きな変更が入ると言う情報はありません。

Twitter上に新型アルファードの画像がスクープショットが掲載されていました。

事前に合った情報のようにヘッドライトが変更されているのが確認できます。

またバンパーデザインも変更されていますね。

エグゼクティブラウンジにエアロ設定

現在ではエグゼクティブラウンジはノーマルボディのみでしたが、今度はエアロモデルも選択できるようになります。

マイナーチェンジでインテリアの質感向上

  • エグゼクティブラウンジではセミアリン革からプレミアムナッパ革に変更
  • エアロボディエグゼクティブラウンジではホワイトレザーオプション設定
  • ファブリック+合皮からサイドに使用されていた合皮を全面に使用(V/ZA-G/Z-G/ZR)
  • ファブリック+合皮に採用しているファブリック使用(X/Z/Z-A)
  • 木目調パネルデザイン変更

このようにインテリアにも質感向上が加えられます。

また快適性の向上も図られます。

  • ZGグレード運転席、助手席シートヒーター+ベンチレーション標準装備
  • 本革オプション装着で2列目シートヒーター+ベンチレーション装備

【スポンサードリンク】

新型ヴェルファイア、アルファードがマイナーチェンジで変わる安全装備とは?

いま用意されている安全装備は「プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)」になっており、Executive Loungeグレードを除いてオプションになります。

また歩行者対応しておらず、車両に対してのみ機能するものです!

  • 搭載されたミリ波レーダーが道路上の障害物、先行車などを感知して衝突の危険がある場合は警報やブレーキの制御により衝突回避を支援。
  • 警報後ドライバーがブレーキ操作した場合は、ブレーキ力を強力にアシストして最大60km/h程度減速
  • 万が一ブレーキ操作がない場合は、自動的にブレーキを掛けて最大30km/h程度減速して、衝突の回避または軽減します。

この予防安全装備は75600円で選択可能になっています!

このオプション選択すると「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」もセットで装着されますので高速などで便利です♪

マイナーチェンジでセーフティセンスP採用へ

今回の新型ヴェルファイア、アルファードのマイナーチェンジでは、予防安全装備をパッケージにした「セーフティセンスP」が用意されます。

ミリ波レーダーに加えて単眼カメラを追加することで、歩行者対応の自動ブレーキシステムにアップグレードされる。

単眼カメラで物体の大きさ形、白線、対向車のランプを捉えることが出来ます。

「トヨタセーフティセンスCとPの違い!搭載車種・機能・性能は?」

セーフティセンスPの機能は以下になります。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

歩行者、先行車などを感知して衝突の危険がある場合は、警報とディスプレイにて知らせてブレーキ操作があった場合はブレーキアシスト

なかった場合は自動的にブレーキ制御が入り衝突の回避または軽減を行います。

  1. 衝突警報
    自車速度約10~180km/h(検出対象が歩行者のときは、自車速度約10~80km/h)
    自車から見た前方の車両や歩行者との相対速度約10km/h以上
  2. プリクラッシュブレーキアシスト
    自車速度約30~180km/h(検出対象が歩行者のときは、自車速度約30~80km/h)
    自車から見た前方の車両や歩行者との相対速度約30km/h以上
  3. プリクラッシュブレーキ
    自車速度約10~180km/h(検出対象が歩行者のときは、自車速度約10~80km/h)
    自車から見た前方の車両や歩行者との相対速度約10km/h以上

  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)

幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行中に作動

搭載された単眼カメラによって道路上の車線を読み取り、ドライバーがウィンカー操作などをしないで車線逸脱する可能性がある場合は、ブザーとディスプレイにて警告

またステアリング制御によって逸脱回避のサポートもしてくれます。

  • オートマチックハイビーム

単眼カメラによって周囲の明るさ、対向車のヘッドランプやテールランプを感知して自動的にハイビーム・ロービームの切り替えを行っていくれます。

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

ミリ波レーダーと単眼カメラによって設定車速に応じて車間距離を自動的にとってくれるものです。

先行車が停止した際は自車も停止して停止状態を保持して、発進した場合がアクセル操作がスイッチ操作で再び追従開始します。

もしかしたら180キロまで対応になる可能性があります。

ブラインドスポットモニターも追加

ヴェルファイア、アルファードのマイナーチェンジで安全面では「ブラインドスポットモニター」の追加もされます。

車両に装備されたセンサーによって、隣の車線を走る車を感知して、ミラー内に搭載されたLEDインジケーターを点灯させ注意勧告。

この状態でウィンカー操作を行うとLEDインジケーターが点滅して更に注意を促します。

次世代のトヨタセーフティセンス採用!

セーフティセンスPの機能がアップグレードされるようです。

いままでは車・歩行者でしたが「自転車」も新たに検知できるようになる。

また新世代になるに従い単眼カメラの精度も向上して夜間でも検知可能

  • レーントレーシングアシスト

車線維持アシストが新たに搭載されます。

レーダークルーズ使用時に車線中央を維持しやすいようにハンドルアシストすることで、運転手の疲労軽減に役立ちます。

  • ロードサインアシスト

新型LSで採用されトヨタ車では初採用になります。

道路標識を読み取りインフォメーションディスプレイに表示してくれるものです。

いままでCとPに分かれていたものを統合して、より一層の安全性能向上になります。

ユニットの小型化でコンパクトカーにも採用されるみたいですので、今後は画像の機能がスタンダードになります。

自動ブレーキの性能そのものも向上

自動ブレーキ速度軽減量がアップします。

  • 対クルマ:60キロ軽減(現行は40キロ)
  • 対歩行者:40キロ軽減(現行は30キロ)
  • 対自転車:40キロ(現行は対応していない)

その他追加される先進装備

  • 電子インナーミラー

こちらも新型LSに採用されたものをトヨタ初採用するようです。

リアカメラの映像をルームミラーに映して、フリップダウンモニター使用してみ後方視界を確保。

  • インテリジェントパーキングアシスト2改良

制御システム改良によって、今までより少ない切り替えし回数での駐車が可能に!

  • リアクロストラフィックアラート
  • ITS Connect

新型ヴェルファイア・アルファードで2.0Lターボモデルは設定される?

  • 8AR型2.0L直4ターボエンジン
  • 最大出力:231PS
  • 最大トルク:35.7kgm
  • トランスミッション:6速AT

マイナーチェンジでハリアーに搭載された2.0Lターボエンジンが、ヴェルファイア・アルファードにも採用される情報がありましたが、今回は見送られます。

1.5Lターボを搭載したステップワゴンに乗ったことがあるのですが。先代2.0L自然吸気エンジンよりトルクがあり多人数乗車でもストレスがありませんでした。

新型ヴェルファイア、アルファードのフルモデルチェンジに期待が寄せられます!

「2020年 新型ヴェルファイア、アルファードにフルモデルチェンジ!搭載エンジン・ハイブリッドは?」

3.5L V6エンジンは改良!

現行モデルは「2GR-FE」と呼ばれる3.5L V6でしたが、レクサスやクラウンに採用されている「2GR-FKS」の直噴仕様に変更

このエンジンはアイドリングストップ機能も追加されるとのこと!

  • 最大出力:300PS(現行+20PS)
  • 最大出力:36.8kgm(現行+1.7kgm)
  • JC08燃費:10.6~10.8km/l

このエンジンに変更されるにあたって6速ATから8速ATに変更されるのも注目だ!

また出力向上に伴いブレーキ性能も向上して、現行モデルより1インチ大きい前輪17インチが与えられる。

対向4ポットブレーキキャリパーも装備される可能性がありますね。

【スポンサードリンク】

走行性能なども改善

  • ショックアブソーバーのセッティング改良
  • ドア開口部に構造用接着剤の使用で剛性アップ
  • ホイールアーチ・インパネ裏・ワイパー付け根裏のサイレンサー手直し

新型ヴェルファイア、アルファードの価格とグレードは?

マイナーチェンジで追加されるセーフティセンスなどによって、現行型+10万円~15万円の価格アップになる見込みです。

全グレード、セーフティセンスPの標準装備になる情報がありますので、この価格アップは妥当なところと言えます。

  • ガソリン・HVのエアロモデルのエグゼクティブラウンジ設定
  • エアロボディ(HV)にZグレード追加
  • ガソリン・エアロボディからZA廃止
  • ガソリン・標準ボディからVグレード(8人乗り)廃止

発売日は2018年1月を予定しており、記者発表が1月中旬だったのが2017年12月下旬に前倒しされました!

特別仕様車ゴールデンアイズ・タイプブラックを購入したい人は急いだほうが良いみたいです。

ゴールデンアイズ2・タイプブラック2は勿論販売されますが、マイナーチェンジ後しばらくしてからですので。

ライバルの動向は?

  • ホンダ オデッセイ

こちらも2017年後半~2018年はじめにマイナーチェンジされる予定になっており、エクステリアデザインが変更・電動パーキング採用で全車速度オートクルーズ対応などを予定。

オデッセイハイブリッドは2モーター式でパワフル、低燃費が自慢になっています。

「2018年 新型オデッセイ マイナーチェンジ!エクステリア・安全装備の向上」

  • 日産 エルグランド

発売日の予想は2017年となっていますが、いまだに詳しい情報が入ってこないエルグランドですが、ハイブリッド・自動運転などを搭載してヴェルファイア・アルファードに挑みます。

今度のエルグランドは全高が引き上げられ室内空間拡大が行われると予想されます。

「新型 エルグランド 2017年にフルモデルチェンジ!?自動運転とハイブリッド追加か?」

情報まとめ

「2018年 新型ヴェルファイア、アルファードにマイナーチェンジ!セーフティセンスP採用で安全性向上。」はいかがでしたか?

上記で紹介した情報や書ききれなかった情報を、以下にわかりやすくまとめてみました。

  • 3.5L V6エンジンは改良&アイドリングストップ&8速AT
  • 新世代セーフティセンス採用
  • V6モデルには17インチディスクブレーキ搭載
  • ブラインドスポット&リアクロストラフィック警告を一部標準&オプション
  • 17インチアルミ スパッタリング塗装&クロームを用意
  • シーケンシャルウィンカー採用(オプション)エクゼブティブは標準
  • フォグランプLED標準装備拡大
  • フロントドアIR・URカット&撥水ガラス機能追加
  • エクゼブティブはスライドドアにも採用
  • エクゼブティブはハッチゲートスーパーUVカット仕様
  • 電動両側スライド&ハッチゲートイージークロージャー標準グレード拡大
  • シャークファンアンテナ全車標準装備
  • シート表皮にナッパーレザー(エクゼブティブ)
  • シートヒーター搭載グレード拡大
  • シートベンチレーション一部グレードに採用
  • 2列目シートにシートヒーター搭載グレード拡大
  • 上位グレードのシート座り心地改善
  • コンソールボックス拡大(2.5LガソリンV・Gグレード)
  • 一部グレード フロントドア表皮変更
  • エクゼブティブを除く全グレードに電子ミラーオプションで用意
  • リアLED読書灯一部グレードに標準装備
  • DCMの標準装備
  • リア空調ナノイー・排ガス検知切り替え標準装備拡大
  • 盗難アラーム標準装備

今現在判明している変更点は上記になります。これ以外にも出てくると思われますので最新場が入ったらお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. チャト より:

    現在エステマに乗っているが、次期マイナーチェンジかフルチェンジ時、アルファードに3列目電動格納システムが搭載されるなら購入を検討したいと思います。

    • hikaru より:

      意外と跳ね上げ式は重かったりして女性には大変みたいですからね・・・
      フラッグシップミニバンとして是非とも採用してもらいたいです!

  2. オギシマサヤ より:

    新しい情報を送ってください。

    • hikaru より:

      6月4日現在では目ぼしい情報ありませんので、最新情報入ったらスグに更新いたしますのでお待ちください!