2018年 新型フォレスター フルモデルチェンジ!エンジン・価格・発売日は?

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

アメリカでは絶大な人気を誇るスバル「フォレスター」

国内でもSUVブームに合わせて好調な販売が続く本格SUVです。

少し前まではマツダと共に、ちょっとマイナーメーカーでしたが自分たちが販売したい車を売ることで評価され、いまでは道を走ればかなりの確率で見かけますよね!

水平対向エンジンや運転支援システムであるアイサイトver3など、スバル独自の装備によってライバル車たちにアドバンテージをつけていますね!

そんなスバル「フォレスター」が2012年に販売されて2017年で5年となります。

スバルは大体5年周期でフルモデルチェンジをおこなっています!

そこで今回現在判明しているフォレスターのフルモデルチェンジ情報をまとめてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型フォレスター フルモデルチェンジで搭載エンジンは?

「レヴォーグ」が採用する1.6Lダウンサイジングターボとハイパワーを実現する2.0Lターボエンジンの搭載される予定になっています。

通常モデルには、二種類用意されていて

  • 水平対向4気筒 1.6L 直噴ターボ DIT
  • 最高出力:170ps/5,600rpm
  • 最大トルク:25.5kgm/4,800rpm
  • JC08モード燃費 15km/L~
  • 水平対向4気筒 2.0L 直噴ターボ DITエンジン
  • 最高出力:300PS/5,600rpm
  • 最大トルク:40.8kgm/2,000 – 4,800rpm

のガソリンモデルのラインアップになる予定です。

こうしてハイパワーモデルをラインアップしてくれるのは嬉しいですね。

話題のダウンサイジングターボとは?ホンダやトヨタ車の車種・ターボとの違いは??

ハイブリッドやプラグインハイブリッドも設定される?

トヨタと資本提携して提供されるハイブリッド技術が新型フォレスターにも採用されるようです。

基本的にはプリウスのなどに採用されているTHSが組み合わされます。

横置き用THSはクラウンなどで採用されていますが、水平対向エンジンでは初の心みで更にターボエンジンとの組み合わせも初だ。

  • 1.6L水平4気筒ターボエンジン
  • 最大出力:170ps/4800-5600回転
  • 最大トルク:25.5kg.m/1800-4800回転
  • モーター出力
  • 最高出力:72ps
  • 最大トルク: 14.5kgm
  • JC08燃費:30.0km/l前後

またZEV規制に対応すべくPHEVモデルが設定されるようです!

噂されてるプラグインハイブリットに搭載される見込みのエンジンは、水平対向4気筒 1.6L 直噴ターボ DITプリウスPHVのシステムの組み合わせです。

  • 1.6L水平4気筒ターボエンジン
  • 最大出力:170ps/4800-5600回転
  • 最大トルク:25.5kg.m/1800-4800回転
  • モーター最高出力(駆動用/発電兼用):72PS・31PS
  • モーター最大トルク(駆動用/発電兼用):16.6kgm・4.1kgm

プリウスPHVのEV走行可能距離は60キロ以上になっており使い勝手がいいですので、新型フォレスターではどのくらいの航続距離を実現するか楽しみです。

新開発AWD搭載

更にスバル得意のAWDシステムは「リアモーター式シンメトリカルAWD」という電気式の新しいものが採用される見込みになっています!

いままでと違い後輪は後ろに搭載されたモーターによる駆動です。

この電気式AWDの採用によってドライブシャフトが必要なくなり、室内空間の確保・細かい駆動制御・燃費性能の向上などのメリットがあります♪

プラグインハイブリッドのほかにハイブリッドモデルもラインアップされる噂もありますので、詳細がわかり次第お伝えします!

【スポンサードリンク】

スバル グローバルプラットフォームを採用!

platform_pict_1

2016年10月に販売が開始された新型インプレッサに採用された新開発プラットフォーム「スバル グローバルプラットフォーム」の採用が決まっています!

当初から最低地上高が高い展開も想定されおり、ダブルウィッシュボーンリアサスペンションも取り付け位置が高くなることを想定している設計だ。

安全性・操縦性・強度を向上させてドライバーは勿論、同乗者の安全向上・疲れ・酔いなどを軽減させてくれるものです。

また安全性については事故が起きた際には、乗務員を守るためキャビン変形を最小限に抑える「新環状力骨構造ボディ」になっています。

このようにスバルはアイサイトとスバル グローバルプラットフォームを搭載することで安全運転支援や万が一の事故に対しての対策をしています。

元々スバル車は安全評価が高いクルマ作りをしていましたので、その評価に慢心せずに更なる安全性・走りの質感をあげてきます。

safety3_pict_3

またインプレッサで採用された歩行者保護エアバッグの搭載もあると思います。

今後のスバルは歩行者保護に力を入れてきます!

日本では狭い道路事情などで、世界と比べて歩行者の死亡事故が多い国ですので、こういった装備で少しでも被害減少があればいいですね。

新型フォレスターの先進装備は?

引用元 http://clicccar.com/2015/11/10/338965/2/

フォレスターがフルモデルチェンジされたらアイサイトver.3が搭載されると噂されてましたが、現行フォレスターでも採用しているので、最新バージョンのアイサイトツーリングアシストが搭載されるでしょう。

噂されていたver4はアイサイト・ツーリングアシストの名称

レヴォーグD型から初搭載される「アイサイト・ツーリングアシスト」はアイサイトver4になっています。

  • オートクルーズとLKAの設定上限が135キロ
  • 渋滞時追従支援機能追加
  • アクティブレーンキープが全車速対応

今後の高速道路最高速引き上げに対応するため、ACCの設定上限が135キロになっているのもポイントです。

レクサスLCに搭載されているACCはリミッター180キロまで使用可能になっていて、今後は設定速度アップしてくる車が増えてくるでしょう。

渋滞時にもステアリングアシストしてくれるのでドライバーの疲労軽減に役立ってくれそうですね。

自動運転技術搭載か?

噂程度ですが、新型フォレスターはアイサイトとは別に全方位レーダー・高精度GPS・高精度地図データを組合わせることによって、前方だけではなく周囲の環境も考慮しても、ドライバーの安全運転をサポートするみたいです。

この組合わせで高速道路での自動運転・自宅や駐車場での自動駐車をしてくれるようになります。

新型フォレスターのエクステリアは?

基本的には上記のコンセプトモデルに準じたエクステリアデザインを採用する予定です。

スクープされている写真などから予想すると、四角いノーズでSUVらしい武骨さを表現するみたいですね。

ヘッドライトはつり目っぽく、グリルなどにはメッキガーニッシュ。

ボディ側面は広いガラスエリアを採用しており、リアクォーターは後方に絞り込まれるデザインになります。

リアテールランプはボディ側からリアゲートまで伸びることでしょう。

スバル最大サイズSUV「アセント」の市販モデルが先日世界初公開されました。

新型フォレスターもアセントと同じデザインの流れになるでしょうから参考になります。

またインテリアデザインに関しても参考になります。

インプレッサからスバルは内装質感が大幅に向上していますので、フォレスターでもアセントのように高級感ある内装に期待が出来ます。

【スポンサードリンク】

新型フォレスターのフルモデルチェンジの発売日と価格は?

少し前までは新型フォレスターの発売日が2017年との情報がありましたが、2107年に発売するのは、現行フォレスター最終型のアプライドE型です。

「スバル 新型フォレスター E型に2017年3月マイナーチェンジ!変更される内容は?」

新型フォレスターフルモデルチェンジ時期は2018年の春から夏頃が濃厚です。

新型フォレスターでは、XVとの差別化やボディサイズの拡大・搭載装備のグレードアップなどに伴い、値段の上昇も予想されて大体、250万円~350万円程度の価格になるでしょう。

プラグインハイブリッドの方は価格500万円との予想がされています。

ライバル達はどうなってる?

  • マツダ CX-5

2017年2月2日にフルモデルチェンジされたCX-5は内外装の質感向上にくわえて、走りの面でも大幅に進化しました。

AWD機能もスバルに迫る性能を持っていて評価も高いです。

G-ベクタリングコントロール搭載で誰でも運転が上手くなったようになれるのもいいですね♪

「新型CX-5・エンジン・価格・燃費・安全装備は?」

  • 日産 エクストレイル

2017年3月のビッグマイナーチェンジを行いエクステリアデザインを大幅に変更してきます。

またインテリアも質感向上させるなど人気SUVとしての価値を高めてきます。

自動運転「プロパイロット1.0」の搭載情報もありますので期待が出来ますね!

「エクストレイル マイナーチェンジ!エクステリアのデザイン変更」

  • トヨタ ハリアー

ラグジュアリーSUVのハリアーは6月にビッグマイナーチェンジを控えており、セーフティセンスP搭載やエクステリアデザイン変更・内装質感アップなど行われる予定です。

目玉は2.0Lターボエンジン搭載グレードを追加してくることです!

レクサスSUV「NX」・「RX」などに採用されている

  • 8AR型2.0L直4ターボエンジン
  • 最大出力:238PS
  • 最大トルク:35.7kgm
  • 予想JC08燃費:13.0km/l

「2017年 新型 ハリアーにマイナーチェンジ!ダウンサイジングターボ搭載」

  • 三菱 パジェロ

三菱フラッグシップSUV「パジェロ」も2017年後半から2018年にかけてフルモデルチェンジを予定しています。

プラグインハイブリッドや新開発4WDシステムを採用してくる!

「新型パジェロのフルモデルチェンジは2017年後半~2018年」

新型フォレスター情報まとめ

「2018年 新型フォレスター フルモデルチェンジ!エンジン・価格・発売日は?」はいかがでしたか?

SGPプラットフォームとスバルお得意のAWDの組み合わせでオンロード・オフロード問わず性能を発揮できるように磨きがかかります!

エクステリアはコンセプトモデルをベースにして、インテリアでは新型インプレッサで採用されたインパネをベースに、質感の高さとSUVらしさを融合させたデザインになる見込みです!

アメリカでは大人気のフォレスターが遂にフルモデルチェンジが2018年に予定されています。

スバル「XV」との差別化を図る今回のフルモデルチェンジ、フォレスター一つ上のランクに上げて販売されるでしょう!

正にスバルが販売するフラッグシップSUV存在となって、アメリカは元より日本でのセールスも期待したいですね♪

予想ボディサイズ

  • 全長:4,435mm
  • 全幅:1,920mm
  • 全高:1,530mm
  • ホイールベース : 2,730 mm

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

↓↓その他スバル車の情報↓↓

3xn9BYom

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする