2018年 新型フォレスター フルモデルチェンジ!エンジン・価格・発売日は?

アメリカでは絶大な人気を誇るスバル「フォレスター」

国内でもSUVブームに合わせて好調な販売が続く本格SUVです。

少し前まではマツダと共に、ちょっとマイナーメーカーでしたが自分たちが販売したい車を売ることで評価され、いまでは道を走ればかなりの確率で見かけますよね!

水平対向エンジンや運転支援システムであるアイサイトver3など、スバル独自の装備によってライバル車たちにアドバンテージをつけていますね!

そんなスバル「フォレスター」が2012年に販売されて2017年で5年となります。

スバルは大体5年周期でフルモデルチェンジをおこなっています!

そこで今回現在判明しているフォレスターのフルモデルチェンジ情報をまとめてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型フォレスター フルモデルチェンジで搭載エンジンは?

北米モデルに設定されている2.4Lは日本仕様ではラインアップされません。

また現時点では2.0L 300PSのターボモデルも設定がないようです。

日本仕様に用意されるには2種類

  • 水平対向4気筒2.5リッター
  • エンジン最高出力 182hp/5800rpm
  • エンジン最大トルク 176lb-ft/4400rpm

  • 2リッター+マイルドハイブリッド
  • 新型フォレスターハイブリッドは20~22km/L

現時点ではマイルドハイブリッドモデルのスペックは不明です。

ターボモデルは設定されない??

「 乗用車ベースのクロスオーバーSUVとして登場したフォレスターですが、5代目となってSUVとしてのキャラクターがかなり強くなってきました。新開発の2.5L直噴エンジンは全域でパワーアップし、SUVに合うゆったりとしたパワー感を実現しています。よりパワーのあるターボエンジンを望む声があるのは存じておりますが、スバルとしては新型フォレスターには2.5L直噴エンジンとの組み合わせが最適と考えています 」

エンジン設計部の堀智宣さんがこの様に発言されているようです。

しかし現時点ではないが、可能性が0ではないとの発言も♪

ZEV規制に対応すべくPHEVモデルが設定の予定も

もはや一般的なハイブリッドカーは環境対応車としてカウントされなくなくなりつつあるようです。

噂されてるプラグインハイブリットに搭載される見込みのエンジンは、水平対向4気筒 1.6L 直噴ターボ DITプリウスPHVのシステムの組み合わせです。

  • 1.6L水平4気筒ターボエンジン
  • 最大出力:170ps/4800-5600回転
  • 最大トルク:25.5kg.m/1800-4800回転
  • モーター最高出力(駆動用/発電兼用):72PS・31PS
  • モーター最大トルク(駆動用/発電兼用):16.6kgm・4.1kgm

プリウスPHVのEV走行可能距離は60キロ以上になっており使い勝手がいいですので、新型フォレスターではどのくらいの航続距離を実現するか楽しみです。

また最新情報では、2.0L FB型エンジンが有力とのことです。EV走行距離は数十キロにも及ぶのも情報で入ってるようです。

走行性能を犠牲にしないよう大容量バッテリーはラゲッジ床下に配置され、移住性も損なわれない。

この辺はトヨタとの技術提供のノウハウが生かされます。

新型フォレスターの悪路走行性能も期待

スバル得意のAWDシステムは「シンメトリカルAWD」とが採用され悪路走行にも安定した走りを実現してくれます。

滑りやすい路面状況では

  • エンジン
  • トランスミッション
  • ブレーキ

これらを制御するX-MODEによって優れた走破性能を発揮します。

また一部仕様には2つの切り替えスイッチが搭載され路面状況に応じて切り替えれます。

また車体最低地上高はSUVとして十分な220mmを確保するとともに、アプローチアングル/ディパーチャーアングル・ランプブレークオーバーアングルを最大限に確保する。

【スポンサードリンク】

スバル グローバルプラットフォームを採用!

platform_pict_1

2016年10月に販売が開始された新型インプレッサに採用された新開発プラットフォーム「スバル グローバルプラットフォーム」の採用が決まっています!

当初から最低地上高が高い展開も想定されおり、ダブルウィッシュボーンリアサスペンションも取り付け位置が高くなることを想定している設計だ。

安全性・操縦性・強度を向上させてドライバーは勿論、同乗者の安全向上・疲れ・酔いなどを軽減させてくれるものです。

また安全性については事故が起きた際には、乗務員を守るためキャビン変形を最小限に抑える「新環状力骨構造ボディ」になっています。

このようにスバルはアイサイトとスバル グローバルプラットフォームを搭載することで安全運転支援や万が一の事故に対しての対策をしています。

元々スバル車は安全評価が高いクルマ作りをしていましたので、その評価に慢心せずに更なる安全性・走りの質感をあげてきます。

safety3_pict_3

またインプレッサで採用された歩行者保護エアバッグの搭載もあると思います。

今後のスバルは歩行者保護に力を入れてきます!

日本では狭い道路事情などで、世界と比べて歩行者の死亡事故が多い国ですので、こういった装備で少しでも被害減少があればいいですね。

新型フォレスターの先進・安全装備は?

今回フォレスターフルモデルチェンジに伴いスバル初「ドライバーモニタリングシステム」が採用されることになりました。

  • ドライバーの居眠り感知
  • シートポジション
  • ドアミラー角度
  • 空調設定

運転手ごとに設定を記憶してくれる機能が採用されております。

また乗員数に応じて空調を管理する「空調ヒューマンマシンインターフェース」も採用!

最近の車では当たり前になっている電動パーキング・ブレーキホールドを採用されます。

この機能は一度体験しちゃうと手放せなくなります!

アイサイト・ツーリングアシストも全車標準装備

レヴォーグD型から初搭載される「アイサイト・ツーリングアシスト」は以下の機能がグレードアップになっています。

  • オートクルーズとLKAの設定上限が135キロ
  • 渋滞時追従支援機能追加
  • アクティブレーンキープが全車速対応

今後の高速道路最高速引き上げに対応するため、ACCの設定上限が135キロになっているのもポイントです。

レクサスLCに搭載されているACCはリミッター180キロまで使用可能になっていて、今後は設定速度アップしてくる車が増えてくるでしょう。

渋滞時にもステアリングアシストしてくれるのでドライバーの疲労軽減に役立ってくれそうですね。

また室内安全装備としても

  • SRSエアバッグ(運転席/助手席)
  • SRSニーエアバッグ(運転席)
  • SRSサイドエアバッグ/SRSサイドカーテンエアバッグ
  • 合計7つのエアバッグを全車標準装備

新型フォレスターのエクステリアは?

  • 先代モデル

正にキープコンセプトとなっており、先代モデルとぱっと見変わりがないようにも見えます。

車に詳しくない人からしたらフルモデルチェンジしたって気づかないでしょう。

ジャスパーグリーン・メタリックをはじめ9色を設定

ボディサイズ

  • 全長:4625mm
  • 全幅:1815mm
  • 全高:1730mm
  • ホイールベース:2670mm

先代モデルと比較すると全長は30mm、全幅は20mm、全高が35mm拡大され一回り大きくなっているので、先代モデルと並べるとかなり違うでしょう。

ホイールベースも30mm拡張されているので室内空間も広く快適に♪

質感向上のインテリアにも注目

インテリアは質感が大幅に向上され、各所に合皮・ステッチが施され上質な室内を演出しています。

またブラウンを含む4色が用意されており、色による違いも楽しむことが出来ます。

オプションで用意される8インチナビはオーディオスイッチなどと一体になっており、質感が高く上級SUVに相応しいと言えます。

「Apple CarPlay」や「Android AutoTM」を採用し、更にWi-Fi hotspotやリモートエンジンスタートなどの機能も搭載される

  • 前席のシートバックに雑誌やスマートフォンを収納できるよう、3つに仕切ったポケットを設定。
  • 前席に加え後席用に最大2.1A出力の充電USBポートを採用。

ドア部分の合皮採用エリアも広く質感面では文句はないですね。

インプレッサからスバルのインテリアがよくなっているので、今後も期待が膨らみます。

【スポンサードリンク】

フルモデルチェンジ時期は2018年の秋から北米仕様の発売がスタート

新型フォレスターでは、XVとの差別化やボディサイズの拡大・搭載装備のグレードアップなどに伴い、値段の上昇も予想されて大体、250万円~350万円程度の価格になるでしょう。

プラグインハイブリッドの方は価格500万円との予想がされています。

ライバル達はどうなってる?

  • マツダ CX-5

2017年2月2日にフルモデルチェンジされたCX-5は内外装の質感向上にくわえて、走りの面でも大幅に進化しました。

AWD機能もスバルに迫る性能を持っていて評価も高いです。

G-ベクタリングコントロール搭載で誰でも運転が上手くなったようになれるのもいいですね♪

「新型CX-5・エンジン・価格・燃費・安全装備は?」

  • 日産 エクストレイル

2017年3月のビッグマイナーチェンジを行いエクステリアデザインを大幅に変更してきます。

またインテリアも質感向上させるなど人気SUVとしての価値を高めてきます。

自動運転「プロパイロット1.0」の搭載情報もありますので期待が出来ますね!

「エクストレイル マイナーチェンジ!エクステリアのデザイン変更」

  • トヨタ ハリアー

ラグジュアリーSUVのハリアーは6月にビッグマイナーチェンジをむかえました。

セーフティセンスP搭載やエクステリアデザイン変更・内装質感アップなど行われ商品力が大きく向上

目玉は2.0Lターボエンジン搭載グレードを追加!

レクサスSUV「NX」・「RX」などに採用されている

  • 8AR型2.0L直4ターボエンジン
  • 最大出力:238PS
  • 最大トルク:35.7kgm
  • 予想JC08燃費:13.0km/l

「2017年 新型 ハリアーにマイナーチェンジ!ダウンサイジングターボ搭載」

  • 三菱 パジェロ

三菱フラッグシップSUV「パジェロ」も2017年後半から2018年にかけてフルモデルチェンジを予定しています。

プラグインハイブリッドや新開発4WDシステムを採用してくる!

「新型パジェロのフルモデルチェンジは2017年後半~2018年」

新型フォレスター情報まとめ

「2018年 新型フォレスター フルモデルチェンジ!エンジン・価格・発売日は?」はいかがでしたか?

少し残念ポイントは、ヘッドライトがハイビームアシストにとどまる点ですね・・・

ここはアダプティハイビームを採用してほしかったところです!

SGPプラットフォームとスバルお得意のAWDの組み合わせでオンロード・オフロード問わず性能を発揮できるように磨きがかかります!

エクステリアはコンセプトモデルをベースにして、インテリアでは新型インプレッサで採用されたインパネをベースに、質感の高さとSUVらしさを融合させたデザインになる見込みです!

アメリカでは大人気のフォレスターが遂にフルモデルチェンジが2018年に予定されています。

スバル「XV」との差別化を図る今回のフルモデルチェンジ、フォレスター一つ上のランクに上げて販売されるでしょう!

正にスバルが販売するフラッグシップSUV存在となって、アメリカは元より日本でのセールスも期待したいですね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする