2018年 新型CX-8 マイナーチェンジされて新発売!ガソリンエンジン追加・価格は?

マツダが販売する人気SUV「CX-8」が2018年12月にマイナーチェンジされる情報が入ってきました。

今回の目玉はガソリンエンジングレードの追加になります。

現在はディーゼルモデルのみになっており、価格が高いことからガソリンモデル追加によってユーザーの選択肢拡大を狙うようだ。

今回はそんな新型CX-8のマイナーチェンジ情報をまとめてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年12月 新型CX-8 マイナーチェンジでエンジンは?

  • SKYACTIV-D 2.2
  • 排気量:2,188cc
  • 圧縮比:14.4
  • 最高出力(ネット):140kW〈190PS〉/4,500rpm
  • 最大トルク(ネット):450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm

現在搭載されているエンジンは一種類で、スカイアクティブディーゼルが採用されています。

ディーゼルならではのトルクによって乗車人数が増えても、走行性能を快適に保ってくれるのですが、やはり価格と音が気になるユーザーもいるとのことです。

そこでガソリンモデルがマイナーチェンジに合わせて設定される。

今のところの予定としては、2.5Lターボ・2.5L NAエンジンの候補があるようだ。

2.5Lターボは兄貴分である「CX-9」に搭載されて評価が高いSKYACYIV-G 2.5T

  • SKYACYIV-G 2.5T
  • 最大出力250hp/5000rpm
  • 最大トルク42.8kgm/2000rpm

2.5Lの排気量にターボの組み合わせでディーゼルに劣らないトルクを実現

またガソリンならではの高回転の伸びもあります!

もう一つ搭載の可能性があるのが2.5L NAです。

こちらはCX-5にも用意されているエンジンになります。

  • SKYACTIV-G 2.5
  • [2WD FF]
    最高出力:140kW〈190PS〉/6,000rpm
    最大トルク:252N・m〈25.7kgf・m〉/4,000rpm

  • [4WD]
    最高出力:138kW〈188PS〉/6,000rpm
    最大トルク:250N・m〈25.5kgf・m〉/4,000rpm

ターボかNAどちらになるか!

ターボエンジン搭載となると価格面ではディーゼルと大差なくなるので、わざわざ追加するメリットが薄い

またフラッグシップであるアテンザがマイナーチェンジで、2.5Lターボを追加してこなかったこともあり、NAエンジンがラインアップに加わる可能性が高いようだ。

更に中国向けモデルにはすでに2.5L NAエンジンが用意されているのでコスト面などを考慮するとNAエンジンになります。

2018年12月 新型CX-8 マイナーチェンジで他の変更点は?

  • 変更点①:画面拡大

予てからユーザーから不満があったマツダコネクトの画面拡大だ。

現在は7インチになっていますが、新型CX-8マイナーチェンジで8インチに拡大されるとのこと!アテンザでも8インチに拡大されていますので間違いないでしょう。

  • 変更点②:サンルーフ設定

現在CX-8にはサンルーフの設定がありません。

ユーザーからは不満の声が出ていますのでマイナーチェンジで設定されるとのこと

  • 変更点③:シートベンチレーションシート

こちらについても現在設定がなく、ベンチレーションシートの快適性を考えるとCX-8に欲しい装備であります。

アテンザはマイナーチェンジでベンチレーションシートを設定してきていますので、新型CX-8についても用意される。

2018年12月 新型CX-8 マイナーチェンジで安全装備もアップグレード

  • アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)
  • AT誤発進抑制制御[前進時]
  • スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]
  • AT誤発進抑制制御[後退時]
  • スマート・ブレーキ・サポート(SBS)
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC
  • レーンキープ・アシスト・システム(LAS)

現行モデルで搭載されている安全装備「i-ACTIVSENSE」は上記になっています。

新型CX-8 マイナーチェンジで機能の追加などはありませんが、システムのアップグレードが行われる。

現在の自動ブレーキシステムでは夜間歩行者が検知できませんが、マイナーチェンジによって「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)夜間歩行者検知機能付」にアップグレード

2018年12月 新型CX-8 マイナーチェンジの価格は?

ディーゼルモデルについては大きな変更がなく、価格据え置きか2.3万円程度の価格上昇になると思われます。

2.5Lターボエンジン追加の場合はディーゼルと大差ない価格設定となり、2.5L NAでは大幅に価格が下がる。

例としてCX-5ですと、ガソリン・ディーゼルとなると約30万円もの価格差が生まれる。

  • XD-FF:280万円
  • プロアクティブ:320万円
  • Lパッケージ360万円

各グレード2.5L NAが採用された場合の価格予想となり、300万を切るグレードも用意されお買い得感があります。

情報まとめ

「2018年 新型CX-8 マイナーチェンジされて新発売!ガソリンエンジン追加・価格は?」はいかがでしたか?

ディーゼルモデル一本なので、いままで買い控えていたユーザー獲得が狙いで設定のないサンルーフなどもアピールポイントになると思います。

  • ガソリンエンジン追加
  • マツダコネクト画面拡大
  • 安全装備アップグレード

注目の変更点は上記になっており、この他にも変更内容があると思われます。

ディーゼルモデル一本なので、いままで買い控えていたユーザー獲得が狙いで設定のないサンルーフなどもアピールポイントになると思います。

最新情報が入り次第随時お伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする