新型レガシィ アウトバックD型 2017年後半マイナーチェンジ!アイサイトver4搭載して安全性向上

SUV

スバルが販売するステーションワゴンとSUVの中間的存在「レガシィ アウトバック」がマイナーチェンジされてD型になることが判明しました。

2018年モデルとしてニューヨークモーターショー2017にて北米仕様が発表されました。

レガシィB4 D型はすでにシカゴモーターショーにて発表されています!

今回レガシィ アウトバックD型はマイナーチェンジで、エクステリアデザイン変更・走行性能向上・アイサイトver4採用が予定されていますので詳しく見ていきましょう♪

「2017年10月 新型レガシィB4 D型にマイナーチェンジ!デザイン・走行性能・安全性を強化して販売!」

レガシィ アウトバックD型のエクステリアは?

D型で変更されるエクステリアデザインは以下になります。

  • 新デザインのヘッドランプとグリルを採用することで水平基調を際立たせています。
  • フロントバンパーはSUVらしい力強い造形
  • リアバンパーはマッドブラック面積を拡大
  • 18インチアルミホイールは新デザインに変更
  • 新デザインLEDターンランプ付ドアミラーで空力や静粛性の向上

新デザインのヘッドライトは「ステアリング連動ヘッドランプ」になり、夜間走行時の安全性がアップしています。

インプレッサやフォレスターが採用しているものですね!

 

インプレッサ:ステアリング連動ヘッドランプ

アウトバックD型にマイナーチェンジで質感向上インテリア

インテリアは質感と使い勝手を向上させています。

D型のインテリア変更点は以下になります!

  • 7インチから8インチにナビゲーション拡大

センターベントグリルやエアコン操作パネルが一体型になり大幅に見た目が良くなっています。

ピアノブラックとシルバーの組み合わせがお洒落ですね。

  • ピアノブラック・シルバーフレームのパーツを随所に配置とリアルステッチの採用

リアルステッチと呼ばれるものを、インストルメントパネルとドアトリムに採用することで質感向上。

上品なイメージを与えてくれます。

  • 遮音性能をアップ

フロントドアガラスには特殊三層構造のシートを挟み込んだガラスを採用。

遮音性能を向上させることで、ロードノイズ・風きり音・雨音・エンジン音の低減に効果を発揮します。

  • 照明色変更

ドアスイッチなどD型ではレッドからホワイトに変更することで、上品な車内空間を演出してくれます。

  • 新デザインステアリング

スポーティなイメージを与えてくれるステアリングを新たに採用。

コメント

  1. 池田和樹 より:

    アウトバックの車線中央維持機能は時速60kmから働きます。

タイトルとURLをコピーしました