新型レガシィ アウトバックD型 2017年後半マイナーチェンジ!アイサイトver4搭載して安全性向上

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

スバルが販売するステーションワゴンとSUVの中間的存在「レガシィ アウトバック」がマイナーチェンジされてD型になることが判明しました。

2018年モデルとしてニューヨークモーターショー2017にて北米仕様が発表されました。

レガシィB4 D型はすでにシカゴモーターショーにて発表されています!

今回レガシィ アウトバックD型はマイナーチェンジで、エクステリアデザイン変更・走行性能向上・アイサイトver4採用が予定されていますので詳しく見ていきましょう♪

「2017年10月 新型レガシィB4 D型にマイナーチェンジ!デザイン・走行性能・安全性を強化して販売!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レガシィ アウトバックD型のエクステリアは?

D型で変更されるエクステリアデザインは以下になります。

  • 新デザインのヘッドランプとグリルを採用することで水平基調を際立たせています。
  • フロントバンパーはSUVらしい力強い造形
  • リアバンパーはマッドブラック面積を拡大
  • 18インチアルミホイールは新デザインに変更
  • 新デザインLEDターンランプ付ドアミラーで空力や静粛性の向上

新デザインのヘッドライトは「ステアリング連動ヘッドランプ」になり、夜間走行時の安全性がアップしています。

インプレッサやフォレスターが採用しているものですね!

アウトバックD型にマイナーチェンジで質感向上インテリア

インテリアは質感と使い勝手を向上させています。

D型のインテリア変更点は以下になります!

  • 7インチから8インチにナビゲーション拡大

センターベントグリルやエアコン操作パネルが一体型になり大幅に見た目が良くなっています。

ピアノブラックとシルバーの組み合わせがお洒落ですね。

  • ピアノブラック・シルバーフレームのパーツを随所に配置とリアルステッチの採用

リアルステッチと呼ばれるものを、インストルメントパネルとドアトリムに採用することで質感向上。

上品なイメージを与えてくれます。

  • 遮音性能をアップ

フロントドアガラスには特殊三層構造のシートを挟み込んだガラスを採用。

遮音性能を向上させることで、ロードノイズ・風きり音・雨音・エンジン音の低減に効果を発揮します。

  • 照明色変更

ドアスイッチなどD型ではレッドからホワイトに変更することで、上品な車内空間を演出してくれます。

  • 新デザインステアリング

スポーティなイメージを与えてくれるステアリングを新たに採用。

【スポンサードリンク】

D型にマイナーチェンジで進化する走る

エクステリア・インテリアだけではなく走りも進化するのは見逃せません。

  • サスペンションのチューニング最適化

操縦安定性と乗り心地を向上することで、フラッグシップに相応しい乗り味になっています。

  • 電動パワーステアリングの設定変更

サスペンションに合わせて、ステアリング特性を最適化することで自然な操舵フィーリングを実現

  • ブレーキの特性変更

ブレーキを踏んだ際に、剛性感を体感できるようにチューニングされています。

しっかりとしたブレーキフォールを実現しています。

  • エンジン・トランスミッションも変更

搭載エンジンに変更張りませんが、CVTと合わせて細かい設定変更することでメリハリのある加速感を実現しています。

北米仕様のスペック

【2018年型「アウトバック」の主な仕様】(米国仕様)

2.5i 3.6R
ボディサイズ
(全長×全幅×全高)
4,824 x 1,840 x 1,680*4mm
ホイールベース 2,745 mm
最低地上高 220 mm
エンジン 2.5ℓ水平対向4気筒
FB25エンジン
3.6ℓ水平対向6気筒
EZ36エンジン
排気量 2,498cc 3,630cc
トランスミッション リニアトロニック*5
最高出力 175hp/5,800rpm 256hp/6,000rpm
最大トルク 174lb.-ft./4,000rpm 247lb.-ft./4,400rpm
タイヤサイズ 225/65 R17、225/60 R18
乗車定員 5名

北米仕様では3.6Lが用意されているのが羨ましいですね。

日本仕様は2.5L水平対向4気等のみのラインアップは変わらないでしょう!

マイナーチェンジでアイサイトパワーアップ

今回の大幅改良では、運転支援システム「アイサイト」の進化をはじめとして、強みである安全性能を更に強化。「アイサイト」の機能として、後退時自動ブレーキシステムを追加し、全車速域追従機能付クルーズコントロールの車速域を0km/h~約120km/hに拡大したほか、「アイサイトセイフティプラス」としてフロント&サイドビューモニターや、ハイビーム照射時に対向車・先行車への眩惑を防ぐアダプティブドライビングビームを採用。更に、ステアリング連動ヘッドランプも搭載し、全方位の安全性能を大幅に高めています。

引用元https://www.subaru.co.jp/press/news/2017_09_04_4680/

アイサイトは今後も進化を続けていくので楽しみな一台となっていますね♪

自動ブレーキが普及すれば事故も減ってきますので、全車標準装備となるように願っています!

改良内容

■ 安全性能
・ アイサイト
◆後退時自動ブレーキシステム
◆全車速追従機能付クルーズコントロール車速域拡大(0km/h~約120km/h)
・ アイサイトセイフティプラス
◆フロント&サイドビューモニター
◆アダプティブドライビングビーム
・ ステアリング連動ヘッドランプ
・ リヤビューカメラにステアリング連動ガイド線機能を追加

■ 走行性能
・ フロント&リヤサスペンション改良
・ 電動パワーステアリング改良
・ ブレーキブースター特性変更
・ エンジンの部品軽量化、フリクション低減
・ エンジン制御の最適化
・ リニアトロニックチェーンのショートピッチ化
・ リニアトロニックの再キックダウン制御採用
・ リニアトロニックのマニュアルモード時7段変速を採用

■ エクステリア
・ 新デザインLEDハイ&ロービームランプ
・ 新デザインフロントグリル
・ 新デザインフロントバンパー
・ LEDフロントフォグランプ*2、新デザインフロントフォグカバー*2
・ 新デザイン17インチアルミホイール*3
・ 新デザイン18インチアルミホイール*4
・ 新デザインリヤバンパー*2
・ 新ボディカラー「ワイルドネスグリーン・メタリック」*5「クリムゾンレッド・パール」追加
・ 新デザインLEDサイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー(ターンインジケーター付)

■ インテリア
・ 新デザインセンターパネル
・ 新デザイン本革巻ステアリングホイール(ステアリングヒーター付)
・ オーディオリモートコントロールスイッチ*6
・ オートドアロック・アンロック機能
・ 各種操作系表示の視認性向上
・ USB電源(リヤ2)
・ 新型8インチビルトインナビ*7

*2: B4のみ
*3: アウトバックのうち、グレード「OUTBACK」のみ
*4: グレード「OUTBACK Limited」「B4 Limited」にそれぞれ新デザインで採用
*5: アウトバックのみ
*6: 従来はディーラー装着オプション
*7: ディーラー装着オプション

 価格は?

  • OUTBACK:3,294,000円
  • OUTBACK Limited :3,564,000円

まとめ

「新型レガシィ アウトバックD型 2017年後半マイナーチェンジ!アイサイトver4搭載して安全性向上」はいかがでしたか?

レガシィB4とともにマイナーチェンジして、熟成されるアウトバックは魅力的な一台です。

ただエンジンラインナップが2.5Lオンリーなのはちょっと残念な部分です。

現行レガシィオーナーでも不満を持っている方が多いようです。

フルモデルチェンジはまだ先ですが、その際にはどのようなエンジンを採用してくるか気になりますね。

また最新情報が入りましたらすぐにお伝えしますね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 池田和樹 より:

    アウトバックの車線中央維持機能は時速60kmから働きます。