2017年 新型 ハリアー マイナーチェンジ!ダウンサイジングターボ搭載して走りを強化!

シェアする

現在、日本国内でSUVジャンルをヴェゼルと1・2位を争う人気の「トヨタ ハリアー」!

6月には特別仕様車と一部改良がありましたが本格的なマイナーチェンジは、2017年6月8日から販売開始されます

2016年6月 ハリアーに特別仕様車「Style ASH」を追加してマイナーチェンジ(一部改良)

モデルライフの折り返しということもあり、エクステリアなども含めて大幅な変更が加えられ進化して登場します。

今回はそんな新型ハリアーの判明している情報をまとめてみました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年マイナーチェンジでダウンサイジングターボ搭載へ!

technology_powerunit_turbo_03_pc

一番の目玉といえるのが、レクサスNX・GS・トヨタ クラウンに搭載され始めた「8AR型2.0L直4ターボエンジン」が注目と言えます!

  • 最大出力:231PS
  • 最大トルク:35.7kgm
  • JC08燃費:13.0km/l

ツインスクロールターボ・吸排気バルブタイミング制御VVT-iW・アイドリングストップなどの技術が詰まったエンジンになっており、トヨタブランドでのFF車搭載は新型ハリアーが初となります!

レクサスSUVではRX・NXに採用されているものになっています。

トランスミッションは6速AT採用

レクサスに搭載されているものより7PS出力は低いですが、最大トルクは同等になっています。

またこのダウンサイジングターボエンジン搭載モデルを追加しますが、既存の2.0Lと2.5L+ハイブリッドは、継続販売されるますのでユーザーの用途に合わせて選択できますね♪

走りを楽しむターボモデル・バランスの取れたNA2.0L・燃費性能+動力性能の両立したハイブリッドと、ユーザーの選択幅を広げてくれますね♪

マイナーチェンジで追加されるターボモデル装備は?

ハリアーターボ専用装備

  • スモーク調メッキ加飾ヘッドランプ
  • 専用フロントグリル(アッパー)
  • 専用フロントグリル(ロア)
  • シート表皮 : ウルトラスエード+合成皮革(ブラック×レッド)
  • シフトパネル(メタルカーボン)
  • 本革巻き3本スポークステアリングホイール(レッドステッチ×ディンプル加工)
  • 専用18インチアルミホイール
  • フロント・リアにパフォーマンスダンパー
  • SPORTモード追加

などの専用装備が与えられ、走りを楽しむユーザー向けに販売されるとの事!

インテリアにも専用デザインが採用されて、スポーティな仕上がりになりそうですね。

パフォーマンスダンパーはレクサスFスポーツモデルに採用されているもので、乗り心地や走行性能向上させるパーツになります。

ますます選択肢が増える新型ハリアーは楽しみになってきます!

新型ハリアーの価格は?

約15万円程度の価格上昇になっています。

しかし改良内容をみると15万円は安いと感じますね♪

2.0Lガソリンモデル

  • LLEGANCE:294.9万円
  • PREMIUM:324.9万円
  • PROGRESS:378.0万円
  • PREMIUM Metal & Leather Package:359.9万円
  • PROGRESS Metal & Leather Package:412.9万円

ターボモデル

  • ELLEGANCE:338.0万円
  • PREMIUM:351.9万円
  • PROGRESS:405.0万円
  • PREMIUM Metal & Leather Package:385.0万円
  • PROGRESS Metal & Leather Package:438.0万円

ハイブリッドモデル

  • ELLEGANCE:377.4万円
  • PREMIUM:407.4万円
  • PROGRESS:460.4万円
  • PREMIUM Metal & Leather Package:442.4万円
  • PROGRESS Metal & Leather Package:495.3万円

Metal & Leather Packagehの装備は?

約35万円前後で以下の装備が追加されます。

  • 運転席助手席パワーシート
  • シート表皮プレミアムナッパレザー
  • シートベンチレーション&シートヒーター
  • 本アルミインテリアパネル

この装備を見るとレクサスにも負けていない品質といえますね。

元々質感が高かったハリアーを更にパワーアップさせますので、他のライバルSUVにとって脅威となりますね。

レクサスNXと比較するとコストパフォーマスはハリアーですが、やはりレクサスブランドは強いと思います。

マイナーチェンジでセーフティセンスP搭載

現行ハリアーに搭載されている安全運転支援システムは「プリクラッシュセーフティー」と呼ばれるものが採用されていますが、2017年マイナーチェンジでは「セーフティセンスP」採用してきます。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)

搭載された単眼カメラとミリ波レーダーによって歩行者・先行車を感知して衝突の危険性が迫った場合は、ブザーとディスプレイにて警告

その際にブレーキを踏んだらブレーキ力のアシストが入ります。

運転手のブレーキ操作がない場合は、自動ブレーキが掛かって衝突回避または軽減を行います。

  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)

搭載された単眼カメラによって道路線を感知して、車線逸脱の恐れがある場合はブザーとディスプレイにて警告

また車線逸脱回避しやすいようにステアリングアシストが入ります。

  • アダプティブハイビームシステム(AHS)

LED制御をおこなって対向車にハイビームを当てないようします。

運転手の視界は確保しながら迷惑ならないので夜間走行に安心を与えてくれます。

  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付/全車速追従機能付)

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識してセットした車速で車間距離を保ってくれます。

また停止まで車が制御して、先行車が発進したらスイッチかアクセルで再び追従してくれます。

上記の総合安全運転支援システムになっており、より快適で安全性の高いものに置き換わるようです。

「トヨタセーフティセンスCとPの違い!搭載車種・機能・性能は?」

歩行者対応や車線キープなど注目のシステムですので、新型ハリアーの魅力をワンランク高めてくれるでしょう♪

クリアランスソナーも強化!

PROGRESS “Metal and Leather Package”、PROGRESSに標準装備。その他のグレードにメーカーオプション

  • 低速走行時・アクセルが踏まれない場合も作動するように改良されます。
  • 超音波センサーを8個装備
  • 右左折時やハンドルが切れている状態でも衝突緩和が可能
  • ワイパー高速作動時も作動

電動パーキングブレーキの標準装備!

今回マイナーチェンジで気合が入っているのは電動パーキングブレーキの全グレード標準装備!

質感の高いハリアーでしたが足ふみ式パーキングでしたので、CX-5・C-HR・NXなどと比べると弱点でした。

レクサスISでも採用されなかった電動パーキングが標準装備とは豪華です。

また電動パーキング採用に伴い「オートホールド機能」も追加。

信号待ちなどでブレーキ保持をしてくれるので運転手の負担が軽減されます。

この機能を知ってしまうと手放せません!

2017年ハリアー マイナーチェンジではエクステリアは?

  • 前後バンパー形状変更
  • ヘッドランプ・ブレーキランプの新デザイン
  • アダプティブLEDヘッドライト
  • シーケンシャルウィンカー採用
  • 新デザインホイール
  • 新色の追加
  • サイドミラー下に照明追加

などが予定されており、ヘッドライトやブレーキランプはLEDポジションの光り方も変更される。

またバンパーデザインもよりワイドで迫力のあるものになり、SUVが持つ力強さが強調されます。

大がかりなマイナーチェンジになっており、よりスタイリッシュでカッコいい新型ハリアーに進化しました。

ELEGANCE(ハイブリッド車・ガソリン車)を除く全車に標準装備にシーケンシャルウィンカーが装備されるようです。

ヘッドライトも進化

  • ELEGANCE(ハイブリッド車・ガソリン車)を除く全車に標準装備

アダプティブLEDヘッドライトの採用もポイントで、今までのオートハイビームが進化して、他の車にハイビームを当てないで、それ以外はハイビームによる視界確保をしてくれます。

この機能も一部車種にしか搭載されておらず、今回のハリアーは本当に気合が入ってるとわかりますね。

インテリアの質感向上!

  • 茶色系ダークサドルタンを新たに追加
  • 運転席オートスライドアウェイ機能
  • ナビゲーション画面が9.2インチに拡大
  • 上級グレードはアルミ削り出しシフトパネル
  • 上級グレードは前席シートベンチレーション
  • ドアノブパネルがピアノブラック
  • カードキーが追加

内装では、シート表皮の変更やメッキパーツの追加などが予定されていますので、現行モデルでも上質なインテリアでしたが、更に質感向上されてパワーアップします。

パワーバックドアに予約ロック機能を追加することで、ドアが閉まるまで待つ必要がなくなり利便性向上します。

またマルチインフォーメーションディスプレイでパワーバックドアの開度を5段階調整でき、更に設定した高さを記憶させることが出来ます。

300万台で購入できる車としては、かなりコストパフォーマンス高い一台になりそうなのです!

Metal & Leather Packagehグレードに用意されている「シートベンチレーション」も嬉しいポイントです。

レクサス車でも本革仕様じゃないとついてこなかったり、国産車・外車などでも一部車種でしたか設定がありません。

「Metal & Leather Packagehグレード」では本アルミ・ナッパーレザーを使用したグレードも用意したりと、レクサスNXを脅かす存在に進化します。

情報まとめ

「2017年 新型 ハリアー マイナーチェンジ!ダウンサイジングターボ搭載して走りを強化!」はいかがでしたか?

ターボモデルの追加によって走行性能が向上される新型ハリアーに注目ですね♪

価格的にハイブリッドモデルかターボモデル悩むところで難しいですね!

G’s ハリアーでターボグレード設定されたら面白そうです♪

「話題のトヨタG’sグレードってなに?ラインナップ・価格・走りは?」

今後成長していくSUVジャンルなので、こういったユーザーの選択幅を広げていくことで顧客の獲得につながっていきますね。

またレクサスNXとの差がかなり縮まるので、NXマイナーチェンジでユーザーがどちらを選択するか悩むと思います。

ハリアーの隙のない改良で、ますます人気車になること間違いなしですね♪

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

Gb3AT6bO

↑↑その他トヨタ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 猿の惑星2 より:

    もうそろそろ
    スマホで キー 望む!!

    • hikaru より:

      スマホがカギになれば便利ですね!ただスマホの乗っ取りなど考えるとちょっと怖いですが。

  2. 山本千美則 より:

    マイナーチェンジのハリアーのカタログはまだありませをんか?

    • hikaru より:

      画質が悪いものなどしかなく、鮮明なカタログ画像がまだありません。
      カタログ画像が見つかったら紹介しますね♪

  3. あぅ より:

    シートベンチと流動LEDとセーフティセンスPまできたか!
    メジャーアップデート並みだな、もうw

    あとはヘッドアップディスプレイとパノラマルーフさえあれば・・・!!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です