2017年7月 新型ヴォクシー、ノアがマイナーチェンジ!変更点や価格は?

シェアする

トヨタが販売する人気5ナンバーミニバン「ヴォクシー」・「ノア」が2017年7月にビッグマイナーチェンジをして新発売されることが判明しました。

この二台は兄弟車になっており、外観が違う程度になっています。

エアロモデルは寸法上3ナンバーサイズになっていて、ヴォクシー購入者の約7割はエアロモデルを選択しているのに対して、ノア購入者は約4割程度になっているデータがあります。

同じ兄弟車でもキャラクターの違いが明確に現れる結果になってます♪

2016年にも一部改良が行われましたが、そのときは「トヨタセーフティセンスC」を搭載する程度にとどまり大きな変更点はありませんでした。

「トヨタセーフティセンスCとPの違い!搭載車種・機能・性能は?」

今回2017年の新型ヴォクシー、ノアではエクステリアデザイン変更やエンジンの改良が予定されており、ステップワゴンハイブリッドの登場前に先手を打つようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年  新型ヴォクシー、ノアはマイナーチェンジでエクステリアデザイン変更

まず最近のトヨタ車共通デザイン「 キーンルック」を採用したものに変更されます。

中央のエンブレムを中心にしてV字を描くように広がって、ロアグリル部分も開口部が車両底部まで開いたデザインを採用してきます。

バンパー内のインテークは中央と左右に分割され上品で優雅な顔つきに変更されます。

最近ビッグマイナーチェンジした「マークX」もこのキーンルックを基本に大胆なフロントデザインを採用

carlineup_markx_exterior_top_pic_01_01_pc

またバンパーデザインの変更だけではなく、ヘッドランプ・テールランプも新たなデザインのものが採用されます。

ヘッドランプも大幅に変更が加えられ新型マークX・新型レクサスISのような特徴あるLEDヘッドランプデザインを採用してきます。

carlineup_markx_performance_top_pic_07

160425_is_a

現行型ではロービームはLEDですがハイビームはハロゲン・ウィンカーは電球になっており、2017年 新型ヴォクシー、ノアのマイナーチェンジでデザイン変更と共にフルLEDヘッドランプ採用の可能性もありそうですね。

またテールランプデザインにも手が入るようで、ハリアーやヴィッツハイブリッドのような「導光式 テールランプ」に変更される

テールのウィンカーもLEDに変更があるかもしれませんね♪

TOYOTA_Harrier_9

vit1701_06_s-20170112142639-618x448

アルミホイールも新しいデザインのものに切り替わるようです。

グレード別装備は?

全車共通装備は、赤外線カットフロントウィンドウガラス・電動スライドドア予約ロック・USB端子2個(インパネ)・助手席シートバックテーブル

などになっいて、予約ロックはヴェルファイアで採用されたもので、ドアが閉まると自動的にロックされますので、いちいち待ってなくていいので便利です。

ハイブリッドZS

  • LEDフォグ
  • バックドアイージークローザー
  • クルコン
  • インテリアパネル ピアノブラック
  • コンソールボックス(蓋つき)
  • USB端子2個(コンソール内)
  • 室内ドアハンドル ブラック塗装
  • 専用シートカラー&表皮
  • ブラック天井トリム

ハイブリッドV

  • LEDフォグ
  • バックドアイージークローザー
  • 赤外線カットガラス(フロントドア)
  • スーパーUVカットサイドウィンドウ
  • ピアノブラックパネル
  • コンソールボックス(蓋つき)
  • USB端子2個(コンソール内)
  • 合皮ドアトリム
  • メッキ室内ドアハンドル
  • ブラック天井トリム

ハイブリッドX

  • クルーズコントロール
  • コンソールボックス(蓋つき)
  • USB端子2個(コンソール内)

ガソリン ZS

  • LEDフォグ
  • バックドアイージークローザー
  • クルコン
  • インフォメーションディスプレイ
  • インテリアパネル ピアノブラック
  • 室内ドアハンドル ブラック塗装
  • LEDダウンライト
  • 専用シートカラー&表皮
  • ブラック天井トリム

ガソリン V

  • LEDフォグ
  • バックドアイージークローザー
  • 赤外線カットガラス(フロントドア)
  • スーパーUVカットサイドウィンドウ
  • ピアノブラックパネル
  • LEDダウンライト
  • 合皮ドアトリム
  • フロントシートヒーター
  • ブラック天井トリム

ガソリン X

  • クルコン
  • LEDダウンライト
  • イモビライザー

2017年  新型ヴォクシー、ノアはマイナーチェンジで新エンジン搭載か?

まだ確定ではありませんが、「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれる新エンジンの採用の可能性があるようですので解説していきたいと思います。

TNGAに基づき開発されたもので将来的にエンジン種類40パーセント削減を目指していく方針になっています。

これは2017年6月販売予定の新型カムリに搭載されるエンジンです!

  • ガソリンモデル
  • 直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン D-4S
  • 最高出力:205ps/6600rpm
  • 最大トルク:250Nm/4800rpm
  • ハイブリッドモデル
  • 直列4気筒 2.5リッター直噴エンジン D-4S
  • 最高出力:176ps/5700rpm
  • 最大トルク:220Nm/3600-5200rpm

ガソリンモデル最大熱効率40%・ハイブリッドモデルでは最大熱効率41%を達成している野が特徴です。

また従来エンジンでは、ドライバーが絶妙にエコドライブしたときに燃費性能が発揮されるものだったのですが、「ダイナミックフォースエンジン」ではより広い範囲で設計どおりの燃費性能を発揮できるようになっています。

また新エンジンと組み合わされる新型8速オートマチックトランスミッション「ダイレクト シフト-8AT」と組み合わせることで燃費・動力性能・環境性能の向上が見込まれます。

  • 燃費:約20%向上
  • 動力性能:約10%向上
  • 排気性能:PM(粒子状物質)粒子数6割削減

2021年までには9機種、17バリエーションの展開を予定しており、今後販売される新型車に採用が広がっていくでしょう。

搭載の可能性はある?

仮に2017年 新型ヴォクシー、ノアはマイナーチェンジで採用してくるのであれば、排気量2.5Lのままで販売する可能性はないので、2.0Lに変更してくるでしょう。

しかし新型車でもないので手間やコストを考慮すると、可能性は限りなく低いと思われます。

現段階で情報は少ないので可能性は0ではありませんので、続報が入り次第お伝えしますね!

それよりも注目は「セーフティセンスC」のアップグレードです!

2017年  新型ヴォクシー、ノアはセーフティセンスCが歩行者対応に?

2016年1月の一部改良にて衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」が搭載されるようになりました。

プリクラッシュセーフティシステム

レーザーレーダーと単眼カメラの組み合わせで前方を見張って衝突の危険がある場合は、

  1. 警報
  2. ブレーキアシスト
  3. 自動ブレーキ

のアシストを行い衝突の回避又は軽減をしてくれます。

警報は自車速度約15km/h~140km/h・自動ブレーキは自車速度約10km/h~80km/hで作動します。

レーンディパーチャーアラート

搭載された単眼カメラで車線を読み取り、ウィンカー操作をしないまま車線から遺脱する危険がある場合にブザーとディスプレイにて注意促します。

作動条件は幅約3m以上の車線を約50km/h以上で走行になっており、自動車専用道路・高速道路などで有効ですね。

オートマチックハイビーム

夜間走行などでいちいちハイロー切り替え面倒ですよね・・・

この機能は単眼カメラで対向車の光などを検地して、自動的にハイビーム・ロービームの切り替えを行ってくれるものです。

時速30キロ以上で走行すると作動するようになってます。

先行車発進告知機能

自分が動かないまま先行車が4メートル以上離れた場合、ブザーとディスプレイにて知らせてくれる機能です。

上記の機能が現在ヴォクシー・ノアに搭載されている「セーフティセンスC」になっています。

十分な機能かなと思われますが、ライバルの「ステップワゴン」「セレナ」をみてみると自動ブレーキが歩行者対応になっています・・・

他にもレーンキープや追従式クルーズコントロールなど先進装備では遅れをとっているのが現状です。

マイナーチェンジで上級バージョン「セーフティセンスP」の採用は考えにくいです。

「トヨタセーフティセンスCとPの違い!搭載車種・機能・性能は?」

そこでトヨタは、自動ブレーキ用単眼カメラのハードウエア・ソフトウエアの変更はしないで、ソフトウェアのアップグレードによって検地できる障害物を拡大する方針のようです。

これであればコストを最小限に抑えることが可能ですから、2017年のマイナーチェンジで機能のアップグレードがあるのではないでしょうか?

フルモデルチェンジまで戦うため是非とも採用してもらいたいですね。

ライバルたちも黙ってない。

現状の販売台数ではヴォクシーが一人がち状態が続いてます。

しかしライバルたちも指をくわえて見てるはずがなく、ハイブリッドモデルの追加が検証されてます。

セレナ e-POWER

いま搭載されてるハイブリッドはマイルドハイブリッドで、本格的なシステムではありません。

そこで日産はノートe-POWERに採用しているレンジエクステンダーEVを、セレナに搭載する計画があります。

現在JC08燃費:24.0km/lで開発が進んでると情報があるので、ヴォクシー・ノア ハイブリッドの燃費23.8km/lを超えるかもしれませんね。

「新型セレナ レンジエクステンダーEV「e-POWER 」2017年発売」

ステップワゴン ハイブリッド

1.5Lダウンサイジングターボ・わくわくゲートなど他社にない装備があるのですが、いまいち販売が伸びないステップワゴンも2017年9月~10月にマイナーチェンジされます。

デザインの大幅変更にくわえて、遂にハイブリッドモデル追加がされるようです。

1.5Lエンジン+1モーター2クラッチ式・2.0Lエンジン+2モーター式のどちらかを採用してくるかまだ不明ですが、JC08燃費27.0km/l突破の情報があります。

「燃費27.0km/l突破!?新型ステップワゴン ハイブリッド」

G’sモデル販売いったん終了

今回の変更を受けて、走りを強化した「G’sグレード」がいったん廃止されます。

G’sからGRに名称変更されるので、それに合わせて販売が終了しますので、G’sモデルが欲しい方は今のうちの購入したほうが良いでしょう。

ただGRモデルで販売されると思われますので、また変更点などあるでしょうから待てる方はそちらを待ってみるのも良いですね♪

情報まとめ

「2017年7月 新型ヴォクシー、ノアがマイナーチェンジ!変更点や価格は?」はいかがでしたか?

まだまだ情報が少なく予想になっていますが、今回のマイナーチェンジはかなり力を入れてくるでしょう。

デザインの変更がどのようになるのか楽しみですね♪

サプライズで新エンジン搭載して燃費・動力性能向上させてきたら話題にもなります。

詳細情報が入り次第お伝えしますので楽しみに待っててくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 坂田光彦 より:

    新型ヴォクシーハイブリット煌きにクルーズコントロールを是非に標準装着して欲しい。煌きは、ヴォクシーの中では高級であるはずなのに標準装備してないのは何故?煌きよりも下級であるはずのハイブリッドVには標準装備してあるのには納得できない。煌きには、全ての機能を備えてほしい。

    • すけこうすけし より:

      内装のV外装のZSですからね。

      ハイブリッドVにモデリスタツアラーのエアロ付けたのがが一番高級ですよ!?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です