2020年頃 新型ヴォクシー、ノアがフルモデルチェンジ!エンジン・価格・安全装備は?

2014年に発売されたヴォクシー・ノアは、ライバルである「ステップワゴン」・「セレナ」と販売台数を比較しても負けていません。

この3台の中では一番古いモデルになりますが、総合的な評価によって人気は衰えません。

そんな人気ミニバンが2020年頃に新型ヴォクシー・ノアとしてフルモデルチェンジされる世手になっています。

新開発エンジンと安全装備のグレードアップが予定されていますので、今現在判明している情報と予想をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型ヴォクシー、ノアのフルモデルチェンジ搭載されるエンジンは?

トヨタがTNGAに基づき開発した新エンジン「ダイナミックフォースエンジン」の搭載可能性が高いと思われます。

新型カムリより搭載されるエンジンで熱効率はガソリン40%・HV専用41%と世界トップレベルを誇ります。

またガソリンモデルは新開発8速ATとの組み合わせで、燃費:約20%向上・動力性能:約10%向上

ハイブリッドは専用「2.5L ダイナミック フォース エンジン用THSⅡ」を搭載して、従来の2.5L+THSⅡと比べると燃費最大20パーセント向上・40キロ~70キロの中間加速10パーセント短縮

環境性能も向上させながらも動力性能アップを両立した技術になっています。

  • 2.5Lガソリン用エンジン
  • 最高出力:205ps/6600rpm
  • 最大トルク:25.5kg-m/4800rpm
  • トランスミッション:ダイレクト シフト-8AT
  • 2.5Lハイブリッド用エンジン
  • 最高出力:176ps/5700rpm
  • 最大トルク:22.4kg-m/3600-5200rpm

新型ヴォクシー、ノアでは2.0Lを搭載

フルモデルチェンジでは2.5Lのエンジンは採用されずに、先日発表された2.0Lバージョンを採用

  • 高速燃焼技術
  • 可変制御システム
  • 排気・冷却・機械作動時

これらの技術によって現在搭載されている2.0Lエンジンを燃費・出力を向上

ガソリンモデルはライバルを上回る燃費性能が期待されます。

  • ガソリンエンジンのスペック
  • 最高出力(kW/rpm)126/6,600
  • 最大トルク(N・m/rpm)205/4,800

馬力は約170PSとなっており、現行モデルが150PSですのでよりパワフルで環境性能も向上ですね。

当然ハイブリッドも新開発エンジン・システムを採用

現行1.8Lよりも20%小型化され、10%の軽量を実現

  • 最高出力(kW/rpm)107/6,000
  • 最大トルク(N・m/rpm)180/4,400
  • トランスアクスルタイプ 2モーター機械分配式
  • モーター最高出力 80kw(109PS)
  • モーター最大トルク 202N・m(20.6kgf・m)

このハイブリッドではドライバーの運転行動やナビゲーションの地図情報を元に、ハイブリッドバッテリーの充放電を制御する機能を搭載!

新型「無段変速機(CVT)」-Direct Shift-CVT-

トランスミッションも従来のCVTと変更はありませんが、新開発のCVTとなっており最大の特徴は発進用のギアを備える点です。

いままでのベルト駆動では発進時にパワーロスがありましたが、ギアを搭載することで誰区と名発進・無駄なロスを減らすことで燃費向上。

また変速スピードもDCT(ダブルクラッチミッション)よりも素早いのもポイント

新型ヴォクシー、ノア フルモデルチェンジで先進装備を充実

新開発エンジンに加えて先進装備を充実させてくる。

まず搭載が予想されるのは「電動パーキングブレーキ」でしょう!

新型セレナがクラス初採用したことで話題になって、ステップワゴンハイブリッドでも採用されてきます。

新型ヴォクシー、ノアでもそれに続いて搭載する。

電動パーキングブレーキが採用されれば、全車速対応クルーズコントロールも搭載されます♪

今現在、全車速オートクルーズが採用されていないのはヴィクシー・ノアです。

せめて追従式オートクルーズ採用されていればよかったのですが・・・

またクラス初に拘るのであれば、ヘッドアップディスプレイなども考えられます。

先進安全装備は「インテリジェントクリアランスソナー」が一部グレードまたはメーカーオプションで用意される可能性もありますね。

ミニバンだったらヴェルファイア、アルファードが採用していて、障害物にぶつかりそうになったら自動的にブレーキをかけてくれる装備です。

新型ヴォクシー、ノアでは第二世代セーフティセンス搭載

【スポンサードリンク】

現行型では自動ブレーキシステム「セーフティセンスC」が採用されています。

  • プリクラッシュセーフティー

搭載されたセンサーで前方の障害物・車を感知して状況に応じてドライバーに警告したり自動的にブレーキ制御することで、衝突の回避または軽減を行ってくれます。

  • レーンディパーチャーアラート

ウィンカー操作がない状態で車線から逸脱する恐れがある場合は、ドライバーにディスプレイとブザーで警告を促します。

  • オートマチックハイビーム

周囲の明るさやヘッドランプ・ブレーキランプを検知してハイビーム・ロービームを自動的に切化してくれます。

  • 先行車発進告知機能

信号待ちなどで停止してる状態で先行車が発進しても、自分が動かなかった場合はディスプレイとブザーでお知らせ。

などのパッケージングになっていますが、歩行者対応していない点は家族を乗せる機会が多いミニバンでは物足りないです。

特にライバルのステップワゴン、セレナなどは歩行者対応の自動ブレーキを搭載!

またヴォクシー、ノアにはない「ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉」なども対応しています。

現行型では安全装備を比較してしまうと負ける部分が多いのが現状です。

しかし新型へフルモデルチェンジでは第二世代セーフティセンスの搭載が確実です。

第二世代セーフティセンスでは、いままで検知できなかった夜間の歩行者・自転車などに対応できるようになり、またユニットの小型化によってコンパクトカーにも搭載が可能になりました。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • レーンディパーチャーアラート
  • アダプティブハイビームシステム
  • レーダークルーズコントロール
  • ロードサインアシスト(RSA)
  • 先行者発進告知

このように安全面・利便性が大きく向上します。

現行モデルではライバルと比較して大きく引き離される点でしたので、新型に期待が持てます。

新型ヴォクシー、ノアのフルモデルチェンジのエクステリアデザインはキープコンセプト

現行型をベースにデザインコンセプトの変更はなく、ヴォクシーでは引き続き二段ヘッドランプの採用、ノアでは大型メッキグリルを採用してきます。

驚くような変更はなく正常進化となります。

最近はヘッドランプ以外にもウィンカー、バックランプなどがフルLEDになっているので新型ヴォクシー、ノアでもLED仕様になるかもしれませんね。

また流れるウィンカー「シーケンシャルウィンカー」の搭載も期待が出来ます!

C-HRに続いてハリアー マイナーチェンジで採用されますので、今後は採用車が拡大されていくと思われます。

インテリアは?

現行型の2列目はロングスライドに対応しているため、3列目を使用しないときにはゆとりある空間があらわれます。

新型でもロングスライドは採用されて、2列目のバージョンアップが予想されますね!

ヴェルファイア、アルファードのようにオットマンが標準装備されるのではないでしょうか?

現在でもオプションで用意されていますが、使い勝手が悪いようなのでシートに内臓されれば便利です。

特別仕様車にも期待

特別仕様車の煌き、走りを強化したGsなど、新型でも設定されるでしょうからそちらにも期待がされます。

販売から1年程度経過して一部改良マイナーチェンジで追加されると予想できます。

発売日や価格は?

まだハッキリとした発売日は決まっていませんが、2019年~2020年頃に登場されるとなっています。

販売価格は現行型+15万円~20万円程度のアップとなるようです。

安全装備のアップグレードや先進装備の搭載などが影響するのでしょう。

情報まとめ

「2020年頃 新型ヴォクシー、ノアがフルモデルチェンジ!エンジン・価格・安全装備は?」はいかがでしたか?

まだまだ明確な情報が少なく予想が多いですが、安全装備の歩行者対応が確実でしょう。

現在ライバルと比べると、安全運転支援システムの機能で劣っているのが現状です・・・

最近のトヨタ車ではマイナーチェンジで装備が良くなることが多いので、フルモデルチェンジには結構期待できると思います。

売れ筋であるヴォクシー、ノアが新型になることで、どのように変わるのか今から楽しみですね♪

新しい情報が入り次第お伝えしますので楽しみに待っててください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする