2020年 新型ヴェルファイア、アルファードにフルモデルチェンジ!搭載エンジン・ハイブリッドは?

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

トヨタが販売する大人気フラッグシップミニバン「ヴェルファイア」「アルファード」が2020年頃にフルモデルチェンジされる予定です。

まだまだ新型車の登場は先のことですが、フルモデルチェンジで採用されるエンジン・ハイブリッドについて予想してみたいと思います。

ヴェルファイア・アルファードは2017年後半~2018年はじめ頃にビッグマイナーチェンジを控えており、そちらもどう進化するか楽しみなところです♪

「2017年後半 新型ヴェルファイア、アルファードにマイナーチェンジ!セーフティセンスP採用で安全性向上。」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヴェルファイア、アルファードがフルモデルチェンジで採用するエンジンは?

予想では新型ヴェルファイア、アルファードに搭載されるエンジンは、ダウンサイジングターボになるのではないでしょうか。

  • クラウン
  • ハリアー
  • IS
  • GS
  • NX
  • RX

などに採用が始まって今後搭載車が拡大されていくと思われます。

ハリアーもマイナーチェンジでターボグレードを新たに設定してきます。

「2017年 新型 ハリアーにマイナーチェンジ!ダウンサイジングターボ搭載して走りを強化!」

街中のストップ&ゴーが多い環境で低中速域の力強い加速性能を実現

1,650rpmという低回転から最大トルク:35.7kgmを発揮してストレスのない動力性能があります。

  • 8AR-FTSエンジン
  • 最大出力:238PS/4800rpm
  • 最大トルク:35.7kgm/1650rpm
  • トランスミッション:6速AT

現行2.5L自然吸気エンジンと置き換わり搭載されると予想されます。

次に搭載の可能性があるエンジンは、TNGAに基づき開発「ダイナミック フォース エンジン」になります。

ガソリンモデル・ハイブリッドモデル用に用意がされています。

  • 2.5Lガソリン用エンジン
  • 最高出力:205ps/6600rpm
  • 最大トルク:25.5kg-m/4800rpm
  • トランスミッション:ダイレクト シフト-8AT

熱効率40%を達成していて、環境性能・動力性能の両立を実現。

ダイレクト シフト-8ATと組み合わせることで、燃費約20%・動力性能約10%向上させると発表がありました。

現行2.5Lエンジンは上記のどちらかに置き換わる可能性が大きく、どちらが搭載されても現行モデルより動力性能向上は期待できますね。

またV6 3.5Lエンジンはダウンサイジングの流れで、もしかしたら消滅して上記のエンジンとハイブリッドの2ラインアップになるかもしれません。

ハイブリッドシステムは?

上記で紹介した「ダイナミック フォース エンジン」「2.5L ダイナミック フォース エンジン用THSⅡ」を組み合わせたシステムを搭載してくるでしょう。

新型プリウスの小型・軽量・低損失化技術を2.5Lエンジンに合わせて改良。

  • 2.5Lハイブリッド用エンジン
  • 最高出力:176ps/5700rpm
  • 最大トルク:22.4kg-m/3600-5200rpm

熱効率41%を達成して、従来の2.5L+THSⅡと比較してJC08燃費最大20パーセント向上・40キロ~70キロの中間加速10パーセント短縮になっています。

ガソリンモデル同様、こちらも動力性能・環境性能の向上がされている。

新型ヴェルファイア、アルファードではPEVにも期待!

プリウスPHVの搭載されているシステムを改良して、フルモデルチェンジされる新型ヴェルファイア、アルファードに搭載との噂もあります。

今後は電気自動車・ハイブリッド・PHVの車種が拡大されていくので、新型ヴェルファイア、アルファードにPHV設定の可能性が高いと思われます。

今後は各メーカーPHVのラインアップを増やしてくるとされていますので、PHVの設定は必須なのかもしれませんね。

情報が入り次第お伝えしますので楽しみに待っててください!

【スポンサードリンク】

フルモデルチェンジでTNGAプラットフォーム採用

新型プリウスより本格的に採用が始まったTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)

2020年にはグローバル販売台数の約半分をTNGAプラットフォーム占めるとされている!

このTNGAの技術はヴィクシー・ノアでも一部に採用されています。

  • エアコン
  • ウインドレギュレーター
  • シートアレンジの機構

などで応用されており、新型ヴェルファイア・アルファードのフルモデルチェンジでは本格的にTNGAプラットフォームに切り替わるでしょう。

  • 20%の開発費軽減
  • 最大燃費25%向上
  • 動力性能15%以上向上
  • ボディ剛性30%~65%向上

の効果があり安全面など今までの車と比べて大幅な進化が確認できます。

現行ヴェルファイア・アルファードでも構造用接着剤の採用・リアダブルウィッシュボーンサスペンション搭載などで運動性能がアップしました。

TNGAプラットフォームで更なる進化が期待されますので楽しみなところです。

安全装備はセーフティセンスP

マイナーチェンジで搭載される「セーフティセンスP」はフルモデルチェンジでも当然採用されます!

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

搭載された単眼カメラとミリ波レーダーによって先行車、障害物、歩行者を検知。

衝突の危険性がある場合は警告音とディスプレイでドライバーにお知らせ

ブレーキを踏んだ際にはブレーキ力アシストが入ります。万が一ブレキー操作がない場合は自動ブレーキにて衝突の軽減または回避を行います。

  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)

単眼カメラによって道路線を感知して、ドライバーがウィンカー操作しないで車線逸脱の恐れがある場合は警告音とディスプレイにてお知らせします。

車線逸脱回避しやすいようにステアリングアシストを行います。

  • アダプティブハイビームシステム

先行車や対向車にハイビームが当たらないようにLEDランプの制御を行います。

ハイビーム状態で走行できるため、夜間走行時の視界確保に優れて事故防止に役立ちます。

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を感知して、設定した速度内で車間距離を自動的に保ってくれます。

また先行車が停止した際には自車も停止して、先行車が発信したらアクセル操作かスイッチ操作で再び追従走行します。

このセーフティセンスP以外にどのような安全装備がプラスされるか気になります。

今現在でも安全装備が充実しているので、以下で紹介する自動運転技術が盛り込まれるのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】

自動運転システム搭載か?

2020年頃になると自動運転技術が進化しているので、フルモデルチェンジでなんらかの自動運転システムは採用されると思われます。

平成27年にトヨタが公開した自動運転試験動画が参考になると思います。

  • インターチェンジから本線への合流
  • インターチェンジでの分流
  • ジャンクションから本線へ合流
  • 自動でレーンチェンジと追い越し
  • 設定速度での車間保持
  • 急カーブでも車線キープ

トヨタは2020年頃にも動画のような技術を実現するとしていますので、全部の機能を搭載といかなくても一部採用にはなると予想できます。

新型LSで初採用の安全装備が採用される可能性も。

今度フルモデルチェンジされる新型LSには以下の安全装備はトヨタ・レクサス初採用となります。

  • 全車速追従型レーダークルーズコントロール
  • レーントレーシングアシスト(LTA)
  • レーンチェンジアシスト(LCA)
  • アクティブ操舵回避支援機能付プリクラッシュセーフティシステム
  • ドライバー異常時停車支援システム
  • 上下2段式アダプティブハイビームシステム
  • ロードサインアシスト

徐々に下の車にも搭載されていくので、発売が予定される2020年頃には全部とはいかないまでも一部が搭載される可能性もありえます。

エクステリアデザインは?

エクステリアが大きく変更されることなくキープコンセプトは確実でしょう。

大型グリル、二段ヘッドランプは変わらずにブラッシュアップされて登場します。

車両サイズは若干拡大される情報があります。

  • 予想ボディサイズ
  • 全長:4920mm
  • 全幅:1870mm
  • 全高:1880mm

インテリアは?

現行モデルから大幅に質感向上されたインテリアですので、驚くような進化は難しいと思われますが、フラッグシップミニバンに恥じない質感向上はされます。

ハリアーのように本アルミ使用・ナッパーレザー採用など素材に拘ってくると予想できます。

価格と発売日は?

現行モデル+20万~30万程度の価格上昇になるようで、更に高級ミニバンといった感じになります。

価格上昇しても間違いなく人気モデルなのは安易に予想できます!

発売時期は現在の情報では2020年夏ごろとされていますので、もう少しまつ必要がありますね。

情報まとめ

「2020年 新型ヴェルファイア、アルファードにフルモデルチェンジ!搭載エンジン・ハイブリッドは?」はいかがでしたか?

まだまだ情報が少なく、ほとんど管理人の予想になっていますので参考程度にしてください。

しかしエンジン関しては記事内容のものが搭載される可能性が高いと思われます。

V6 3.5エンジンがどうなるか気になるところですね。

安全装備や自動運転技術の採用も注目ポイントになっていますので、フルモデルチェンジに向けて今から目が離せません。

最新情報が入り次第すぐにお伝えしますので楽しみにしててくださいね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です