2019年 新型ハリアー フルモデルチェンジ!エンジン・装備・安全装備・発売日・価格は?

2017年6月8日にマイナーチェンジされて、ターボエンジンモデルが追加されて話題になっているハリアーが2019年頃にフルモデルチェンジされる可能性があります。

これといった確定情報はまたないのですが、フルモデルチェンジされる新型ハリアーに搭載されるエンジン・装備など予想していきたいと思います♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 新型ハリアー フルモデルチェンジで搭載されるエンジンは?

現行モデルのラインナップは

  • 2.0Lターボ
  • 最大出力:231PS
  • 最大トルク:35.7kgm
  • 2.0L NA
  • 最大出力:151PS
  • 最大トルク:19.7kgm

  • 2.5L+ハイブリッド
  • 最高出力:152PS
  • 最大トルク:21.0kgm
  • 2JMフロントモーター
  • 最高出力:143PS
  • 最大トルク:27.5kgm
  • 2FMリヤモーター
  • 最高出力:68PS
  • 最大トルク:14.2kgm

ユーザーの使用用途に合わせて幅広く選択できるのがポイントになっていますね♪

2019年のフルモデルチェンジでは新開発エンジンとハイブリッドシステムの採用が予想されます。

これは7月に発売予定の新型カムリから採用される「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれるもので、今後販売される新型車に採用されていく。

新型ハリアーで搭載されるダイナミックフォースエンジンとは?

TNGA技術に基づき設計された新エンジンで、大きな特徴として世界トップクラスの熱効率を実現しています。

  • ガソリンエンジン:熱効率40%
  • ハイブリッド用エンジン:熱効率41%

このエンジンの特徴は熱効率だけではなく動力性能も向上しているのはポイントです。

  • 2.5Lガソリン用エンジン
  • 最高出力:205ps/6600rpm
  • 最大トルク:25.5kg-m/4800rpm
  • トランスミッション:ダイレクト シフト-8AT

ガソリンエンジンは新開発8ATと組み合わせによって、動力性能10%・燃費20%の向上がされています。

  • 2.5Lハイブリッド用エンジン
  • 最高出力:176ps/5700rpm
  • 最大トルク:22.4kg-m/3600-5200rpm

これに組み合わされるのが「2.5L ダイナミック フォース エンジン用THSⅡ」になります!

現行型ハリアーに搭載されている2.5L+THSⅡよりも、燃費最大20%・40キロ~70キロの中間加速10%速くあるようです。

現行ハリアーハイブリッドに搭載されてるエンジンは、最大出力152PS・最大トルク21.0kgmで燃費が21.4km/lとなってます。

フルモデルチェンジされる新型ハリアーがこのハイブリッドシステムを採用したら、燃費26.0km/lに向上して0-100キロ加速も速くなるでしょう!

ちなみに現行ハリアーハイブリッドの0-100加速タイムは7.5秒ですので、新型では0-100加速7秒ほどになると予想されます。

ラインアップは2種類?

フルモデルチェンジされる新型ハリアーでは、マイチェンで追加されたターボモデルとダイナミックフォースエンジン+ハイブリッドの2種類との予想があるようです。

しかしこのダイナミックフォースエンジンは2.0L版も開発されているようで、ヴォクシー・ノアに採用との情報も入っています。

もしかしたら2019年 新型ハリアーでは

  • 2.0Lダイナミックフォースエンジン
  • 最高出力(kW/rpm)126/6,600
  • 最大トルク(N・m/rpm)205/4,800

  • 2.0Lエンジン+ダイナミック フォース 用THSⅡ
  • 最高出力(kW/rpm)107/6,000
  • 最大トルク(N・m/rpm)180/4,400
  • トランスアクスルタイプ 2モーター機械分配式
  • モーター最高出力 80kw(109PS)
  • モーター最大トルク 202N・m(20.6kgf・m)

上記のようにハイブリッドがダウンサイジングされる可能性もありますね♪

レクサスUXに採用されるのが決定しており、車格を考えたら2.5Lかもしれませんが投資あの可能性はあります。

【スポンサードリンク】

2019年 新型ハリアー フルモデルチェンジでTNGA採用

現行プリウスより採用が始まった「TNGAプラットフォーム」がフルモデルチェンジされるハリアーに採用されます。

現行モデルのプラットフォームにも一部TNGA技術が使われていますが、新型ハリアーでは100%TNGAプラットフォームに進化します。

  • 低重心化によるハンドリング
  • 軽量化による燃費、動力性能向上
  • 高剛性ボディで安全性アップ
  • トータルでの乗り心地の良さ

プリウスでは高い評価を受けているシャーシなので、ラグジュアリーSUVのハリアーにはピッタリのプラットフォームですね。

このTNGAを採用したSUV「C-HR」も試乗した際にはコーナリングや乗り心地が良かったので期待ができます!

安全装備は第二世代セーフティセンスを採用

現行ハリアーではセーフティセンスPが採用されています。

フルモデルチェンジでは第二世代セーフティセンスの採用が確定ですので、現行モデルの機能に+されます。

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

搭載されたミリ波レーダーと単眼カメラによって前方の歩行者や自動車を検知。

状況に応じてドライバーに警告を行ったり、自動ブレーキ制御を行い事故の防止又は軽減をアシスト

  • レーンディパーチャーアラート(スアリング制御機能付)

単眼カメラによって車線を認識して、ウィンカー操作が行われないまま車線逸脱の恐れがある場合ステリング振動とアシストが入ります。

  • アダプティブハイビームシステム

搭載されたLEDが状況に応じて制御行い、自動車などにはハイビームを当てないようにして視界を確保します。

  • レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

運転手が設定した速度内で加速・減速を自動的に車が制御することで車間距離を保ってくれます。

また停止まで制御することで渋滞時の発進・停止までアシスト。

これらに機能はセーフティセンスPの基本的なものになります。

第二世代セーフティセンスでは以下の機能が新しく追加される!

まずセンサーの基本性能が向上されて、夜間での歩行者検知・自転車運転手の検知が可能になりました。

またユニットの小型化によって今まで搭載が難しかったコンパクトモデルにも搭載が可能になり、いままでCとPで分けられていましたがセーフティセンスの名称に統一されます。

  • レーントレーシングアシスト(LTA)

新型LSから採用が始まった機能で、レーダークルーズ使用時に車線中央を維持するようステアリングアシストを行います。

また車体のふらつきなども検知してドライバーに警告

  • ロードサインアシスト(RSA)

道路標識を搭載されたカメラによって感知することで、マルチインフォメーションディスプレイに映し出します。

ドライバーの安全運転をサポート

  • 先行者発進告知

自車が停止した状態で、先行車が発進しても動かない場合は警告音とディスプレイにてドライバーにお知らせしてくれます。

第二世代セーフティセンスはもしかしたらマイナーチェンジで採用されるかもしれませんが、新型ハリアーでは間違いなく搭載してきます。

新型ハリアー フルモデルチェンジで走行性能も向上

トランスミッションは新開発の「Direct Shift-CVT」を採用

いままでのCVTと大きく違うのは発進用のギアを搭載している点です。

  • 伝達効率の向上
  • エンジン高効率領域の活用
  • 高応答変速
  • 機械損失低減
  • ワイドレンジ化
  • 変速追従性向上

いままでのCVTではダイレクト感が感じられず不評でしたが、発進用ギアを搭載することで解消。

またDCTなどよりも変速時間早いなどの利点もあります♪

4WDも進化「ダイナミックトルクベクタリングAWD」

進化するのはCVTだけではなく4WDも新開発の物を採用します。

ガソリンモデルではリヤのトルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」

世界初となる「ラチェット式ドグクラッチ」を搭載することで2WD走行時には後輪への動力を停止して燃費が向上

トヨタのハイブリッド4WD「E-Four」もガソリン同様にアップグレードされます。

前後動力制御の最適化・従来比1.3倍後輪トルクが向上することでよりパワフルな走りを実現

両4WDには

  • エンジン
  • トランスミッション
  • ブレーキ
  • 4WD

これらを統合して制御する「AWD Integrated Management(AIM)」を搭載

新型ハリアー フルモデルチェンジでエクステリア・インテリアは?

今現在確定している情報は入ってきてませんが、基本的にキープコンセプトは変わらず、発売される時期に合わせたデザインを採用してきます。

現行モデルに採用された流れるウィンカー「シーケンシャルウィンカー」を始めLEDヘッドランプなどは最初から採用されるでしょう。

インテリアは現行型は質感が高く評判が良かったので、それを下回ることなくレクサスと比較してもそん色のない質感に仕上げてくると予想されます。

ナビゲーションなどは10インチが設定さるかもしれませんね♪

発売時期や販売価格などは?

現時点では車情報雑誌などに掲載されている販売時期は2019年~2020年頃とされています。

この時期ではヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジも予定されています。

販売価格は現行モデルより15万~20万前後上昇すると思われます。

こちらに関してもまだ情報が少ないので判明次第すぐにお伝えいたします♪

まとめ

「2019年 新型ハリアー フルモデルチェンジ!エンジン・装備・安全装備・発売日・価格は?」はいかがでしたか?

これといった情報がなく予想になってしまいましたが、紹介したものは新型ハリアーで搭載される可能性が高いと思われます。

新エンジンと新ハイブリッドシステムの新型車への搭載は勿論、自動運転技術は今後自動ブレーキのようにスタンダードなものとなっていきます。

フルモデルチェンジされるハリアーは動力性能・燃費・走りの質感など大幅パワーアップされて発売されるでしょうから、今から期待できる一台となっていますね。

また新しい情報が入り次第お伝えしますね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする