2018年夏 新型アウトランダーPHEV マイナーチェンジ!エクステリア・ハイブリッド・走行性能向上させて新発売

三菱が販売するアウトランダーPHEVが2018年夏ごろマイナーチェンジされて新発売されることが判明しました。

今回はエクステリアデザイン・走行性能向上・エンジン排気量アップなど大がかりなマイナーチェンジ内容となっています。

今回の改良内容・エクステリアデザインを現行と比較して詳しくお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年夏 新型アウトランダーPHEV マイナーチェンジ!エクステリアは?

上が新型アウトランダーPHEVで下がマイナーチェンジ前となります。

  • LEDヘッドライト
  • LEDフォグランプベゼル
  • ラジエターグリル
  • フロントスキッドプレート
  • リヤスキッドプレート
  • 新デザインアルミホイール
  • 空力性能を向上させるリヤスポイラーの追加

これらの変更がされています。

細かい点ですが格納式ヘッドライトウォッシャーも装備されていますね。

より迫力をましたヘッドライトやバンパーが良いです!

上が新型・下がマイナーチェンジ前となります。

フロントほど大きな変更はないですがバンパー下・スポイラーの追加でドッシリ感のあるデザインになっています。

ほんの少し違うだけでも変わるものですね!

インテリアの質感向上

インテリアについても細かい変更が施されます。

  • パワーメーターの表示をモーターとエンジンの出力状況がわかるように変更
  • キルティング本革の新形状シート
  • レーザーエッチングを施したオーナメントパネル

キルティングはラグジュアリーな感じで質感アップしていいですね♪

アウトランダーは所有欲の高い車で評価が良いですから新型にも期待!

2018年夏 新型アウトランダーPHEV マイナーチェンジで進化するハイブリッド

今回のメインはハイブリッドシステム・エンジン排気量アップ・走行性能向上にあります。

新設計駆動用バッテリーを搭載することで従来比15%増しの容量を確保して最高出力も10%アップし総容量は13.8kWh

それに伴いモーターやジェネレーターの出力を10%向上させてより力強い走りに進化しています。

プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち約9割のコンポーネントを改良する大幅なアップデートとなっています!

新型アウトランダーPHEVではジン本体にも改良が入って、従来は2.0Lだったものを2.4Lに排気量アップ。

  • 最高出力135PS(133hp / 99kW)
  • 最大トルク211Nm(156lb-ft)
  • カムプロフィールの変更
  • バルブタイミング制御
  • 高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)
  •  0-62mph(0-100km / h)の加速は0.5秒短縮され10.5秒

これらの効果で低回転時の発電能力がアップ

エンジン発電制御を全域を見直しことでエンジン始動時の騒音を低減させています。

発電時のエンジン騒音が抑えられることで静かな車内になります。

モーター走行距離拡大

現行モデルでは最長60.8kmのEV走行が可能ですが、新型アウトランダーPHEV マイナーチェンジによって65kmのEV走行が可能になります。

バッテリー容量アップによる恩恵になっています。

更に今まで出来なかった充電中のエアコン使用も可能となり、充電中車内で待機する時は重宝しますね!

2018年夏 新型アウトランダーPHEV マイナーチェンジで走行性能もアップ

上記で紹介したようにハイブリッドシステムの大幅改良が施され駆動力がアップします。

それ以外に車両運動統合制御システム「S-AWC」に新たな走行モードが追加されます!

  • SPORTモード

モーターレスポンスを高め前後駆動力配分を最適化することで、旋回性能と加速性能を大きく高めます。

これみよって山道や加速力が必要な場面での力強い走りが得られます。

  • SNOWモード

モーターのレスポンスや車両挙動を緩やかにすることで、スリップしやすい路面状況でも安定性とコントロール性を向上させます。

新型アウトランダーPHEVで二種類のドライブモードが新たに追加されます。

いままでは

■ ドライブモード
[NORMAL]

乾燥舗装路、濡れた路面、雪道など、さまざまな状況で適切な4WD性能を実現。

■ ドライブモード
[4WD LOCK]

悪路、雪道、登坂路など、滑りやすい路面において優れた走破性を発揮。通常路面でも4WDらしい力強い走り。

この二種類だけだったので追加されるモードが欲しかったユーザーも多かったかと思います!

また走行モードだけではなく足回りなどにも改良が入ります。

  • フロントとリアのショックアブソーバ改良
  • パワーステアリングECUリマッピング
  • フロントブレーキディスクの拡大

2018年夏 新型アウトランダーPHEV マイナーチェンジの価格は?

今現在詳しい価格については発表がありませんが、改良内容をみると大体10万円~15万円ほどの価格上昇になるのではないでしょうか?

価格について詳しい情報入り次第お伝えします♪

まとめ

「2018年夏 新型アウトランダーPHV マイナーチェンジ!エクステリア・ハイブリッド・走行性能向上させて新発売」はいかがでしたか?

2017年の改良でも自動ブレーキや電子パーキング採用など大きく進化しましたが、2018年のマイナーチェンジで更に進化してきます。

少しはデリカにもこの気合分けてほしいところです。

新型アウトランダーPHEVはアウトドアで電力が使えるのは勿論、災害時にも給電できるのは心強いです。

ガソリン満タンで一般家庭最大10日分の電力が供給できます。

また最新情報入ったらすぐにお伝えいたします!

●基本諸元
全長×全幅×全高(mm)
4,695×1,800×1,710
ホイールベース(mm)
2,670
トレッド 前/後(mm)
1,540/1,540
エンジン
2.4L MIVEC DOHC 16バルブ 4気筒
モーター
前後2モーター
駆動用バッテリー
リチウムイオンバッテリー
駆動用バッテリー 総電力量(kWh)
13.8
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする