新型ジューク 2018年6月頃にハイブリッドを設定してフルモデルチェンジ!e-POWER・エンジン・発売日は?

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

normal

日産が販売するクロスオーバーSUV「ジューク」に待望のフルモデルチェンジ情報が噂されています!

特徴的な外観で若いユーザーをターゲットにして人気を誇りましたが、ライバルのヴェゼル・CX-3など次々に新型車が登場してきました。

そんな中、日産が2015年東京モーターショーにて発表した「グリップス コンセプト」をベースに新型ジュークが開発されているとのことです!

今回は、新型ジュークのフルモデルチェンジでハイブリッド「e-POWER」が設定される情報もありますので、今現在わかっている情報まとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型ジュークのフルモデルチェンジで搭載されるエンジンは?

エンジンはダウンサイジングされたものが採用されるようで、噂になっているのは3種類ほどありますが最も可能性が高いエンジンは、

  • 1.2リッター直列3気筒直噴ターボエンジン
  • 最高出力:115ps
  • 最大トルク:19.3kgf.m
  • 駆動方式:FF・4WD
  • トランスミッション:CVT

1.6リッターディーゼルターボエンジン・最高出力192PSの搭載情報がありますので、SUVらしさを存分に味わえるといいです!

また欧州ではエンジンラインアップに2.4Lエンジンなどが設定される情報もあります。

日本では燃費事情など考慮すると搭載の可能性は低いでしょう。

またスポーツモデルに採用されている1.6Lターボエンジンについては現段階では、燃費性能を重視したものを採用か、1.6ターボエンジンを改良したものなのかは判明していないようです!

NISMO RS専用チューン仕様も登場

現行に設定されている「ジュークNISMO RS」も新型で遅れて設定されます。

  • 最高出力:214PS/6000rpm
  • 最大トルク:25.5kgf・m/2400-6000rpm

現行に採用されているエンジンを改良したものを搭載する見込みで、上記のスペックよりパワーアップがされます。

新型ジュークでのニスモRSモデル設定が楽しみです♪

新型ジュークではハイブリッド「e-POWER」も登場?

ハイブリッドモデルでは、この1.2Lエンジン+モーターを組み合わせものが用意されるようです。

  • 1.2リッター直列3気筒DOHCエンジン
  • 最高出力79ps/5600回転
  • 最大トルク10.5kgf.m/4400回転
  • モーター
  • 最高出力109psps
  • 最大トルク25.9kgf.m

新型ノートEV「e-POWER」に搭載されるシステムをジューク用になるようです。

ノートよりもモーター出力向上される可能性があるとのこと。

モーターは新型リーフのモーターを採用する案が出ているようだ。

  • 最大出力:150PS
  • 最大出力:32.6kgm

このモーター搭載によって0-100キロ加速は6秒をマークする

他のメーカーのようにバッテリー容量を大きくすることなく燃費向上できるレンジエクステンダーEVですので、ライバル車のハイブリッドよりも価格が抑えられる可能性があります!

コンパクトカーに最適なシステムといえますね♪

「C-HR」の燃費30.2Km/L「ヴェゼル ハイブリッド」の燃費23.4km/Lを超えてくることが予想されます!!

新型ジュークの予想燃費はJC08モード:31km/lを目標に開発が進んでるようです。

発電エンジン搭載の新型ノートEVの性能・エンジン・燃費・価格は?

話題のダウンサイジングターボとは?ホンダやトヨタ車の車種・ターボとの違いは??

予想デザインは?

3c7a91bf3c20c947aa3ad3960db8d7b3

nissan-gripz-concept-10-1

やはりベースとなるのはコンセプトカーを基準にして現在、日産が共通デザインとして進めている「Vモーショングリル」を採用してくるでしょう。

また現在のジュークが今までにない独創的なデザインですので、新型でもユーザーを驚かせてくれるものを期待します。

グリップスコンセプトを発展させたワイドフォルムで、SUVらしい力強さも表現しつつジュークの特徴的なデザインも残すようです!

【スポンサードリンク】

新型ジュークは「CMF-B」プラットフォームベース

新型マーチに採用される新開発プラットフォームである「CMF-B」を採用することで軽量化・剛性アップ・コスト削減を実現するようです。

予想ボディサイズ

  • 全長:4200mm
  • 全幅:1780mm
  • 全高:1550mm
  • ホイールベース:2540mm

全高さのみ現行よりも低いですが、その他は一回り大きくなります。

ホイールベース延長分は後部座席・荷室拡大に使用され、現行モデルの弱点をなくしてくる。

発売日はいつ頃?

現在、イギリスにあるサンダーランド工場に1億ポンド(日本円140億)もの投資をして新型ジュークの開発を行っていると日産から発表がありました。

発売予定は2018年6月頃から順次販売開始される見込みになっています。

発売はイギリスから順番になるようで、日本導入はそのあとになりそうだ。

プロパイロットを搭載して差別化か?

競争が激しいクロスオーバーSUVジャンルで、新型ジュークがC-HR・ヴェゼル・CX-3などに対抗する手段として、セレナに搭載されている「プロパイロット1.0」の採用は必須とも言えますね!

  • 全速対応追従クルーズコントロール
  • 車線維持支援システム

に対応すれば、ライバルに搭載されている運転アシスト装備よりも一歩有利にアピールすることが可能です♪

e-POWERモデルの設定と自動運転が組み合わされれば、セレナ・ノートのように話題になりライバルを抜けるかもしれないです!

この2つは現在の日産のアピールポイントなので採用の可能性は非常に高いと思います。

コストの関係でどちらかになるかもしれませんが、マイナーチェンジ時などに追加でてこ入れがあるかもしれませんね。

価格はどうなる?

予想販売価格は200万円~350万円程になっています。

現行型と同じように走りを重視したニスモ仕様も販売されるでしょうから期待できますね!

またディーゼル・ハイブリッドの登場によって益々ユーザーの選択幅が向上するのは良いことですね♪

情報まとめ

「新型ジューク 2018年6月ごろにハイブリッドを設定してフルモデルチェンジ!e-POWER・エンジン・発売日は?」はいかがでしたか?

今年末頃には、期待のトヨタ「C-HR」の販売も控えており益々盛り上がりを見せるSUVジャンルですね。

ここ数年で一気にSUV人気になりましたので各メーカーも本気で開発しているので、新型ジュークに期待が高まってしょうがないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. HARANFO より:

    私は日産派です。このところのデザインに今いち感を覚える毎日、斬新なスタイルのデュークを捉えました。もともと某社のCHRには興味がなく、やっと中途半端なイメージから目覚めたカーデザイナーに賛辞を送ります。ノートのe-POWERにも関心があるのですが、若向けのデュークが今一番の関心の的!昔のローレルから・・・の迷いをどちらが射止めるか、毎日ワクワクする思い出見つめています。

    • hikaru より:

      斬新なデザインで登場したジュークが今回のフルモデルチェンジではどうなるか楽しみですね。
      今後、日産はeパワーに力を入れてくると思うので、わくわくするような車の登場に期待が出来ます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です