2018年 新型リーフ フルモデルチェンジ!自動運転・航続距離2倍など注目の一台に進化!

シェアする

日産が販売するリーフは、プライベートのみならずタクシーなどにも使用されている人気の電気自動車ですね。

200V急速充電器を使用することで、警告灯表示状態から僅か30分で、バッテリー容量80パーセントまで充電可能になっています。

ちなみに100V用充電はオプションで用意されていて、100パーセント充電まで28時間もかかってしまいます。

200V充電設備を用意すれば8時間でフル充電になります。

日本のメーカーでは独壇場の新型リーフにフルモデルチェンジされる情報が入ってきてますので詳しく見ていきましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型リーフではバッテリー容量2倍に進化!!

引用元 http://jp.autoblog.com/2016/06/23/nissan-200-mile-leaf-coming/

引用元 http://jp.autoblog.com/2016/06/23/nissan-200-mile-leaf-coming/

2015年にマイナーチェンジを行った際には、最大30kWh駆動用バッテリーを新たに搭載して、充電走行可能距離が280kmになりました。

これでも遠出をしない限り十分な距離ですが、フルモデルチェンジされる新型リーフに搭載されるバッテリーは2倍になるようです。

  • 48kWh駆動用バッテリー
  • 60kWh駆動用バッテリー
  • 充電満タン時走行距離:最大600km

現行型と同じく2種類のバッテリー容量から選択できるようになるようだ。

単純に容量が増えれば距離も伸びますが、デメリットもあります・・・

それは200V充電で、8時間から16時間に増えて、100Vにいたっては56時間にもなってしまいます。

しかし満タン充電にしないと走行できないわけではありませんから、そんなに気にする必要はないのでしょうかね。

まもなく販売される「テスラ モデル3」に対抗するにはこうしたアップグレードが必要不可欠なのでしょうね。

「電気自動車テスラ モデル3とはなに?航続距離やスペック詳細!」

価格を考えると航続距離少ないかも。

スクープサイトなどでは550キロ~600キロのカタログ航続距離となる情報があるのですすが、価格面を考えると400キロ前後で落ち着くのでは?との情報もあるようです。

とりあえず発売から暫くは、バッテリー容量は一種類となるようです。

モーター出力アップ

現在リーフに搭載されているモーターは

  • 最高出力:109PS
  • 最大トルク:25.9kgm

になっていますが、新型リーフではモーターがパワーアップされます。

  • 最高出力:150PS
  • 最大トルク:32.6kgm
  • 加速Gは20パーセントアップ

自動運転(オートパイロット1.0)の搭載にも期待!

バッテリー容量も注目ですが、新型リーフではフルモデルチェンジで、2016年8月発売の「セレナ」に初めて搭載される自動運転が採用されます!!

  • 先行車追従クルーズコントロール
  • 自動ブレーキ
  • 車線変更
  • 停止・発進

高速道路など単一車線に限りますが車が状況を判断して自動運転をしてくれます。

このプロパイロットはバージョンアップしていく予定になっており

  • 2018年登場予定の2.0

危険回避・複数車線の変更が可能になる予定で、この機能は新型ベンツEクラスに採用されているものに近い性能になりそうですね。

フルモデルチェンジされる新型EクラスはマルチビームLEDヘッドライト 自動パーキング機能が凄い!!

  • 2020年登場予定の3.0

交差点・十字路・信号判断。合流・分岐・インターチェンジなどにも対応することで、殆どドライバー介入のない自動運転が実現してきます。

  • 4.0では無人運転?

一度目的地をセットすれば車両に搭載された各種センサーで、障害物・歩行者・車線を認識して安全に目的地まで走ります。

もはや免許がいらないレベルになるかもしれません!高齢者社会になっていくので福祉車両などに搭載されればいいですね♪

パーキングアシストにも注目

今回リーフに採用されるのが「プロパイロットパーキング」なるもので、カメラやソナーで駐車枠と周辺の状況を読み取り駐車をアシストしてくれます。

いままでの日産車が搭載していたものより機能が向上していて、ステアリングアシストに加えてブレーキ・アクセル・シフトレバー・パーキングブレーキのアシストも入ります。

画面上で駐車位置を設定した後は、ボタン1つで車が自動的に駐車してくれる!

2.0の可能性も?

発売予定が2018年頃になっていますので、もしかしたら先進性をアピールするためにプロパイロット2.0を採用してくるかもしれませんね。

現時点の情報ではプロパイロットを全車標準装備にしてくる可能性が高いようです。

プロパイロット作動時のインテリア画像公開

やはりプロパイロット搭載は確実ですね。

現在のプロパイロットと比較してどのような違いがあるのか気になりますね。

またティザー動画も公開されています。

新型リーフでは1ペダル走行が進化

ノートeパワーで好評だった「ワンペダルドライブ」も進化するようで「eペダル」と呼ばれるものになります。

搭載されたスイッチで作動開始になり、1ペダル走行が可能になりますので、状況に応じて変更できるのは嬉しいですね。

日産によると日常運転の90%を1ペダルで走行することが可能で、ペダル踏みかえの疲労軽減になりますね。

電動ブレーキ搭載で停止時の保持機能がプラスされると共に減速Gが0.15から0.20にアップされます。

これによりエネルギー回生能力が向上

新型リーフはかっこよくなるエクステリア

日産が5月19日に新型リーフのヘッドライト画像を公開しました。

斜めに配置されたLEDヘッドライトとその上にはチューブ式のポジションのようなものが確認できます。

現時点ではオートハイビームとされていますので、アダプティハイビームではないと思われます。

19659434871_6221aa60ca_b19466977630_0b5be5ee2f_b

引用元 http://www.theophiluschin.com/?p=6790

東京モーターショーで発表された「Nissan IDS Concept」をもとにデザインも大幅にかっこよくなってフルモデルチェンジされる予定になっています。

現行リーフはなんだかクジラみたいですので、個人的には好きではありません・・・

もうちょっとカッコいいデザインでしたら人気も出たと思うので、新型リーフには注目していきましょう。

201510281237071b0 20151028123708562

Vモーショングリルを採用して、迫力のあるカッコいい新型リーフの登場に期待が出来ます。

目撃されているスパイショットを見る限りは、カッコいいので発表が楽しみですね♪

フルモデルチェンジでインテリは未来感アップ?

2012062601_teslamodels

テスラ モデルS内装yota-Prius-PHEV-19

プリウスPHV内装

いまテスラや新型プリウスPHVなどには、大型ディスプレイが装備されて車両の状況や様々な設定を行うことができるようになっています!

ですので新型リーフでもこの様なディスプレイが搭載される可能性がありますね。

自動運転などの先進装備と大型ディスプレイは先進感が高く所有欲を満たしてくれそうです。

今後はこのようなインテリアデザインの車が増えそうですね!

発売日と価格は?

用意されるグレードは3つ

  • S
  • X
  • G

エントリーモデルでもオートハイビーム・eペダル・メーター内ディスプレイが採用

モーター出力やバッテリー容量も他のグレードとの差別化はありません。

Xグレードでは、日産コネクト・ナビゲーション・ヒートポンプ方式エアコン

Gグレードでは、プロパイロット&パーキングアシスト・ブラインドスポットモニター・アランドビューモニター・液晶内臓ルームミラーなどが用意される

現時点では発表を2017年10月にして、2018年初めごろに販売のようです。

東京モーターショーにて正式発表をむかえるのでは?

価格については補助金などを使用して、上級グレードでは400万円中盤と予想されます。

新型リーフ情報まとめ

20151028123603f6e

「2018年 新型リーフ フルモデルチェンジ!自動運転・航続距離2倍など注目の一台に進化!」はいかがでしたか?

2016年中に、国内ではノートEV・プリウスPHVなどの半電気自動車が登場する予定になっていますが、純粋な電気自動車は暫く販売される予定はありません!

テスラがエントリーモデルで発表した「モデル3」は価格的にも新型リーフと比較されるでしょうね!

販売が予定されてる2018年には、充電ステーションの数が増えるでしょうから、ますます電気自動車が身近な存在になっていくでしょう。

災害時にも電源として使用できるので近年は注目されていますので楽しみに待ちたいです!

新しい情報が入り次第この記事でお伝えしていきますので楽しみに待っててください。

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

2016年10月 新型プリウスPHVにフルモデルチェンジ!走行距離・燃費・デザイン・価格は?

日本初!発電エンジン搭載の新型ノートEVの性能・エンジン・燃費・価格は?

0xzAQNdF

↑↑その他 日産車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 黒潮 和利 より:

    期待大です。初代はデザインが好きではありませんでした、新型はデザインはいいですね。

    • hikaru より:

      現行型のデザインで購入見送る人もいると思いますので、新型リーフでその辺の改善に期待できますね。
      また航続距離600キロを実現するかもしれないとの情報もあります

  2. 水野 裕 より:

    リーフの航続距離は、最低でも、JC08モードで、600キロにして下さい!
    そうなれば、実用でも、360キロ~420キロは走れると思います!

  3. ライラ より:

    24kwリーフオーナーとしては、もう少しカッコよければもっと売れるのにと思いつつ、売れれば充電器の取り合いになるにで売れるなとも思うわけです。
    車としては最高に楽しい車です。
    次も絶対リーフですね。
    プリウスPHV?充電インフラ整えておととい来やがれ!って感じです。

    • hikaru より:

      現状では電気スタンドの数は少ないですね。
      新型リーフが売れることで電気自動車の台数が増えますので、インフラ整備は急いでほしいです!

      またPHVが充電器を占領しているのも問題なので、そこも解決してもらいたいです!

  4. クロ より:

    48kWh駆動用バッテリー 実走行距離 夏場320km、厳冬期200km
    60kWh駆動用バッテリー 〃     〃 400km、〃  250km
    と予想されます。24kwオーナーとしての経験からです。
    しかしながら、現在の休息(急速)充電器だと80%充電するのにかかる時間を考えると
    気が遠くなります。24kwリーフが夏場で80%充電まで30分とすると、48kwリーフは1時間、60kwリーフは1時間15分くらいでしょうか。
    是非とも、テスラの充電器のような大容量の充電器にしてもらいたいものです。
    確か、今年には7倍速の充電器が出てくるとのニュースがあったような気がしています。

  5. 橋本 より:

    env200に乗っています。24kwhバッテリーです。航続距離はエアコンを使わなければ夏は150km位、エアコンを使わなければ夏より冬は1割程航続距離が下がります。充電については、毎日充電ランプが点灯する程走行するのでなければ気にならないと思います。

  6. つっちー より:

    プリウスアルファを妻が乗っています。町乗りしかしないので燃費は15/Lでがっかりです。もうすぐ5年になり買い換えにしたい時 モデルチェンジの情報が・・・・
    いいタイミングにリーフをと思いますがオートパイロットがもう一段上のを乗りたいです。待てない感じもしますね? どうしましょう!

    • hikaru より:

      リーフ以外にはプリウスPHVなどどうでしょうか?
      たしかにオートパイロットなどもう一段高い機能が欲しいですが、まだまだ登場する気配がないので考えものです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です