2017年 新型N-BOX フルモデルチェンジ!ホンダセンシング搭載・燃費・価格・発売日は?

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

2011年11月に発売されたハイト軽自動車 N-BOXは、ホンダが力を入れて開発するNシリーズになります。

ライバルであるタントと激烈な争いを見せるこのN-BOXが2017年夏にフルモデルチェンジされます。

新型タントも2017年後半から2018年にかけて販売が予定されています!!

2017年 新型タント・タントカスタムにフルモデルチェンジ!燃費・価格・エンジン・装備はどうなる?

安全装備や燃費などフルモデルチェンジで期待されますので、今判明している情報まとめてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型N-BOXのフルモデルチェンジで何が変わるの?

カスタムモデルでは新デザインLEDヘッドライトを採用してきます。

今後ホンダ車ではこのヘッドライトを搭載する車種が増えていきます。

現行モデルよりすっきりとしたイメージですが、カスタムらしい迫力のあるデザインになっています!

ノーマルモデルは上品で落ち着いたデザインになっており女性ユーザー向けになっていますね。

全体的にボンネット・フェンダーアーチなど立体的になり、サイドにはプレスラインが一直線に入る。

またボンネットは歩行者保護際策を向上させている。

デザイン
「N-BOX」の印象を保ちながら、洗練と上質をまとったデザイン
軽乗用車の枠を超えた車格感や、空間の豊かさなど先代N-BOXの魅力を受け継ぎながら、全タイプ標準装備のLEDヘッドライトやルーフサイドの溶接にルーフレーザーブレーズを採用するなど、細部にわたって洗練と上質を追求しました。インテリアは、N-BOXではベージュを基調に、カフェで過ごすようなリラックス空間を、N-BOX Customではブラックを基調とした上質かつ精悍な空間を表現しました。

引用元http://www.honda.co.jp/news/2017/4170831-n-box.html

新型N-BOXはプラットフォームの改良で更に広い室内

現行型は軽自動車で初めてセンタータンクレイアウトを採用することで、室内の広さやシートアレンジで使い勝手を向上させています。

これによってこのクラスでは、最も低いフロアを持っているのが特徴です。

新型N-BOXでは更に改良が加えられて、室内空間の拡大や乗り降りしやすい車になります♪

また室内小物入れを各所に増やすことで利便性を向上させています。

メーターにはマルチインフォメーションディスプレイを装備、各種インフォメーションが見やすくなっています。

快適
クラスを超えた快適機能と静粛性

シート表皮に付着したアレルゲン(ダニ・スギ花粉)の不活性化※8に加え、抗ウイルス※9加工を施したアレルクリーンプラスシート※10や、紫外線と赤外線を軽減する360° スーパーUV・IRカット パッケージをすべての窓に採用するなど、車内の環境を快適に整える先進装備を充実させました。また、振動や騒音を発生源で抑制する「高性能エンジンマウントシステム」を採用し、さらに防音材や遮音材を最適に配置することで静粛性を徹底的に高めています。

引用元http://www.honda.co.jp/news/2017/4170831-n-box.html

フルモデルチェンジで軽量化されたプラットフォーム

今回力を入れているのが軽量化になります。

シャーシ・エンジン・内外装などで150キロのマイナスになり、装備関係で重くなった分を考慮しても80キロのダイエットに成功しています。

シャーシにはアルミ・樹脂・ロット中空化を使用

  • アクセルペダル
  • 各種マウント
  • トルクロッド

などに樹脂パーツを使用しています。

新型N-BOXは剛性もパワーアップ

今回軽量化だけではなくボディ剛性が上がっているのもポイント!

従来のスポット溶接から「シーム溶接接合」を採用しています。

更に構造用接着剤を使用することで剛性を高めている

これはレクサスや一部トヨタ車などが採用していますね♪

軽自動車でここまでやるのは、相当気合入っているフルモデルチェンジです!

新型N-BOXカスタムのインテリア

ダークブラウンとブラックをベースにしたインテリアになっており落ち着いたイメージを与えてくれます。

シートは合皮を組み合わせたもので、質感と座り心地が特徴!

この画像に装着されているナビは恐らく9インチだと思われますので、軽自動車では最大サイズですね。

またドアハンドル付近には「ツイーター」らしきものが確認できますので、音質にも注目できそうです。

グレード別で助手席のロングスライド機構採用

ヴェルファイアのようにN-BOXも助手席ロングスライドできるようになり、二列目の子供の世話や後ろから運転席への乗り込みなどが可能になっています。

この助手席ロングスライドはホンダ車や軽自動車では初採用になっていますので、ステップ・オデッセイ・フリードにもない特徴です。

ラゲッジも使い勝手向上

ラゲッジ部分はボードを使用することで、上下二段に分けて使えるようになるようです。

荷物の積載方法が増えるのはいいですね。

利便性
広い室内空間と、画期的な使いやすさをもたらす助手席スーパースライドシート

エンジンルームのコンパクト化、テールゲートの薄型化などにより、従来から好評の広い室内空間をさらに拡大。テールゲート開口部の高さを低くすることで、自転車などの積み降ろしをより容易にしました。
シートアレンジには、従来のベンチシートに加えて、助手席スーパースライドシート、スロープ仕様※7を設定。新採用の助手席スーパースライドシートは、助手席シートの前後スライド量を570mmとすることで、後席・運転席間の移動をはじめ、標準装備となったスライドリアシートと合わせて多彩な使い方が可能です。

引用元http://www.honda.co.jp/news/2017/4170831-n-box.html

【スポンサードリンク】

新型N-BOXのフルモデルチェンジで燃費は?

新型N-BOXに搭載されるエンジンスペック

  • 0.66リッター直列3気筒DOHCエンジン
  • 最高出力:58ps/7300回転
  • 最大トルク:6.6kgf.m/4700回転
  • JC08モード燃費:27.0km/l
  • 0.66リッター直列3気筒DOHCターボエンジン
  • 最高出力:64ps/6000回転
  • 最大トルク:10.6kgf.m/2600回転
  • JC08モード燃費:25.6km/l

エンジンパワーが評判ですので、ライバルたちと比べて燃費が悪くても売れ行きが好調なのは凄いと思います!

このご時世は燃費が一番のセールスポイントですからね!

しかし新型タントでは燃費32.0km/lを目指して開発されていますので、新型N-BOXにフルモデルチェンジされても燃費面では勝てないのかもしれません。

エンジンは改良されて搭載

新開発の次世代ユニットを搭載する情報もあります!

先代に搭載されていたエンジンに改良を加えて搭載します。

  • NAモデルはi-VTEC
  • ターボモデルは電動ウェイストゲート

それぞれ軽自動車では初採用の技術となります。

またCVTやサスペンションも高性能化されて、走りの質が一段アップしています!

エンジン形式は「S07A型」から「S07B型」に変更されました!

フルモデルチェンジでホンダセンシング全車標準装備

現在の安全装備は、 自動ブレーキとサイドカーテンエアバックのあんしんパッケージが選択できますが、自動ブレーキの性能があまりよくないのです・・・

そこで新型N-BOXにフルモデルチェンジするさいには、ホンダセンシングという最新の運転支援システムが全車標準装備となります!

  • 搭載モデルによって機能は違いますが以下の支援システムになります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

・車線維持支援システム
・路外逸脱抑制機能
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・アクティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

安心パッケージとは比べ物にならない装備が追加されるのがわかりますね!

ホンダセンシングは車種によって機能が様々ですが、アクティブクルーズコントロール・車線維持支援システムはライバル軽自動車と比較して大きな武器になります♪

ホンダ軽初採用装備!

グレイスがホンダ車として初採用した「オートハイビーム」とN-BOXから初採用よなる「後方誤発進抑制機能」が注目ポイントです。

ここの装備はステップやオデッセイのマイナーチェンジでも追加されるでしょう!

新型N-BOXの価格や発売日はどうなる?

2017年9月1日の発売予定になっています!

【N-BOX】

  • タイプ エンジン トランス
    ミッション
    駆動 消費税8%込み
    G・Honda SENSING 660cc
    DOHC
    CVT FF 1,385,640円
    4WD 1,516,320円
    G・L Honda SENSING FF 1,499,040円
    4WD 1,629,720円
    G・L ターボ Honda SENSING FF 1,695,600円
    4WD 1,826,280円
    G・EX Honda SENSING FF 1,596,240円
    4WD 1,726,920円
    G・EX ターボ Honda SENSING FF 1,749,600円
    4WD 1,880,280円

    【N-BOX Custom】

    タイプ エンジン トランス
    ミッション
    駆動 消費税8%込み
    G・L Honda SENSING 660cc
    DOHC
    CVT FF 1,698,840円
    4WD 1,829,520円
    G・L ターボ Honda SENSING FF 1,895,400円
    4WD 2,026,080円
    G・EX Honda SENSING FF 1,752,840円
    4WD 1,883,520円
    G・EX ターボ Honda SENSING FF 1,949,400円
    4WD 2,080,080円※


全体的に約10万円程の価格上昇になります。

安全装備の標準装備や変更されている部分が多いので、価格上昇分は高いと感じません。

グレードとボディカラーは?

今回はスーパースライドとベンチシートのグレードが用意されます。

全車ホンダセンシング搭載なので嬉しいポイントです。

ベースモデル 

  • ベースカラー
  • クリスタルブラック・パール
  • ブリティッシュグリーン・パール
  • ブリリアントスポーティブルー・メタリック
  • プレミアムアガットブラウン・パール
  • プレミアムイエロー・パールII
  • プレミアムピンク・パール
  • プレミアムホワイト・パールII
  • モーニングミストブルー・メタリック
  • ルナシルバー・メタリック
  • ツートーン
  • プレミアムアイボリー・パール×ブラウン
  • プレミアムアガットブラウン・パール×ホワイト
  • プレミアムイエロー・パールII×ホワイト
  • プレミアムピンク・パール×ホワイト

N-BOX カスタム

カラーラインアップは、モノトーン7色、2トーンカラー5色の全12種類

  • スーパースライドシート
  • G・EX ホンダセンシング
  • G・EXターボ ホンダセンシング
  • ベンチシート
  • G・L ホンダセンシング
  • G・Lターボ ホンダセンシング

  • カラーリング
  • クリスタルブラック・パール
  • シャイニンググレー・メタリック
  • ブリリアントスポーティブルー・メタリック
  • プレミアムグラマラスブロンズ・パール
  • プレミアムベルベットパープル・パール
  • プレミアムホワイト・パールII
  • ルナシルバー・メタリック
  • ツートーン
  • クリスタルブラック・パール×レッド
  • グラマラスブロンズ・パール×シルバー
  • ブリリアントスポーティブルー・メタリック×ブラック
  • プレミアムホワイト・パールII×ブラック
  • ミラノレッド×ブラック

ライバルはどうなる?

  • ダイハツ タント

最大のライバルであり、2017年後半から2018年にかけてフルモデルチェンジが予定されています。

こちらもキープコンセプトで走りの質や内装の質感向上がされます。

また燃費もクラストップのJC08燃費:32.0km/lを目標に開発が進んでいるようです♪

安全装備はスマートアシスト3を搭載してくるのは確実!

詳しい内容は以下から↓

2017年 新型タント・タントカスタムにフルモデルチェンジ!

  • スズキ スペーシア

新型スペーシアの予想燃費はJC08燃費33.0km/lになっており、ハイト軽自動車ではまたまた最高燃費を目指しているようです。

追加モデルのスペーシアカスタムZのように、新型スペーシアではノーマル・カスタムモデルの違いを強調してくると思われます。

また予防安全評価最高ランクを獲得した「デュアルブレーキサポート」を更に進化させる情報もあります!

詳しい内容は以下から↓

「2018年スズキ 新型スペーシア フルモデルチェンジ!」

情報まとめ

「2017年 新型N-BOX フルモデルチェンジ!ホンダセンシング搭載・燃費・価格・発売日は?」はいかがでしたか?

ライバルに比べて燃費・安全性能が若干劣ってる現行N-BOXが、フルモデルチェンジで改良されたら更に売れ行きが伸びるのは間違いないでしょう!

安全装備の充実・内装の質感や使い勝手など隙のないフルモデルチェンジをしてきます。

ホンダセンシングはスマートアシスト3よりも勝ってる部分が多く、タントがどのように勝負してくるか気になります。

また現行型にラインナップされている「スラッシュ」はモデルチェンジを受けることなく消える予定になっています!

Nシリーズの軽自動車は売れ筋なだけに、新型N-boxのフルモデルチェンジには相当力を入れてきました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です