2017年 新型N-BOX フルモデルチェンジ!ホンダセンシング搭載・燃費・価格・発売日は?

シェアする

ダウンロード

2011年11月に発売されたハイト軽自動車 N-BOXは、ホンダが力を入れて開発するNシリーズになります。

ライバルであるタントと激烈な争いを見せるこのN-BOXが2017年末にフルモデルチェンジされる情報が入ってきました。

新型タントも2017年後半から2018年にかけて販売が予定されています!!

2017年 新型タント・タントカスタムにフルモデルチェンジ!燃費・価格・エンジン・装備はどうなる?

安全装備や燃費などライバル車を上回ってフルモデルチェンジされると思いますので、いまわかっている情報まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型N-BOXのフルモデルチェンジで何が変わるの?

新型N-BOXカスタムのデザインは、基本的に現行の押しの強いデザインを継承して、更に迫力のある外観になるようです。

車体の随所にメッキパーツを使用することで質感向上もされるようですね。

ノーマルモデルは上品で落ち着いたデザインになりそうです。

内装の質感も向上させるようですので、ホンダは内装の質感が低いと言われていますので、ここには期待してフルモデルチェンジ待ちましょう!!

全体的にボンネット・フェンダーアーチなど立体的になり、サイドにはプレスラインが一直線に入るようです。

またボンネットは歩行者保護際策を向上させているようですね♪

プラットフォームの改良で更に広い室内

現行型は軽自動車で初めてセンタータンクレイアウトを採用することで、室内の広さやシートアレンジで使い勝手を向上させています。

これによってこのクラスでは最も低いフロアを持っているのが特徴です!

新型N-BOXでは更に改良が加えられて、室内空間の拡大や乗り降りしやすい車になります♪

新型N-BOXのフルモデルチェンジで燃費の向上!!

現在、ライバル車に比べて燃費が劣るN-BOXで、同じハイト軽自動車を見てみると

  • スペーシア32km/L
  • タント28km/L
  • デイズルークス26.2km/L

となっており、現行N-BOXは25.6km/lとライバルたちの方の燃費が上回ってるのがわかりますね。

2017年のフルモデルチェンジで、ライバルの燃費を上回ってくるのは間違いないでしょう。

新型N-BOXに搭載されるエンジンスペック

  • 0.66リッター直列3気筒DOHCエンジン
  • 最高出力:58ps/7300回転
  • 最大トルク:6.6kgf.m/4700回転
  • JC08モード燃費:30.0km/l
  • 0.66リッター直列3気筒DOHCターボエンジン
  • 最高出力:64ps/6000回転
  • 最大トルク:10.6kgf.m/2600回転
  • JC08モード燃費:26.0km/l

新型N-BOXの予想燃費は、JC08燃費は26.0km/l~30km/l以上となるでしょう!!

エンジンパワーが評判ですので、ライバルたちと比べて燃費が悪くても売れ行きが好調なのは凄いと思います!

このご時世は燃費が一番のセールスポイントですからね!

しかし新型タントでは燃費32.0km/lを目指して開発されていますので、新型N-BOXにフルモデルチェンジされても燃費面では勝てないのかもしれません。

フルモデルチェンジで安全装備ホンダセンシング搭載へ

現在の安全装備は、 自動ブレーキとサイドカーテンエアバックのあんしんパッケージが選択できますが、自動ブレーキの性能があまりよくないのです・・・

そこで新型N-BOXにフルモデルチェンジするさいには、ホンダセンシングという最新の運転支援システムが搭載されます!!

搭載モデルによって機能は違いますが以下の支援システムになります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

・車線維持支援システム
・路外逸脱抑制機能
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・アクティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

安心パッケージとは比べ物にならない装備が追加されるのがわかりますね!

これが装備されればライバルたちに大きなアドバンテージになるので武器となります!!

ホンダセンシングは車種によって機能が様々ですが、アクティブクルーズコントロール・車線維持支援システムが採用されれば軽自動車としては大きな武器になります♪

スポンサーリンク

価格や発売日はどうなる?

早くて2017年6月~後半になっており、もしかしたら2018年にずれ込む情報も入っています。

しかしライバルであるタントに少しでもインパクトを与えるために先に販売したいところですので、タントがフルモデルチェンジされる前に販売されるのではないでしょうか?

新型N-BOXの予想価格は140万スタートになるでしょう。ホンダセンシングが搭載されますから、現行型より5万~10万の値上げが予想されます。

ホンダセンシングが標準装備となれば、値上げは仕方ないですね。

ライバルはどうなる?

  • ダイハツ タント

最大のライバルであり、2017年後半から2018年にかけてフルモデルチェンジが予定されています。

こちらもキープコンセプトで走りの質や内装の質感向上がされます。

また燃費もクラストップのJC08燃費:32.0km/lを目標に開発が進んでいるようです♪

安全装備はスマートアシスト3を搭載してくるのは確実!

詳しい内容は以下から↓

2017年 新型タント・タントカスタムにフルモデルチェンジ!

  • スズキ スペーシア

新型スペーシアの予想燃費はJC08燃費33.0km/lになっており、ハイト軽自動車ではまたまた最高燃費を目指しているようです。

追加モデルのスペーシアカスタムZのように、新型スペーシアではノーマル・カスタムモデルの違いを強調してくると思われます。

また予防安全評価最高ランクを獲得した「デュアルブレーキサポート」を更に進化させる情報もあります!

詳しい内容は以下から↓

「2018年スズキ 新型スペーシア フルモデルチェンジ!」

情報まとめ

「2017年 新型N-BOX フルモデルチェンジ!ホンダセンシング搭載・燃費・価格・発売日は?」はいかがでしたか?

ライバルに比べて燃費・安全性能が若干劣ってる現行N-BOXが、フルモデルチェンジで改良されたら更に売れ行きが伸びるのは間違いないでしょう!!

しかしホンダは売れた車の次が失敗するパターンが多いので心配です。

いい例が現行ステップワゴンで、モデル末期のセレナに負けてしまう始末になっていますからね・・・

また現行型にラインナップされている「スラッシュ」はモデルチェンジを受けることなく消える予定になっています!

Nシリーズの軽自動車は売れ筋なだけに新型N-boxのフルモデルチェンジには相当力を入れてくるはずですので楽しみに待ってます!!

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

zkPn_JD1

↑↑その他ホンダ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です