2017年夏 新型キャラバン NV350 マイナーチェンジ!装備・価格は?

シェアする

日産が販売する商用車「キャラバン NV350」が2017年夏ごろのマイナーチェジされることが判明しました。

ハイエースとはライバルなのですが、あまりにもハイエースが強すぎて比較すると販売台数が少ないモデルとなっています。

しかし仕事などでは使い勝手がよく、更にハイエースと比較して盗難率が低いのが最大の特徴でしょう!

現にハイエースの盗難率の高さに嫌気がさしてキャラバンを購入する人もいるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型キャラバン NV350 マイナーチェンジで安全装備は?

キャラバン NV350がハイエースと比べて大きく違うのが自動ブレーキを採用している点です。

2016年の一部改良で4ナンバークラス初の自動ブレーキシステムを採用しました。

  • エマージェンシーブレーキ

搭載されたミリ波レーダーで前方車両を監視して、衝突の危険性が高まるとブザーとディスプレイにて警告してくれます。

万が一ブレーキ操作がない場合は、自動的にブレーキ制御をおこない衝突の回避または軽減をしてくれます。

この機能は時速5キロ以上で作動します。
また停止車両については80キロ以上では動作しないので注意してください

30キロ以下では衝突回避の能力がありますが、それ以上だと軽減となります。

マイナーチェンジではオートハイビームなどの安全装備が追加される可能性があります。

新型キャラバン NV350 マイナーチェンジ後のエクステリアは?

  • 大型グリル
  • フロントバンパーデザイン変更
  • LEDヘッドランプ

今回のマイナーチェンジで大きく変更されるエクステリアは迫力がアップしています。

またLEDヘッドランプを採用することで、明るさや長寿命などのメリットがあります。

ポジションランプは導光チューブを採用しているのもポイントです。

リアデザインはフロントと比べて変更点は少なく、リアテールランプが変更されているだけだと思われます。

リアポジションランプもフロント同様、導光チューブが新たに採用されています!

ライダーもマイナーチェンジされて販売!

「ライダー」は、トータルコーディネートされたデザインと確かな品質で熱烈なファンをもつ、同社製カスタムカーの代表的なブランドとして、軽自動車からミニバンまで幅広い車種に展開しています。NV350キャラバン「ライダー」は、仕事でもプライベートでもこだわりの一台を求める方に向けたモデルで、2002年に先代E25型のキャラバン「ライダー」を発売して以来、人とは違った個性を表現できる商用車として、お客さまから好評を得ています。

今夏、「NV350キャラバン」同様に「ライダー」もマイナーチェンジを実施し、引き続き多くのお客さまにカスタムカーを所有する悦びを提供していきます。

なお同社は、「NV350キャラバン」のライフケアビークル(LV)*も、同時にマイナーチェンジを予定しています。

*:日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。

引用元 https://newsroom.nissan-global.com/releases/release-e0945d0c96eb0d804174520dfa013c03-170601-02-j

オーテックジャパンが販売する「ライダー」についても同じくマイナーチェンジされて新発売されます。

価格は?

現行モデルに+5万円程度の値上がりになる予定となっています。

大幅な値上がりはなくいので、新型を待てる人は待ってみてはどうでしょうか?

ただマイナーチェンジされる前のモデルであれば、大幅値引きが期待できるので悩ましいですね。

情報まとめ

「2017年夏 新型キャラバン NV350 マイナーチェンジ!装備・価格は?」はいかがでしたか?

どうしてもハイエースと比較されることが多いキャラバンですが、実用面ではまったく劣っていません。

仕事の車としては不満のない活躍をしてくれますので、盗難対策するのが疲れる方やカスタムなど興味がない方はキャラバンがお勧めです。

ハイエースは海外で圧倒的な支持がありますので盗難率が高いのです。

仕事用であればどちらを選んでも後悔することはありません!

また新型キャラバンの情報入ったらお伝えしますね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です