2018年 日本販売予定 ランボルギーニSUV「ウルス」のスペック・価格は?

シェアする

ランボルギーニはイタリアのスーパーカーメーカとして有名ですよね。

アヴェンタドールやウラカンなど車好きを魅了する車を販売しています!

そんなスーパースポーツカーを販売するランボルギーニからSUVが販売されます。

その名は「ランボルギーニ ウルス」で2017年4月より生産がスタートされる予定ですので、今回はランボルギーニSUV「ウルス」のスペックや価格を見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランボルギーニSUV ウルスのスペックは?

今回採用されるエンジンは、ランボルギーニとしては初のターボエンジンになっています。

独自開発ではなくアウディからの技術提供されたものを搭載します。

  • 4.0ℓ直噴V8DOHCツインターボエンジン
  • 最高出力:605ps
  • 最大トルク:71.4kgm

おそらく「アウディ RS6」などに採用されているエンジンでしょう。

また駆動システムもアウディ社のクワトロ技術を採用してきますので、4WD性能も相当高い水準になること間違いなし!

プラグインハイブリッドも設定か?

ベントレーにも搭載が予定されてるプラグインハイブリッドシステムを、ランボルギーニ ウルスにも採用してくる。

今現在の情報では最高出力680ps以上となっていて、高い動力性能が期待できます。

参考までにマフラー音の動画紹介します。

モード切替で変わるマフラー音が良いですね♪

ボディサイズは?

MLB Evoプラットフォームと呼ばれるアウディ共通のプラットフォームを採用してきます。

市販モデルではどう変更されるかわかりませんが、コンセプトモデルのボディサイズは

  • 全長4,990mm
  • 全幅1,990mm
  • 全高1,660mm

の大きさになっており、日本車で近い大きさはランドクルーザーが該当します。

ちなみにランドクルーザーのサイズは

  • 全長4,950mm
  • 全幅1,980mm
  • 全高1,880mm

になっており全高が20cmもウルスの方が低いので実際に見るとワイド感が凄そうです。

インテリアはどんな感じ?

内装のカーボンパーツには「フォージド・コンポジット」と呼ばれる技術で作成されたものを採用していますね。

市販モデルでは採用面積を減らしてくるでしょうが、独特の模様がカッコいいです!

また四人乗りになっており実用性も兼ね備えているのもポイント。

SUVで大切な積載能力も気になる所です!

ランボルギーニSUV「ウルス」の価格は?

日本投入は2018年予定していますので、発売日の詳しい情報がわかりましたらお伝えしますね。

価格はエンジン・プラットフォームなどをアウディから技術提供してもらうので、ランボルギーニが販売するクルマでは安い部類に入ります。

販売価格は2000万円スタートとなる見込みです!

安いって言っても一般人では手が届きませんね・・・

情報まとめ

「2018年 日本販売予定 ランボルギーニSUV「ウルス」のスペック・価格は?」はいかがでしたか?

世界的に高級SUVの新型車が販売されていく流れで、遂にランボルギーニもSUVモデルの販売することになり大きな期待が向けられています。

しかしあのランボルギーニがSUVなんてちょっと信じられません!エンジンもV10やV12ではなくV8ですしね。

販売されてどのような評価になるか楽しみな一台になっていますので、最新情報が入りしだいまたお伝えします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です