2016年9月8日 新型レガシィアウトバックC型にマイナーチェンジ!安全性向上・価格は?

シェアする

2016s-out-2

スバルが販売する人気クロスオーバーワゴン「レガシィアウトバック」が9月8日に一部改良されて新発売されることが判明しました!

今回の改良メインは安全装備の追加と快適装備が装着されます。

これでレガシィアウトバックはC型になり益々熟成された車に進化します♪

それでは判明している改良点を見ていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

レガシィアウトバックC型の装備は?

今回の改良は細かな点が向上されます。

  • ステアリングヒーター全車標準装備
  • アイサイトのグレードアップ
  • パワーリアゲートの改良
  • 新色「ブラウン」追加

ステアリングヒーターの性能は、スイッチONから10分ほどで38度まで上昇します!これから冬にかけて女性の方や冷え性には嬉しい装備♪

アイサイトは、レヴォーグに採用されている車線中央維持機能「アクティブレーンキープ」と呼ばれるものが追加され、道路上の車線を読み取りステアリングアシストしてはみ出さない様にしてくれます。

アイサイトは何が凄いのか?性能・仕組み・搭載車は?

グレード別設定またはオプション選択できるパワーリアゲートは、手動での開閉に加えて動作速度の向上が図られてるようです。

これによって車の高級感がアップしますのでいいですね♪

新色は落ちつたボディカラーの「ブラウン」が追加されますので、大人のクロスオーバーワゴンにはピッタリのカラーリングですね!

C型にマイナーチェンジで価格は?

エクステリアなどの大きな変更はなく、エンジン関係も変わりがありませんので価格上昇は2万円~3万円程度に抑えられるようです!

ステアリングヒーター・アイサイトの性能向上などの変更を見れば値上げ分は安いと言えるでしょう!

情報まとめ

「2016年9月8日 新型レガシィアウトバックC型にマイナーチェンジ!安全性向上・価格は?」はいかがでしたか?

C型は一部改良で、次に来るD型にエクステリア・インテリア・装備面などのビッグマイナーチェンジがされるでしょう。

インプレッサのフルモデルチェンジが終わった後はレガシィシリーズのフルモデルチェンジになるでしょうから今から楽しみですね。

また最新情報が入り次第お伝えしますので楽しみに待っててください!

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

3xn9BYom

↑↑その他スバル車の一覧はこちら↑↑
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です