マツダ新型RX-7 フルモデルチェンジ!新開発ロータリーで300馬力・1200kg台の軽量マシンになる!

シェアする

vision_0023s

東京モーターショーで発表されたロータリースポーツコンセプト「Mazda RX-VISION」は、新型RX-7の発売を一気に期待させてくれるものでしたね。

噂では2017年ごろにマツダからアナウンスがあると予想されています!

マツダにとって2017年はロータリーエンジン50周年の年となっていますので、新型RX-7を発表するには打ってつけ年となります。

スカイアクティブテクノロジーを応用した次世代のロータリーエンジンを、マツダは特許を取得しましたので期待が高まります!

今回はスペックなどの情報を詳しくまとめてみました!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型RX-7は次世代ロータリーの「SKYACTIV-R」搭載!!

新型RX-7では、RX-8に搭載されていたロータリーエンジン「レネシス」をベースに排気量アップされ、環境性能を向上させたものが採用されます!

特許では「燃焼効率を高めるための改良技術」になっていますので、燃費や環境性能が向上すると思われます。

1.6L直噴自然吸気エンジンにSKYACTIV-Rの組み合わせで300馬力以上を絞り出します!

さらに電気ターボを搭載したバージョンの噂もあり、そちらは400馬力以上のパワーが予想されています。

新型RX-7は、ロータリーを上下逆にすることで上に排気、下に吸気がくるようになる。

これによってターボはエンジン上部に取り付けられ、吸気系はスペースに余裕がうまれるので効率が高まります。

ターボが上に行く事でエンジンマウントを下げれるので低重心にすることが可能!

マツダの特徴だったロータリーエンジンが復活するのは嬉しいですね。

燃費性能が悪かったのがどのように改善されているか楽しみです♪

軽量化を実現した新開発プラットフォームは?

現行ロードスターは採用しているSKYACTIVシャシーを、新型RX-7用に改良されて搭載されるようで、アルミ・高張力鋼を使用することで、1200kg台の軽量スポーツカーに生まれ変わります!

この数値は86・BRZと同等のものですのでいかに軽いかわかるかと思います。

これによって高剛性・軽量化を実現しますので、パッケージの一新で新型RX-7は、高次元のハンドリングマシンになることでしょう♪

駆動方式はFRになる予定で、次期アテンザもFRになると噂がありますので、もしかしたらロードスター用のシャーシでなく、新開発のアテンザと共通かもしれません。

各社ともプラットフォーム開発には力を入れており、国産車の走りの質が上がってきています。

スポーツカーであるRX-7は、いままで軽量化のため剛性がなかった弱点を新型で改良してくるはずですから期待が出来ます。

予想されるデザインはどうなる?

モーターショーで発表されたMazda RX-VISIONマツダ 靭(SHINARI)に似たデザインになると思われます!

  • マツダ RX-VISION

rotary-sports-car_01s

rotary-sports-car_08s

  • マツダ 靭(SHINARI)

ph01

共によく似たデザインをしており、2ドアと4ドアのクーペモデルと確認できますね!

これらをベースに新型RX-7は市販化に向けて開発されているでしょうから、とても楽しみになってきますね。

rotary-sports-car_10s

このようにコンセプトモデルを発表するマツダは、スポーツカーのラインナップ強化を狙っているようにも思えます。

マツダはドライバーが主役のBe a driverコンセプトですので、きっと楽しいクルマになることでしょうね!

ミラーレスでスタイリッシュなエクステリア!

国内でも2016年に国土交通省からカメラを使用したミラーレス車の販売許可が解禁されたのは記憶に新しいですね!

どうやら新型RX-7でもミラーレスの設定がされるようです♪

まさにコンセプトモデルのようなすっきりとしたエクステリアに仕上がるのが予想されますね!

ライバルたちの動向は?

  • フェアレディZ

file

姿を消すことなく現在でも販売されている貴重な2シータースポーツカーです!

そんなZも2018年に2種類のエンジンを採用して新発売される予定。

ベンツが開発したMRAプラットフォームなどを採用することで販売価格は300万円~の予想になっています!

詳しい記事は↓

「Z35 新型フェアレディZはV6ツインターボを搭載して2018年登場か!?」

  • シルビア

1057611

現在もドリ車で人気のシルビアが復活する情報があります。

フェアレディZと差別化やライバルの86・BRZなどに対抗するため2+2シーターとして登場が期待されています。

詳しい記事は↓

「新型シルビア S16は2リッターターボエンジン搭載して復活か!?」

  • スープラ

file-1

BMW Z5と兄弟車となる新型スープラは軽量化のためにカーボン素材を使用してくるようです。

こちらも価格に応じて2種類のエンジンをラインナップ予定で上級グレードには直列6気筒ツインターボエンジンが採用される予定です。

詳しい記事は↓

「新型スープラ フルモデルチェンジは2019年4月頃発売か!?エンジン・価格・燃費は?」

  • S2000

honda_s2000_000989s

「ハイXボーンフレーム構造」を採用したS2000はオープンモデルながら強靭な剛性を誇っていました!

新型S2000では2.0L直列4気筒VTECガソリンターボを搭載して350PS以上の出力をだすようです。

カーボンやアルミを採用して軽量ボディに仕上がる予定です!

詳しい記事は↓

「新型 S2000 フルモデルチェンジで復活!?エンジン・発売時期・価格は?」

今回のわかった情報まとめ

「マツダ新型RX-7 フルモデルチェンジ!新開発ロータリーで300馬力・1200kg台の軽量マシンになる!」はいかがでしたでしょうか?

気になる価格は、800万円などの噂がありますが、マツダのエンジニアが海外で「フェアレディ370Zよりは高い価格になるでしょう」と発言があったみたいなので、400万~500万円くらいになるのではないでしょうか?

さらにフラッグシップスポーツカーとして「RX-9」登場の情報がありますので、そちらが800万円になる可能性があります。

トヨタ スープラ・ホンダ S2000・日産 フェアレディZなど新型ライバル車の販売が予定されているので、マツダとしても対抗できるスポーツカーの新型RX-7の開発が急ピッチで進んでるかと思われます!

新しい情報が入り次第お伝えしていきますので楽しみに待っててくださいね♪

h7VuuUMV

↑↑その他マツダ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. curl より:

    RX-7はpure sport。
    求める性能を最小限のスペックで実現する方向性であってほしい。
    どこかの大陸向にカタログ性能を求めてREにターボ過給をするような時代ではないと思いますよ。
    市販するなら大人仕様の20B(NA)、むしろ、12Aを3RE化したHCCIでお願いしたい。EVに移行してしまう前に、12気筒に劣らないエンジンの滑らかな回転を実感してくださいな。そして、それがRX-9なら賛成です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です