300系 新型ハイエース フルモデルチェンジ!ハイブリットは搭載されるのか??

シェアする

引用元 http://toyota.jp/hiacevan/gallery/

現行の200系ハイエースは、2015年12月で販売11年をむかえた車です。

その優れた積載能力で、社用車・福祉車両・キャンピングカー・救急車などハイエースを見掛けない日はないくらいに、みんなの生活に欠かせない車になってますね。

このため長年製造販売され使用者から支持を集め優れた車に与えられる「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞した。

中古市場でも人気があり10万キロ乗った程度じゃ価格が落ちません!

更に豊富なカスタマイズパーツが販売されてますので、一般のオーナーさんがバリバリにカスタムしてるのが多いですね♪

こういったカスタムにも対応できて、汎用性も高いハイエースが長年愛されるのも納得です。

そこで今回は噂の300系ハイエースフルモデルチェンジについてまとめました♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型300系ハイエースはキャブオーバーからセミボンネットに変更?

現行200系ハイエースは、エンジンが運転席と助手席の下にある「キャブオーバー」というエンジン搭載方法長らく採用していて、フロントガラスからボンネットまでが一直線になっているのが特徴です。

新型300系ハイエースで、この「キャブオーバー」からミニバンではお馴染みの「セミボンネット」に変更する噂があります。

carlineup_vellfire_grade_grade6_28_pc

この「ヴェルファイア」が採用してるのがセミボンネット。

見ての通りハイエースと違って、エンジンが運転席と助手席の下に無く前にありますね。

  • キャブオーバーメリットは?

街中を走ってるトラックもキャブオーバーを採用しており、エンジンが運転席下に位置するので、二列目から後ろのスペース広くとることが出来、同じく長さでも有効的に活用できます。

そのため「セミボンネット」車より詰める荷物が多くなるのです。

  • キャブオーバーのデメリットは?

エンジンが真下にあることで騒音問題やエンジン熱による暑さがあげられます。

その他にも、安全面は「セミボンネット」に比べて衝撃をエンジンが吸収してくれないのでダイレクトに伝わってしまいます・・・

更に歩行者に対しても衝撃吸収ポイントが少ないのと、そのボディ形状でダメージが多くなってしまいます。

  • セミボンネットのメリットは?

衝突時の安全性が高いことですね。運転手だけではなく、歩行者に対してもキャブオーバーより衝撃吸収してくれます。

メンテナンス関係キャブオーバーより優れているでしょう。

  • セミボンネットのデメリットは?

積載能力が少なくなってしまうことが一番ですね・・・二列目以降のスペースがやはりキャブオーバーより劣ってしまいます。

衝突安全性で劣ってしまうキャブオーバーですが、ロアメンバー・アッパーメンバー・ドアビームなどで強化して乗員の安全性を高める工夫をしています。

今後300系ハイエースはグローバル展開を予定しているので、衝突安全性能の強化は必須科目になるようですね!

新型ハイエースのパッケージングは?

200系ハイエースの最大に室容長は、3000mmを実現しています!やはりキャブオーバータイプは前席が車前方に来るので広いですね♪

一方新型300系ハイエースの室内長の予想は、2380mmになっており約620mmもの違いが生まれる・・・

しかしリアシート収納方法を工夫することで、積載量は減らさないようになるようです!シエンタのようにダイブ収納採用か?

スポンサーリンク

フルモデルチェンジで搭載エンジン・ハイブリットはあるの?

恐らく新型300系ハイエースには、今話題のクリーンディーゼルエンジン搭載されるでしょう。

この前モデルチェンジした「プラド」で採用された2.8LGD型エンジン 1GD-FTVの搭載が濃厚です。

  • 最高出力:177PS/3,400
  • 最大トルク:45.9kgm/1,600~2,400
  • JC08燃費:11.8km/l

従来型比の約30%小型化されており、燃費向上と安全性向上の両立ができます。

現在、ワゴンにはガソリンモデルしかありませんが、フルモデルチェンジでは全車ディーゼルエンジン採用がされるかもしれませんね。

新型ハイエースにハイブリッドモデル登場を待ち望んでる方が多いと思いますが、トヨタの方針としては、「1つの車にハイブリットとディーゼルを同時にラインナップしない」との事ですので、300系ハイエースにハイブリットは厳しいかと思われます。

それに商用車であるハイエースに、バッテリーやハイブリッドシステムを搭載したら、荷室スペースが犠牲になってしまいますからね・・・

次期300系ハイエースの発売時期は?

日刊自動車新聞が記載した内容で気になる点がありました。

トヨタ自動車は2017年から2018年にかけて「働くクルマ」の導入・改良を進めていくとされていますので、ハイエースは勿論、働く車なのでこの期間でフルモデルチェンジされることでしょう!!

歴代のハイエースで一番長くモデルチェンジされなかったのは、100系ハイエース~200系ハイエースの15年です。

そこで今回の新型300系ハイエースは2018年に発表されて、2019年に販売開始されるんじゃンないでしょうか?

安全装備の充実も期待!

現行型がマイナーチェンジで「セーフティセンスC」を搭載してきますので、300型ハイエースではその上の「セーフティセンスP」の採用が期待されますね!

追従式クルーズコントロールや歩行者対応自動ブレーキが搭載されることで、仕事で使われる機会が多い車ですので、運転手の疲労軽減や安全運転のサポートになるでしょう。

トヨタセーフティセンスCとPの違い!搭載車種・機能・性能は?

フルモデルチェンジ情報まとめ

「300系 ハイエース フルモデルチェンジ!ハイブリットは搭載されるのか??」はいかがでしたか?

もし300系ハイエースがセミボンネットを採用したら、間違いなく現行型ハイエース値段は高騰するでしょうね・・・

しかし新型が販売されても暫くは、200系ハイエースも継続販売するような情報もあります!

駆け込み需要が凄そうな予感!!

ハイエースの見た目が大好きで、ずーっと乗り続ける人がいるのですから、ガラリと外観変わったら受け入れられない心配があります。

しかし近年では自動ブレーキシステムなどで安全性が優先されていますので、300系ハイエースにも運転支援システムの搭載に加え、衝突安全性の高いセミボンネット採用する可能性が高いと思います。

トヨタとしても、ハイエースフルモデルチェンジには相当気を遣うのではないでしょうか?

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

「ハイエース/レジアスエース」にモデリスタから特別仕様車を設定して、2016年7月4日に発売決定!

マイナーチェンジ(一部改良)して「ハイエース/レジアスエース」が2016年6月に販売開始!詳しい変更内容は?

Gb3AT6bO

↑↑その他トヨタ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. koikoi より:

    これってシトロエンのOEMですよね。
    コレが日本で出るんですかね?

    • hikaru より:

      セミボンネットのハイエースが出た場合はこのようなデザインになるのではないかと思い画像チョイスしました!
      これに近いデザインになるので現行ハイエース好きなユーザーは購入しなさそうですね・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です