新型WRX STI ・新型WRX S4 2019年フルモデルチェンジ予定!エンジン・アイサイトは?

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

スバルが販売するスポーツセダン「WRX STI」・「WRX S4」のフルモデルチェンジが2019年頃に予定されています。

東京モーターショー2017年では「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT 」を世界初公開される。

このコンセプトモデルが新型WRX STI ・新型WRX S4となるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型WRX STI ・新型WRX S4のフルモデルチェンジでエクステリアは?

公開された「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT 」をベースに開発されていることは間違いないでしょう。

現行モデルの正常進化となる予想ができますね。

ボンネットに大きなエアインテークが確認できいつものスバルで安心できます。

スバル共通のデザインフィロソフィ“DYNAMIC×SOLID”に基づくスポーツセダンスタイルを採用

インテリアは?

現在インテリアの画像などは公開されていませんが、新型インプレッサよりスバルのインテリア質感が大きく向上しました。

新型WRX STI ・新型WRX S4のフルモデルチェンジでは同じように高級感あるインテリアになるのではないでしょうか?

新型WRX STIのフルモデルチェンジでエンジンは?

スバルが今後進める商品戦略では、フルモデルチェンジの2019年には新エンジン投入となっています。

またプラグインハイブリッドの項目も注目です。

新型WRX STIに搭載されているエンジンは、1989年に初代レガシィより採用している「EJ20」を改良しつづけて現在にいたります。

20年以上採用が続いたエンジンですが、フルモデルチェンジでは新エンジンになるようです。

  • FA20型 2.0L 水平対向4気筒直噴ターボエンジン
  • 最高出力:310ps/5600rpm
  • 最大トルク:45.0kgm/4800rpm
  • 駆動方式:4WD
  • トランスミッション:6MT

FA20型は現行S4やBRZに搭載されているエンジンになっており、このエンジンを専用チューニングするとされています。

新型WRX S4のエンジンは?

2019年に予定されている1.8L水平対向ターボエンジンが搭載されるのではないでしょうか?

最大熱効40パーセントを目標に開発されており燃費性能も期待が出来ます。

また水平対向4気筒+ターボ+モーターとの情報もあるようなので、ハイブリッドスポーツセダンの販売にも期待ができる。

次世代プラットフォームSGP採用へ

スバルが採用を始めた新開発プラットフォームSGPを、新型WRX STI ・新型WRX S4のフルモデルチェンジで採用します。

  • ステアリング操作に正確なので修正舵が減ることで同乗者の疲労や酔いを軽減することが出来ます。
  • 路面状況を問わず、不快な振動・突き上げ・騒音を軽減してくれます
  • 徹底した高剛性化によって万が一の事故時に乗員を保護します
  • またとっさの危険回避性能も向上することで未然に防げる可能性がある

またハイブリッド化が前提とした設計となっているので、トヨタから供給されるハイブリッドシステム採用車を増やしていくと思われます。

【スポンサードリンク】

新型WRX STI ・新型WRX S4のフルモデルチェンジでアイサイトは?

現行WRX S4ではマイナーチェンジで「アイサイトツーリングアシスト」に進化して搭載されています。

  • 全車速追従式クルーズコントロール

0km/h~約120km/hの速度域でアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動アシストしてくれます。

  1. 渋滞時:車線が見えない状況でも先行車に追従
  2. 混雑時:区画線と先行車の情報を組み合わせて追従
  3. 高速巡航時:先行車がいない状態でも車線を感知して中央にキープ

アイサイトver3と比較するとクルーズコントロール上限アップ・渋滞追従・レーンキープ速度が60キロ以下は出来ないのが全車速対応

  • プリクラッシュブレーキ

衝突の危険がある場合は、ドライバーにディスプレイとブザーにて警告

その時にブレーキ操作があった場合はブレーキ力のアシストが入り、ブレーキ操作が無い場合は自動ブレーキが作動して衝突の回避または軽減を行う。

  • 後退時自動ブレーキシステム

バック時に障害物がある状態でアクセル操作があった時には、警告音&警告表示とブレーキ制御を行います。

  • AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御

停止または徐行時に前後障害物を、感知した状態で急アクセル操作などあった場合に、エンジン制御を行うことで衝突を防ぎます。

  • 警報&お知らせ機能

高速道路などで走行している状態でふらつきを感知したらドライバーに知らせる

先行車が3メートル以上離れても発進しない場合はお知らせ

40km/h以上で走行中に車線から逸脱しそうになると、警報音と警告表示で注意

新型WRX S4ではアイサイトの進化バージョン搭載が予想できますので、より自動運手に近いものになるでしょう。

発売日や価格は?

まずは2017年東京モーターショーにてコンセプトモデルを世界初発表を行います。

現在の情報では発売日は2019年度中とされている。

販売価格については現行モデルよりアップされることは間違いないです。

予想としては20万円前後となるのではないでしょうか?

詳しい情報が入り次第すぐにお伝えします!

まとめ

「新型WRX STI ・新型WRX S4 2019年フルモデルチェンジ予定!エンジン・アイサイトは?」はいかがでしたか?

現段階では詳しい情報があまり出ておらず、予想の部分が多いですが東京モーターショーを境に情報が多くなると思われます。

STIは新エンジンを搭載

S4はダウンサイジングターボもしくはハイブリッドモデルになると予想できます。

また現在ではアイサイトツーリングアシストですが、さらなる進化したアイサイトの搭載も予想されますね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする