話題のトヨタG’sグレードってなに?ラインナップ・価格・走りは?

シェアする

carlineup_gs_top_01_pc

いまCMなどで耳にすることが多いトヨタG’sですが、このグレードはスポーツカーは欲しいけど家族がいて、無理なお父さん方に是非ともおススメしたいモデルなんです!!

スポーツカー乗ってドライブしたけど、子供や奥さんがいるから諦めてる人もG’sグレードはミニバン・コンパクトカー・ハイブリッド・SUVのジャンルがあるので好きなジャンルから選べるのが嬉しい♪

今回はそんな魅力的なトヨタG’sグレードの違い・性能・ラインナップ・価格をわかりやすく記事にしましたので読んでみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタG’sグレードはノーマルと何が違うの?

引用元 http://gazooracing.com/pages/gs/

引用元 http://gazooracing.com/pages/gs/

トヨタG’sグレードは、踏んだ分だけ素直に反応するアクセル。カーブを気持ちよく素直に曲がるステアリングを目指して設計されていますので、ファミリーカーでは退屈になりがちな山道でも楽しく運転することができますよ。

トヨタG’sグレードはただのドレスアップじゃなくてチューンアップになります!!

G’sグレード強化ポイントは?

画像は現行プリウスの一個前のモデルになりますが、このようにスタビライザーの追加・メンバーブレース・スポット溶接追加などによる車体の剛性強化によって、ノーマルに比べてトヨタG’sグレードは比較にならないほど別のシャーシに出来上がっています!!

トヨタでテストもスポット溶接の数やブレースの強度や位置を何度も何度も、繰り返して試行錯誤を車種ごとにして、乗り心地を損なわずに最適な剛性強化施しています。

トヨタG’sグレードはサスペンションも違うの?

引用元 http://gazooracing.com/pages/gs/about/

引用元 http://gazooracing.com/pages/gs/about/

G’sグレードはシャーシ強化に合わせてサスペンションも見合ったものを装備していますよ。

低重心化による車両のコーナリング姿勢を安定させるために、ローダウンスプリングを採用することで見た目は元論、操縦安定性を大いに高めています。

徹底したチューニングされたサスペンションはG’sグレードにおけるコンセプトの「意のままで気持ちいい」を運転するドライバーに感じてもらえるはずです♪

今現在のトヨタG’sグレードラインナップは?

ヴォクシー・ノアミニバンにもG’sグレード設定されました!フルモデルチェンジから遂にラインナップされてG’sグレード販売スタートです!

背の高いミニバンだからこそ走りが楽しいほうがいいですからね♪

プリウス現行型になってからは、プリウスαのみの設定になっています。

それでは今新車で買えるトヨタG’sグレード見ていきましょう!!

TOYOTA【VOXY G’s】

mainvisual

元々迫力のあるフロントですが、専用エクステリアで更に迫力が増しています!

大口径ホイールとレッドキャリパーがかっこいいですね♪

  • G’s VOXYの強化ポイント

フロント・リヤ・センターにブレースを追加してボディ剛性ねじれを抑制することでステアリング反応を高めます。

コイルスプリングのバネレートを約1.6倍(フロント)に強化してローダウンサスペンションで前20mm、後25mmダウン

またマフラーサウンドにこだわっているのも特徴です!

  • 価格は¥3,119,237円

TOYOTA【NOAH G’s】

mainvisual-1

こちらもより一層迫力のあるエクステリアを与えられていて、ノーマルモデルと一目で違うのがわかります!

  • G’s NOAHの強化ポイント

フロント・リヤ・センターにブレースを追加してボディ剛性を向上!

車両下部の前後に空力フィンを装備することで高速走行時に車体を安定させます。

バネレートを約1.6倍(フロント)に強化してローダウンサスペンションで前20mm、後25mmダウンすることで引き締まった印象と走りに影響を与えます

18インチのホイールと専用ブレーキパッドも装備している。

  • 価格は¥3,119,237円

TOYOTA【アクア G’s】

cartop_link01

引用元 http://gazooracing.com/pages/gs/aqua/

ノーマルグレードでは可愛らしいアクアですが、G’s専用のエクステリア与えられてワイルドになったアクアは、スポーツカーそのものですね!

フォグライト下のLEDイルミネーションがカッコいいですよね♪

  • G’s アクアの強化ポイント

前方部と中心部から後方部にかけてブレースを追加するのに加えて、ドア開口部などにスポット溶接を10点追加することで剛性強化しています。

サスペンションはフロントのバネレートを約1.8倍、リヤを約1.97倍の強化とノーマル比2.5cmのローダウンが施されています。

  • 価格は¥2,431,963

TOYOTA【Vitz G’s】

引用元 http://gazooracing.com/pages/gs/vitz/equipment/exteriorequipment/

引用元 http://gazooracing.com/pages/gs/vitz/equipment/exteriorequipment/

セカンドカーで主婦の方や通勤車に使われることが多いヴィッツですが、このコンパクトカーもG’sグレードの設定によって、スポーツカーに進化しています。

  • G’s Vitz強化ポイント

フロント・リヤに、ブレースを追加・スポット溶接をロッカーパネルに追加することでステアリング反応の向上と共に姿勢の安定が望めます。

サスペンションはフロントのバネレートを約1.41倍、リヤを約1.24倍に加えて、ノーマル比10mmのローダウンがされています。

ヴィッツはG’sで唯一の5MTマニュアルトランスミッション

  • 価格は¥2,096,182円~

TOYOTA【ハリアー G’s】

引用元 http://gazooracing.com/pages/gs/harrier/

引用元 http://gazooracing.com/pages/gs/harrier/

悪路走行快適な乗り心地でスポーツ走行とは、無縁そうなSUVのハリアーもG’sグレードに限ってはそんな印象はなくなります。

悪路走行とスポーツ走行の両立ができるG’sハリアーに死角なしですね♪

  • G’s ハリアー強化ポイント

フロント・リヤにサスペンションメンバーブレースの追加、スポット溶接はサイドドア開口部に左右6か所・合計12か所、バックドア開口部に6か所の追加がされています。

これによりSUVらしからぬボディ剛性強化になっています。

サスペンションはバネレートの強化をしてフロント約1.48倍、リヤ約1.13倍

車高はノーマル比35mmダウンによって車高の高いSUVのロールを抑えることが出来コーナリングを気持ちよく走り抜けます。

更に装着ホイールは19インチに拡大されており、それに合わせてブレーキディスクも17インチの大口径変更されています。

  • 価格は、2WDが¥3,291,055・4WDが¥3,485,455円

TOYOTA【マーク X G’s】現在廃止!

飲用元 http://gazooracing.com/pages/gs/markx/equipment/exteriorequipment/

飲用元 http://gazooracing.com/pages/gs/markx/equipment/exteriorequipment/

ミドルセダンで人気のマークXをスポーツカーに変身させてしまいました!!

攻撃的なフロントマスクと四本出しのマフラーの装備がやる気を出させてくれますね♪

元々セダンは他のボディタイプに比べて、ロールの少なさやボディ剛性が高いのですがG’sグレードは更に走りを磨き上げています!!

G’s マーク X強化ポイント

フロント・リヤにブレース追加・スポット溶接を16箇所ロッカーフランジに追加することで、FRセダンの走行性能を高めて、走る楽しさを教えてくれます!!

更にアンダーカバー・フロントのバンパーコーナーをカナード形状することでダウンフォースを発生させて車体の安定性を高めます。

コイルスプリングのバネレートをフロント約1.53倍、リヤ約1.24倍の強化に加えて、ローダウンサスペンションの装備によりノーマル比、前20mm、後15mmダウンしています。

装着ホイールは19インチになり、それに伴いブレーキディスクも18インチの対向4ポットキャリパーを装備して、強力なブレーキ性能を手に入れていた!

価格は、350S“G’s”で4,320,000円・250G“Sパッケージ・G’s”で3,692,572円

TOYOTA【プリウス α G’s】

飲用元 http://gazooracing.com/pages/gs/priusalpha/equipment/exteriorequipment/

引用元http://gazooracing.com/pages/gs/priusalpha/equipment/exteriorequipment/

現行プリウスにはまだG’sグレードの設定がありませんが、一個前のプリウスαには設定があり、今現在でも新車購入できる車です!

ワゴンの快適性能はそのままに、山道を走るのが楽しくて遠回りしてしまうかもしれませんね!!

五人乗りと七人乗りの二つがランナップされていますので、家族が多い方でも安心して購入できますね。

  • G’s プリウス α 強化ポイント

プリウスαは車体前後に空力ファンの搭載することで高速走行時に車体の安定に貢献しています。

フロント・リヤにブレース、リインフォースを追加することで、車体のロール・ねじれを抑制することで操作に対する車体の応答が格段に向上してます!

サスペンションのバネレート強化・フロント約1.37倍、リヤ約1.17倍にアップ。車高はノーマル比15mmダウンになっています。

  • 価格は、5人乗りが3,292,037円・7人乗り3,497,237円

トヨタG’sグレードのまとめ

「話題のトヨタG’sグレードってなに?ラインナップ・価格・走りは?」はいかがでしたか?

いまはフルモデルチェンジG’sグレードが無くなってしまったヴェルファイア・アルファード・新型プリウスですが、今後テストを繰り返してG’sグレードは復活するでしょう!!

特にヴェルファイア・アルファードは車体の基本性能が格段に上がっているので、G’sグレードで走りの進化がどうなるか楽しみですね♪

ちょっと前までのトヨタは走る楽しさは全くなかったのですが、G’sグレードの設定し始めたころからノーマルグレードでも力を入れてくるようになりましたね。

やはり車は道具ですが、運転する楽しさは大事だと思うので今後も魅力的な車を作り続けてもらいたいですね!

Gb3AT6bO

↑↑その他トヨタ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 風来坊 より:

    今年の春~夏にかけてノア、ヴォクシー、ハリアーがマイナーチェンジするからG’sモデルが一気に無くなりそう
    後にアクアもマイナーチェンジするらしい
    プリウスαの情報がわからないが
    次期モデルの開発中はプリウス、ヴィッツぐらいしか聞けてないです
    他にも開発中の車種があると思いますが

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です