2017年8月 新型ジェイド マイナーチェンジ!5人乗りモデル追加とエクステリアデザイン変更

シェアする

ホンダが販売するステーションワゴンミニバン「ジェイド」が2017年8月にマイナーチェンジされて新発売されることが判明しました。

ホンダ ストリームの実質後継モデルでしたが、3ナンバー化や三列シートの実用性などが影響して思ったようなセールスが得られていません。

またジェイドは価格帯も少し高くファミリー層は、スライドドアのステップワゴンなどの流れているようです。

今回の2017年マイナーチェンジで新型ジェイドとして販売される時には、中国仕様で設定されている2列5人乗りモデル追加と、新しいヘッドライトデザインやバンパーを採用しててこ入れされますので、どのように改良されるか見ていきたいと思います♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年 新型ジェイド マイナーチェンジで変更されるエクステリアは?

上が現行型で、下がマイナーチェンジ後のジェイドになります。

新型はすでに中国市場で販売されており、中国仕様と殆ど変更ないまま販売されるでしょう。

ヘッドライトデザインは、最近のホンダ車が採用している新しいLEDヘッドランプになっています!

フィットもマイナーチェンジでこのヘッドランプを採用してくる情報があります。

またフォグランプもLEDタイプに変更されているのが確認できます。

フロントだけではなくリアデザインも変更されており、今まではマフラーが隠されていましたがマイナーチェンジでは二本出しに変更がされています。

それと同時にアンダーガーニッシュもスポーティになっていますね。

上が現行で下が新型のリアビューになります!

また日本仕様ではどうなるか未定ですが18インチアルミホイールも変わっているのが確認できます。

このようにエクステリアは変更されて販売されるでしょう♪

2017年マイナーチェンジで2列5人乗り仕様追加か?

すでに中国市場では投入されている、二列5人乗りモデルがマイナーチェンジで追加されて販売されるようです。

ストリームでも5人乗りモデルが設定されており、ステーションワゴンとして使いたいユーザーに好評でした。

価格についても6人乗りモデルよりも安く設定して販売されます。

ジェイド独自のVスライドシートはなくなりますが、収納式のアームレストなどが装備されます。

スポンサーリンク

エントリーモデルで1.8L NAエンジン追加か?

ジェイドは価格の高さもあり、売れ行きが好ましくない原因の一つだと思います。

中国仕様では設定されている1.8L NAエンジンを新たに設定して価格を抑えたエントリーモデルの追加が予定されているようです。

このエンジンはストリームにも搭載されていたものになります。

エンジン種類・シリンダー数 水冷直列4気筒
総排気量(cm3 1,799
内径×行程(mm) 81.0×87.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 103[140]/6,300
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 174[17.7]/4,300
圧縮比 10.5

新型ジェイド マイナーチェンジ後の価格は?

  • ハイブリッドモデル
  • 6人乗り:275万円
  • 5人乗り:255万円
  • 1.5Lターボモデル
  • 6人乗り:257万円
  • 5人乗り:237万円
  • 1.8L NAエンジン
  • 6人乗り:215万円
  • 5人乗り:200万円

このような価格になるのではないでしょうか?

エントリーモデルが追加されれば比較的購入しやすい価格帯といえますね。

情報まとめ

「2017年8月 新型ジェイド マイナーチェンジ!5人乗りモデル追加とエクステリアデザイン変更」はいかがでしたか?

やはり現行ラインアップではハイブリッドとターボモデルしかないため、どうしても価格が高めになっています。

ハイブリッドより安いターボでも、ステップワゴンが購入できてしまう価格ですので厳しいです。

管理人は以前1.8Lのストリームを所有してましたが動力性能は十分でした!

ですので1.8Lモデル追加したら、そこそこ売れるのではないでしょうか?

ジェイドの強みは全高1530mmで、タワーパーキング対応1550mmをクリアしてる点でしょう。

2017年8月のマイナーチェンジで販売にどのような影響があるか楽しみです!

また日本仕様の詳しい情報が入り次第お伝えしますね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です