2016 BMW i3 走行距離1.5倍に拡大してマイナーチェンジ!

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

bmw-i3-new-01

BMW初の電気自動車として、2013年に発売されました!

カーボン素材や大口径のホイールを採用するなど軽量化などして走行距離を伸ばしています。

さらにEV車のほかにも、発電用エンジン搭載したレンジエクステンダーの設定もあります。今度、日産が販売するノートEVもこのタイプですね!

「日本初!発電エンジン搭載の新型ノートEVの性能・エンジン・燃費・価格は?」

ちなみに日本仕様のBMW i3は海外モデルと比べて40mmほど全高が低いのは、日本の立体駐車場に入れるようにしているからです。

今回は、そんな電気自動車のBMW i3のマイナーチェンジで何が変わるのか見ていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 BMW i3 マイナーチェンジで伸びる走行距離は?

bmw-i3-new-11

現行BMW i3の走行可能距離は約190kmで、バッテリー容量60Ahのスペックです。

2016マイナーチェンジによってバッテリー容量94Ah・走行可能距離300kmに大幅pわーアップを実現します!!

バッテリー容量アップに伴い充電時間が3.5時間から4.5時間になっています。

レンジエクステンダーモデルも同じくバッテリー容量がアップしますよ!

急速充電で接続すると80パーセントまで30分で充電が可能ですので、ドライブの休憩中に十分な電気を充電できますね!

BMW i8と同じプロトニック・ブルーを選択可能になります。

bmw-i3-new-12s

bmw-i3-new-13s

2016 BMW i3 マイナーチェンジ情報まとめ

「2016 BMW i3 走行距離1.5倍に拡大してマイナーチェンジ!」はいかがでしたか?

日本でも日産リーフやノートEVなど電気自動車の割合がどんどん拡大していきます。

EV車で有名なテスラ社からは、お求め安いテスラ モデル3の登場も予定されていますので、本格的に電気自動車の時代がやってきますね♪

今回の2016マイナーチェンジによって走行距離が伸びるBMW  i3ですので、ちょっとしたドライブなら十分可能になっています!

あとは急速充電スタンドの設置拡大が今後、電気自動車が売れるかどうかの課題ですね。

「電気自動車テスラ モデル3とはなに?航続距離やスペック詳細!」

「新型 プリウスPHV フルモデルチェンジ♪航続距離・デザイン・価格は?」

「2016年日産セレナ フルモデルチェンジ!!燃費・エンジン・発売日の今わかることすべて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です