新型XVハイブリッド C型マイナーチェンジは2018年10月頃発売!アイサイトの変更・価格はどうなる?

2017年5月に発売された新型XVはインプレッサをベースにしたSUVになります。

そんな新型XVは発売から一年後の2018年10月にC型にマイナーチェンジされて新発売されます!

インプレッサは10月5日にB型に改良されましたが、XVは登場の時点でB型ですのでマイナーチェンジでC型になります。

先代XVも登場時はC型からスタートしています。

今回は新型XV C型マイナーチェンジの内容をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スバルXV マイナーチェンジではハイブリッドe-BOXER追加?

フルモデルチェンジによってSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用したXVですが、このプラットフォームはハイブリッドモデルにも対応しています。

確定情報で2018年10月のマイナーチェンジではハイブリッドモデルが追加される

この新型XVハイブリッドはフォレスターに搭載されている「e-BOXER」と呼ばれる2.0L水平対向エンジンとハイブリッドを組み合わせたものになります。

新型XVハイブリッドe-BOXERは新グレード「アドバンス」と呼ばれるものが設定されます。

新型XVハイブリッドe-BOXERのエクステリア・インテリアは?

XVハイブリッド専用カラー「ラグーンブルー・パール」を設定します。

インテリアもアドバンス専用のブルーを基調としたものになっており爽やかなイメージですね♪

新型XVハイブリッドe-BOXERのスペックは?

走りの愉しさと運転のしやすさを誰もが実感できる、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた新開発のパワーユニット「e-BOXER」。効率を高めた2.0L 直噴エンジンを筆頭に、コンパクトで高性能なモーターとバッテリーをシンメトリカルAWDレイアウトに統合。優れた重量バランスと低重心を実現しました。各部の最適化と燃費の向上を追求したリニアトロニックとあわせて、アクセルをひと踏みした瞬間からスムーズに加速する軽快な走りを提供。さらに加速やブレーキの質感にもこだわり、発進と停止をくり返す市街地などでの扱いやすさも磨き上げています。

引用元https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

基本的のフォレスターに搭載されているハイブリッドと同じものになりますが味付けが異なるようでXVらしい軽快なセッティングになります。

  • 新型XVハイブリッドe-BOXER
  • 水平対向4気筒DOHC直噴
  • 最高出力:145ps/6,000
  • 最大トルク:19.2kgm/4,000
  • モーター
  • 最高出力:13.6ps
  • 最大トルク:6.6kgm
  • トランスミッション:リニアトロニックCVT
  • 駆動方式:AWD
  • 使用燃料:レギュラーガソリン

フォレスターではJC08モード燃費 18.6km/lとなっていますが、新型XVハイブリッドでは20km/Lを超えてきます。

XVの方が車両重量が軽いためです。

今後このハイブリッドe-BOXERシステムは搭載車種が拡大されていくでしょう!

新型XV C型マイナーチェンジでアイサイトの変更は?

XVに搭載されているアイサイトはver3になっています。

これはインプレッサでも同じで以下の機能が搭載されてる

  • プリクラッシュブレーキ

搭載されたステレオカメラで前方を監視して、車や歩行者に衝突の恐れがある場合は被害の軽減を行います。

  1. 速度差が約50km/h以下なら衝突回避、または被害軽減
  2. 停止後は停止状態をキープ
  3. ブレーキ操作があった場合はブレーキ力をアシスト

これらのサポートによって事故の発生を防いだり軽減してくれる

  • 全車速追従機能付クルーズコントロール

設定速度0キロ~100キロの範囲内で運転手が設定すると、その速度内でブレーキ・アクセル操作を行い車間距離を自動的に保ちます。

  • アクティブレーンキープ

搭載されたステレオカメラによって車線を感知

感知している最中は車線中央を維持しやすいようにステアリングアシストを行います。

  • AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御

停止状態から発進するときにステレオカメラが前方の壁や障害物を検知した状態で、アクセル操作があったら警報音と警告表示で注意

同時にエンジン出力制御を行います。

Rレンジで急アクセル操作を行った場合も同じ制御が働きます。

基本的に上記の機能に大きく変更はありません!

レヴォーグD型より採用された「アイサイトツーリングアシスト」へのアップデートも新型XV C型で期待はされます。

【スポンサードリンク】

新型XV C型では以下の機能が強化される。

  • 後退時自動ブレーキシステム

バック走行中に障害物を感知すると自動的にブレーキ操作が入って衝突を防いでくれます。

バンパーに搭載された4つのセンサーが感知して、車内のモニターで確認・警報でお知らせ!

  • 夜間走行時歩行者認識性能の向上

ステレオカメラのアップデートによって夜間走行時の歩行者感知性能が向上されます。

  • アイサイトセイフティプラスにサイドビューモニター追加

助手席側ドアミラーにカメラを搭載されて、縁石などの障害物が確認しやすくなります。

路肩にギリギリ寄せる場合や狭い道でのすれ違いに役立ちます。

アイサイトツーリングアシストとは?

レヴォーグD型より初採用となったアイサイトver3のアップデートバージョンになります。

  • アクティブレーンキープ作動速度拡大

現在のアシスト開始速度は65キロ以上となっていましたが、ツーリングアシストでは0キロ~アシストが入るようになります。

これによって全車速クルーズコントロールとの組み合わせで、渋滞時でもステアリングアシストが介入することで疲労軽減になります。

  • オートクルーズ設定速度向上

多くの国産車では速度上限は100キロ(115キロ)までになっていましたが、ツーリングアシストでは今後高速道路の最高速引き上げを考慮して120キロ(135キロ)に引き上げられます。

最近では新型車・マイナーチェンジによって速度上限引き上げられるようになってきました。

新型XV C型マイナーチェンジ後の価格は?

インプレッサB型と同じくらいの価格アップと考えると、新型XV C型は21600円の値上げになります。

車型 エンジン 駆動 変速機 グレード 価格(単位:円)
消費税抜 消費税込
SUBARU 、 1.6L 水平対向
4気筒 DOHC
AWD リニアトロニック 1.6i EyeSight 2,001,600 2,160,000
ルーフレール装着車 2,056,000 2,214,000
1.6i-L EyeSight 2,101,600 2,268,000
ルーフレール装着車 2,151,600 2,322,000
2.0L 水平対向
4気筒 DOHC
2.0i-L EyeSight 2,321,600 2,505,600
ルーフレール装着車 2,371,600 2,559,600
2.0i-S EyeSight 2,501,600 2,700,000
ルーフレール装着車 2,551,600 2,754,000

発売日は2018年10月頃の予定となっています。

まとめ

「新型XVハイブリッド C型マイナーチェンジは2018年10月頃発売!アイサイトの変更・価格はどうなる?」はいかがでしたか?

基本的にはインプレッサB型の改良内容と同じようなものになるでしょう。

もしかしたら一足早く「アイサイトツーリングアシスト」の搭載もあり得るかもしれませんね♪

ハイブリッドの設定でどのような走りを見せるを見せるのか楽しみです。

同じハイブリッドe-BOXERを搭載したフォレスターとは異なる設定のようです。

引き続き新型XV C型マイナーチェンジ情報が入ってきたらすぐにお伝えしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする