新型S2000 フルモデルチェンジで復活!?エンジン・発売時期・価格は?

シェアする

honda_s2000_000989s

ホンダの創業50周年記念車として、1999年に発売されたFRのオープンスポーツカーがホンダ「S2000」です。

S2000の車名が表す通り、搭載されたエンジンは

  • NA 2.0L 4気筒DOHC VTECエンジン
  • 最高出力250PS/8,300rpm
  • 最大トルク22.2kg・m/7,500rpm

自然吸気エンジンでは最強のスペックを誇っていました。

オープンカーであるが、S2000は「ハイXボーンフレーム構造」と呼ばれる強固なシャーシとフロントピラーへは二重鋼管で強化され、運転席後方には高強度のロールバーを配置することによって、強靭な車体剛性を実現しています。

S2000は、車両重量1240キロ~1270キロと軽量なボディとハイパワーなエンジンで、走り好きの心を掴んで生産終了までに全世界累計11万台以上を販売しました!

そんなホンダが誇るFRスポーツ「S2000」が新型としてフルモデルチェンジされるらしい情報がありますので、新型S2000に搭載されるエンジン・価格・発売時期情報まとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型ホンダ「S2000」に搭載されるエンジンは?

ホンダが2015年にフルモデルチェンジし販売した「新型シビックタイプR」に搭載されてるエンジン、2.0L直列4気筒VTECガソリンターボの300馬力をチューニングしたものと、噂されていましたが新開発の噂もあります。

またエンジン搭載位置もミッドシップレイアウトの情報がありましたが、

新型S2000ではフロントエンジン・リア駆動となり専用のプラットフォームが与えられます!

縦置き専用VTECに期待が高まります♪

搭載されるエンジンはターボなのですが「電動2ステージターボ」と呼ばれるもので、コンプレッサー部分を独立させてモーター駆動させる次世代ターボです。

電動2ステージターボは従来のターボよりも効率がよく2.0Lで300PSを軽々オーバーしてくるようです。

インタークーラーの小型化やパイピングの整理によってエンジン搭載位置を低くすることができ、スタイリングとハンドリングの両立がされる。

2.0Lのほかにも1.5Lエンジンの試作もおこなわれているようです。

  • K20型直4ターボエンジン
  • 最高出力:320PS/6500rpm
  • 最大トルク:41.0kgm/2500~4500rpm

トランスミッションは?

搭載されるものは「デュアルクラッチミッション DCT」の8速か9速が用意される。

トランスミッションをリアデフ直前にもってくる「リア・トランスアクスル」の可能性もあるようです。

いずれにせよ新型S2000用に新開発されたトランスミッションが与えられます!

更に軽量スポーツカー魅力的だったS2000でしたので、新型にフルモデルチェンジする場合も、カーボンファイバーとアルミの組み合わせで車両重量1300キロ目指して開発中です♪

新型S2000の発売時期と販売価格はどうなる?

発表は2017年ごろで発売時期としては2018年を予定しているようです。

2018年9月はホンダ創業70年にあたるので、先代も50周年記念モデルとして販売された歴史があります。

S2000の他にも弟分の「S1000」の販売も噂されてます。このところホンダはスポーツカーに力入れてますので良い傾向ですね♪

気になる新型S2000に販売価格は、400~600万円と予想されています。

軽量化のため、カーボンやアルミの使用に加えてハイブリットシステムの搭載がボトルネックになりそうです。

もうちょっと若者が買いやすい車にしてくれると嬉しいのですがね・・・

できればトヨタ「86」.スバル「BRZ」の値段が理想。

zsx1_201608141540010f2s zsx2_201608141540029ebs zsx3_20160814154003807s zsx4_2016081415400573fs zsx5_20160814154006057s

ボディサイズは?

  • 全長:4250mm
  • 全幅:1850mm
  • 全高 :1250mm
  • ホイールベース:2400mm

デザインはNSXに近いものとされており、ベビーNSXと海外では呼ばれています。

東京モーターショーにてなんらかのコンセプトモデルの発表が期待されます。

ライバルたちはどうなっている?

各メーカーともスポーツカーに力を入れ始めているようで、新型車の販売が予定されています。

トヨタ スープラ

BMW Z5と兄弟車になり、上位モデルは直6ツインターボを搭載して340PS発揮!

エントリーモデルは直4ターボで馬力違いで2種類用意されます。

価格も500万円~600万円になるようで、S2000の予想価格に近いです。

「新型スープラ フルモデルチェンジは2019年4月頃発売か!?」

日産 フェアレディZ

直4・2.5L直噴ターボと新開発VR30型V6ツインターボエンジンのラインナップで、エントリーモデルとハイパワーモデルが用意される。

一部加速をアシストするハイブリッドシステムが採用される見込みです。

また手動のソフトトップも用意されるとのこと!

価格は400万円~500万円

「Z35 新型フェアレディZはV6ツインターボを搭載」

マツダ RX-7

遂に次世代ロータリーエンジンを搭載して復活です。

こちらも電気ターボを搭載する可能性があり最高出力400PS

搭載しない情報でも300PSを出してくるようで、1200キロ台の軽量ボディで走りは楽しいでしょう!

価格は400万~500万円

「マツダ新型RX-7 フルモデルチェンジ!新開発ロータリーで300馬力」

新型FRスポーツカー「S2000」フルモデルチェンジまとめ

honda_s2000_000988s

「新型ホンダ S2000フルモデルチェンジで復活!?エンジン・発売時期・価格は?」はいかがでしたか?

今現在、国内で新車販売されてるホンダのスポーツカーは、軽自動車の「S600」くらいしかありません。

新型シビックタイプRは限定モデルではなく、カタログモデルとなる噂もありますが・・・

日本にも新型NSXは販売されますが、値段が高すぎて一般人には到底買えません!

新型シビックタイプRも予約で完売しちゃったので、購入が難しい車です・・・

今回噂れてる新型S2000が国内販売されれば、スポーツカーブーム追い風になるのではないでしょうか?

あとは価格の問題ですね。新型S2000が発売されたところで、肝心の価格が600万円だったら中々手が出ません!

できれば販売価格は、400万前後に抑えてくれるといいのですが・・・

今の日本に必要なのは手ごろで楽しいスポーツカーなので、新型S2000の発売に期待せずにいられませんね♪

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

「ホンダ 新型MRスポーツカー「S1000」のエンジン・価格・発売時期は?」

zkPn_JD1

↑↑その他ホンダ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です