ホンダ 新型シビック タイプR、セダン、ハッチバックが2017年7月日本発売!エンジン、装備、価格は?

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

「東京オートサロン2017」にて新型シビック タイプR、セダン、ハッチバックを2017年7月に日本市場に導入することを発表しました。

一旦はカタログモデルから廃止されたシビックですが、2015年に750台限定車のシビック タイプRはあっという間に完売しました。

シビック タイプR初となるターボを搭載して310PSのパワーを発揮していました。

今回、新型シビックの復活でタイプRもカタログモデルとなり、誰でも購入することが可能になります。

そんな新型シビック タイプR、セダン、ハッチバックの詳しい情報まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型シビック セダン・ハッチバックのデザインは?

かなり攻撃的なエクステリアデザインになっており、ホンダが最近採用している新LEDヘッドライトも確認できます。

ボディサイズ

  • セダン
  • 全長4,630mm
  • 全幅1,800
  • 全高1,415mm

  • ハッチバック
  • 全長4,500mm
  • 全幅1,800mm
  • 全高1,420mm

先代シビックよりも一回り多くなりましたが、日本で取り廻すには問題ないボディサイズです。

トヨタ マークXが近いサイズになるでしょう!

またグレード別装備になると思われますが、リアセンター出しマフラーも特徴的と言えるでしょう。

内装は?

ホンダらしいシンプルで機能的なインテリアになっています。

電動パーキングとオートホールド機能も採用されていますので利便性が良いですね。

メーター表示も面白いと思います!

セダン・ハッチバックのエンジンと価格は?

北米仕様では2種類のエンジンが用意されていますが、日本国内は1.5Lターボエンジンとなるようです。

ハイブリッドモデルは今現在ではアナウンスされていません。

  • 日本仕様予想スペック
  • 1.5L直4ターボエンジン
  • 最高出力:182PS / 6,000rpm
  • 最大トルク:22.4kgm/1700-5500rpm
  • トランスミッション:CVT

日本での販売価格は約220万円~300万円の間で収まると思われます。

新型シビック タイプRも日本復活!

遂にカタログモデルとして新型シビック タイプRが復活して販売されます。

ベースとなる車体が開発されると同時にタイプRの開発もスタートしています!

ですので車体強化は最低限で済み、先代ホワイトボディと比較して16キロのダイエットに成功。

新開発プラットフォーム採用によってリアスペンションがトーションビームからマルチリンクになったのも注目♪

2017年 新型シビック タイプRの搭載エンジンは?

エンジンは先代から搭載が始まった「K20C型2.0L VTEC」に変更はありませんが、各部のリファインによって10PSのパワーアップがされている。

  • 2リッターVTECターボエンジン
  • 最高出力:320PS/6600rpm
  • 最大トルク:41.5lgm/2500-4500rpm
  • トランスミッション:6速マニュアル
  • タイヤサイズ:245/30R20

純正装着されるタイヤは「コンチネンタルスポーツコンタクト6」でNSX・先代と同じ銘柄になります。

ブレーキシステムはフロント対向4ポットブレンボ

日本仕様ではタイヤ銘柄が変更になるかもしれませんね。

また注目なのは今回から新たに採用された「レブマッチシステム」によってシフトダウン時に回転数を自動的に合わせてくれます。

フェアレディZなどでも採用されていますね♪

ニュルブルクリンクをFF最速で駆け抜ける!

先代は7分50秒63でFF最速を記録しましたが、2016年5月にゴルフ・GTIクラブスポーツSが7分49秒21を記録して、FF最速の座を明け渡しました。

今回の新型シビックタイプRでは、再びパワーアップしたエンジンと新開発プラットフォームでFF最速を奪還しました!

タイムは先代から7秒縮めた「7分43秒80」を達成(2017年4月現在FF最速)

コンフォートが追加され快適な乗り心地も実現

タイプRと言えばサーキット前提でセッティングされているため、サスペンションが固く一般道では同乗者には大不評でした。

しかし新型シビック タイプRでは新たに「コンフォート」を追加

  • コンフォート
  • スポーツ
  • +R

の3つを切り替えすることで状況に応じたエンジン制御・サスペンション設定を選択できますので、市街地でも今までのようなガチガチな足回りではないでしょう。

新型タイプRの価格は?

先代が428万円という価格になっていましたが、これはホンダにとってかなりのバーゲンプライスだったようです。

新型タイプRの日本販売価格は450万円前後と予想されます。

情報まとめ

「ホンダ 新型シビック タイプR、セダン、ハッチバックが2017年7月日本発売!エンジン、装備、価格は?」はいかがでしたか?

今回のシビックは新型プラットフォームの採用で軽量化と高剛性を実現して、リアサスもマルチリンクに進化しています。

少し前まではFFで300PSなんて考えれなかったですが、時代の進化は凄いですね!

ちなみにハッチバックとタイプRは英国生産・セダンは日本生産になっています♪

ボディ・価格共にワンランクアップするシビックが再び日本で復活して、どのような販売を見せるか楽しみですね。

S2000復活・S660・新型NSX・新型タイプRと昔のホンダに戻りつつあり嬉しいところです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です