トヨタ 新型TJクルーザー 2018年発売予定でFJクルーザー後継か?エンジン・装備は?

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

トヨタが東京モーターショー2017で世界初発表を行う新型SUV「TJクルーザー」に注目が集まっています。

惜しくも生産中止となるFJクルーザーの後継モデルと考えられています。

新型TJクルーザーの車名の由来は

  • 使いこなすTOOL-BOXの:T
  • 様々な場所に行く楽しさJoyの:J
  • トヨタSUVの伝統CRUISERの:クルーザー

これらを合わせたものになっています。

今回はそんな新型TJクルーザーの装備や搭載エンジンについて詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ 新型TJクルーザーのエクステリアは?

バンの使いやすさとSUVの力強さを融合させたエクステリアになっており、角角したボディが今の車では珍しいですね。

このボディに組み合わされるタイヤは、225/50R20の大口径を履きこなします。

  • ボンネット
  • ルーフ
  • フェンダー

上記の部分にはアウトドアユースで嬉しい、ケアフリー素材(特殊塗装)が採用されています。

荷物を置いても傷つきにくく、泥汚れやスな汚れにも強いのが特徴です。

  • ボディサイズ
  • 全長4300mm
  • 全幅1775mm
  • 全高1620mm
  • ホイールベース2750mm

ほぼクロスオーバーSUVのC-HRと同じようなボディサイズとなります。

デザインで見ると大きく見えますが意外とコンパクトです!

新型TJクルーザーはスライドドア採用!?

見ての通りスライドドアを採用していることがわかりますね。

SUVでありながらバンの使いやすさを融合させた、新型TJクルーザーならではといえます。

荷物の出し入れなスライドドアが便利ですから、市販モデルではどうなるか不明ですが是非とも残しておいてほしいです。

トヨタ 新型TJクルーザーのインテリアは?

インパネ回りはシンプルなデザインになっています。

メーター類はデジタルを採用して視認性が高い

インテリアで特徴と言えるのが助手席側のフルフラット収納でしょう。

一切の段差無くラゲッジから助手席までフラットで、3メートルの長物を収納することが可能です。

また荷物が崩れないように、座席シートの裏側やデッキボードの各所に固定ポイントを用意しているのも注目です。

これだけ用意されていれば荷物に合わせて対応できます。

新型TJクルーザーのエンジンは?

エンジン 型式 A25A-FXS
排気量 (cc) 2,487
最高出力 (kW[PS]/rpm) 131[178]/5,700
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 221[22.5]/3,600~5,200
モーター 最高出力 (kW[PS]) 88[120]
最大トルク (N・m[kgf・m]) 202[20.6]
システム全体 (kW[PS]) 155[211]
バッテリー リチウムイオン

新型カムリより採用されるダイナミックフォースエンジンが搭載される予想です。

このコンセプトモデルには、2.0LエンジンとTHSⅡの組み合わせということですので、ヴォクシー・ノアのフルモデルチェンジで採用されれる予定の「2.0Lダイナミックフォースエンジン+THSⅡ」が搭載されるのではないでしょうか?

  • 駆動方式
  • FF
  • 4WD

TNGAプラットフォーム採用

次世代プラットフォーム「TNGA」が新型TJクルーザーにも採用されます。

  • 高剛性
  • 軽量化
  • 開発費の削減

新型プリウスより採用されて走るの質が格段に向上して、高評価のプラットフォームですので期待が出来ます。

新型TJクルーザーの安全装備は?

安全装備には「トヨタセーフティセンスP」採用の可能性が高いと予想できます。

ミリ波レーダーと単眼カメラによって道路状況を判断して、運転手の安全運転サポートをします。

  • プリクラッシュセーフティシステム

搭載されたセンサーによって歩行者・車両を検知して状況に応じて、運転手に警告・ブレーキ力のアシスト・自動ブレーキよる被害の回避または軽減を行います。

  • オートマチックハイビームシステム

周囲の明るさや先行車のブレーキランプ・対向車のヘッドランプを感知することで。、自動的ハイビーム・ロービームの切り替えを行い夜間時の視界を確保します。

  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付き)

単眼カメラが車線を認識して、運転手がウィンカー操作しないまま車線逸脱の恐れがある場合、ブザーとディスプレイにて警告。

車線逸脱回避しやすいようにステアリングアシストも行います。

  • レーダークルーズコントロール

運転手が設定した応じて自動的にアクセル・ブレーキ操作を行います。

割り込みなどにも反応して高速道路走行の疲労軽減に役立ちます。

価格や発売日は?

どちらも公式からアナウンスされておらず不明なのが現状です。

噂程度になりますが発売は2018年後半で、価格については300万円台との予想になります。

東京モーターショー2017を境に新しい情報が出てくると思われますので、その時はすぐお伝えします!

まとめ

「トヨタ 新型TJクルーザー 2018年発売予定でFJクルーザー後継か?エンジン・装備は?」はいかがでしたか?

こういった新型車は楽しみですね!ハイラック国内復活などアウトドアユースに使える車が今人気です。

スライドドアを採用した珍しいSUVですので、市販モデルでもスライドドア採用していれば大きな話題となるでしょう。

特にファミリー層にはスライドドアに恩恵がありますので、SUV欲しかったけど諦めたユーザーは待ち望んでいると思われます。

まだまだ予想の域を出ませんので新しい情報入り次第更新いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です