トヨタ 新型車「ルーミー/タンク」2016年11月発売!エンジン・安全装備・価格は?ソリオにライバル登場!

シェアする

01_s 37_s

トヨタとダイハツが力を挙げて開発しているのは、2BOXコンパクトトールワゴン「ルーミー/タンク」です!

タント・N-BOX・スペーシアなど背が高くてスライドドア装備した軽自動車が大人気ですよね?

意外にもこういった形の車は、スズキが販売する「ソリオ」がコンパクトカークラスでは唯一なのです。

販売好調なソリオに対向すべく現在開発中の新型車ルーミーの判明している情報まとめてみました!!

ちなみに「bB」と「ラクティス」の後継モデルとして販売されます!

装備内容など殆ど変わりありませんが、参考までにダイハツ・スバルから販売される「トール」・「ジャスティ」の情報です。

新型 ダイハツ「トール/トールカスタム」・スバル「ジャスティ」2016年11月9日発売!装備・価格・エンジンは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トヨタ ルーミー/タンクのユーザー評価!

良かった点

  • ターボ車はキビキビ走る
  • ソリオより若干であるが広い室内
  • フルフラットになるラゲッジ
  • ボディカラーが豊富
  • 二列目真ん中シートにもヘッドレスト
  • 9インチナビが装着できる
  • オプション選択幅が広い
  • 自動車税が5000円ほどソリオより安い

悪い点

  • 走行時のロードノイズが結構入ってくる
  • ソリオに負けている燃費性能
  • 車両重量もソリオに比べて重い
  • 安全支援システムもソリオと比べると劣る
  • 上級モデルでナビなど装着すると240万円ほどと高価になる
  • インテリア収納が少ない・使いにくい

全体的にみてライバルであるソリオと比較すると負けてる部分が多いといった評価が多数です。

多かった評価でソリオがトヨタ、ルーミー/タンクがスズキだったらここまで売れてない!と意見がありました!

ソリオに対向すべく急遽開発された感じがあり、まだまだ改善すべきポイントがあるようなのでマイナーチェンジなどで改良されてくるでしょう♪

現時点ではソリオ優勢の評価になります!

トヨタ ルーミー/タンクに搭載されるエンジンは?

carlineup_roomy_performance_engine_pic_01

ダウンサイジングエンジンを採用する見込みで、このエンジンは「パッソ /ブーン」に採用されていた1.0L直3気筒になっています。

ラインナップは二種類でNAとターボ

  • 1.0L 直3気筒エンジン
  • 最高出力:69ps/6,000rpm
  • 最大トルク:9.4kgfm/4,400rpm
  • トランスミッション:CVT
  • JC08モード燃費:24.6km/L

ライバルであるソリオは1.2Lエンジンを採用していますが、スズキ独自のSエネチャージを装備していますので、JC08燃費:27.8km/Lを達成しています!

燃費勝負のこのご時勢にリッター3kmの差は大きいですね・・・

ちなみにエネチャージ非搭載のソリオは燃費24.8kmですので、こちらと比較すると誤差の範囲内

燃費勝負では負けてしまっている新型ルーミーですが、ソリオにはないターボモデルの設定が特徴になっています!!

  • 1.0L 直3気筒ターボエンジン
  • 最高出力:98ps
  • 最大トルク:14.3㎏m
  • トランスミッション:CVT
  • JC08モード燃費:21.8km/L

ステアリングにはパワースイッチがあり、力強い走りをしたいときに役立ちますね!

やはりトールタイプですので重量が重く頻繁に遠出などするユーザーはターボが必須ともいえるので嬉しいですね♪

ただソリオは先ほども書いたとおりSエネチャージを搭載してモーターによるアシストがありますので、燃費性能・発進加速に優れていますので、新型ルーミーのターボエンジンとの差が気になりますね!

話題のダウンサイジングターボとは?ホンダやトヨタ車の車種・ターボとの違いは??

実燃費はどのくらい?

発売から一ヶ月が経過したので実燃費報告があがってきはじめました!

タイヤは、DUNLOP ENASAVE(エナセーブ) EC300+を装着しています。

NAモデル:15km/l~17km/l

ターボモデル:12km/l~14km/

上記のような燃費になるようで、ターボモデルは乗り方で大きく変動しますので気をつけないと悪くなってしまいます!

エクステリアはどんな感じ?

  • ルーミーのエクステリア

carlineup_roomy_exterior_top_pic_01_01_pc carlineup_roomy_exterior_top_pic_01_02_pc carlineup_roomy_exterior_top_pic_04_01_pc

  • ノーマルモデル

014l

  • タンクのエクステリア

carlineup_tank_exterior_top_pic_01_01_pc carlineup_tank_exterior_top_pic_01_02_pc carlineup_tank_exterior_top_pic_04_01_pc

  • ノーマルモデル

028l

標準モデル・カスタムモデルに分かれており、標準はbBのような顔つきですね。

カスタムは、タントカスタム・アルファードなどと同じく大型メッキグリルを採用して押し出しが強いデザイン!

テールランプをクリアタイプに変更されているのが確認できます!

新型ルーミー/タンクの外観はライバルであるソリオと同じく、両側スライドドアを搭載したトールタイプです。

いままで何でライバル車がいなかったのかわからないくらい、このタイプは使い勝手いい車です!

新型トールワゴン「ルーミー/タンク」ボディサイズ

  • 全長:3,725mm
  • 全幅:1,670mm
  • 全高:1,735mm
  • ホイールベース:2,490mm

ソリオよりもボディサイズは大きく室内空間が広いと思われます。

三人家族でミニバンはいらないけど、普通のコンパクトカーでは物足りないユーザーには丁度いいですね♪

ボディカラーは?

ルーミー・タンクともに共通カラーになっており、ツートーンカラーを含めた14色のボディカラーから選択可能になっています!

  • ブリリアントカッパークリスタルマイカ

14_s

  • レーザーブルークリスタルシャイン

15_s

  • マゼンタベリーマイカメタリック

16_s

  • フレッシュグリーンメタリック

17_s

  • ファインブルーマイカメタリック

18_s

  • プラムブラウンクリスタルマイカ

19_s

  • ブラックマイカメタリック

20_s

  • ブライトシルバーメタリック

21_s

  • パールホワイトIII

22_s

  • ブラックマイカメタリック×ブリリアントカッパークリスタルマイカ

24_s

  • ブラックマイカメタリック×レーザーブルークリスタルシャイン

25_s

  • ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック

26_s

  • ブライトシルバーメタリック×フレッシュグリーンメタリック

27_s

  • ブライトシルバーメタリック×ファインブルーマイカメタリック

28_s

インテリアは?

carlineup_tank_interior_top_pic_01_01_pc carlineup_tank_interior_top_pic_02_03_pc carlineup_tank_interior_top_pic_03_01_pc

  • 4.2インチTFT4カラーマルチインフォメーションディスプレイ
  • イルミネーションランプ
  • 容量5Lの脱着式大型センターダストボックス
  • 回転式カップホルダー(運転席・助手席)
  • 助手席オープントレイ
  • 買い物フック(助手席側・デッキサイド左右)

など様々な収納や使い勝手を考えたものが採用されています。

carlineup_tank_interior_comfort_pic_20

最近の車に採用が多い格納式リヤドアサンシェードを装備しており、眩しい日差しを防いでくれます!

またインテリアカラーは2色から選択できるのでユーザーの好みで選べるのも嬉しいですね!

carlineup_tank_interior_top_pic_05

シートアレンジはどうなっている?

またアウトドアに便利な多機能デッキボード(防汚シート付)を採用することで色んなシーンに応じた使い方をすることが出来ます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

荷室の操作は誰でも簡単に行えるように工夫されており、ライバルのソリオよりも収納できるサイズになっているようです!

グレード展開と装備は?

ノーマル・カスタムを含めて全5グレード展開を予定しています。

Xグレード

  • 14インチスチールホイール
  • 165/65R14インチタイヤ
  • フロントスタビライザー
  • ハロゲンヘッドランプ
  • UVカットフロントドアガラス
  • リアプライバシーガラス
  • オートライト
  • 緊急ブレーキシグナル
  • スマートキー
  • 助手席側電動スライドドア
  • マニュアルエアコン
  • 2スピーカー

Gグレード(Xに加えて)

  • スマートアシスト2
  • スーパーUV&IRカットガラス
  • ドアミラーウインカー
  • クルーズコントロール
  • マルチインフォメーションディスプレイ
  • 車速感応型フロントワイパー
  • 運転席側電動スライドドア
  • シルバーメッキ加飾ステアリングホイール
  • センタークラスターピアノブラック加飾
  • オートエアコン
  • 運転席アームレスト
  • 4スピーカー

G-Tグレード(Gに加えて)

  • リアスタビライザー

カスタムGグレード(Gに加えて)

  • 14インチアルミホイール
  • 専用フロントスポイラー
  • 専用バンパー
  • 専用メッキグリル
  • LEDヘッドランプ
  • LEDGERフォグランプ
  • 専用リアコンビランプ
  • 本革巻ステアリングホイール
  • エアコン操作パネルピアノブラック加飾
  • ドアハンドルメッキ加飾
  • 6スピーカー

カスタムG-Tグレード(カスタムGに加えて)

  • リアスタビライザー
  • 15インチアルミホイール
  • 175/55R15インチタイヤ

最近では当たり前のように運転支援システムやLEDヘッドライトが装備されるようになりましたね!

販売価格は?

Sと名前がつくグレードは「スマートアシスト2」搭載モデルになります!

Xグレード

  • 1,463,400円「2WD」 / 1,636,200円「4WD」

XSグレード

  • 1,528,200円「2WD」 / 1,701,000円「4WD」

Gグレード

  • 1,620,000円「2WD」 / 1,792,800円「4WD」

GSグレード

  • 1,684,800円「2WD」 / 1,857,600円「4WD」

G-T グレード(ターボ)

  • 1,803,600円「2WD」

ルーミー/タンク カスタム

Gグレード

  • 1,771,200円「2WD」 / 1,944,000円「4WD」

GSグレード

  • 1,836,000円「2WD」 / 2,880,000円「4WD」

GTグレード (ターボ)

  • 1,965,600円「2WD」

こうやってみると同じタイプのタントやN-BOXなどと同じ価格帯ですね。

最近の軽自動車は多数の装備が装着されていますので、コンパクトカークラスよりも高い車もありますからね・・

安全装備も充実!

最近の車では自動ブレーキを採用して安全運転のサポートをしてくれます。

新型ルーミー/タンクでも勿論採用する!

ダイハツが主体の開発になっていますので、トヨタが進める「セーフティセンス」の搭載ではなく新型パッソ /ブーンで搭載された「スマートアシストⅡ」の採用になります!

主な運転アシストは以下

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)

carlineup_roomy_performance_safety_pic_02

約4~50km/h で走行中、前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、
ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

  • 車線逸脱警報機能

carlineup_roomy_performance_safety_pic_03

約60km/h 以上で走行中に、ウィンカーを出さずに、走行している車線から車両がはみ出し
そうになると、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

  • 衝突回避支援ブレーキ機能

carlineup_roomy_performance_safety_pic_01

約4~50km/h で走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、
緊急ブレーキが作動し、被害軽減や衝突回避を支援

  • 先行者発進お知らせ機能

carlineup_roomy_performance_safety_pic_05

  • 誤発進抑制制御機能

carlineup_roomy_performance_safety_pic_04

これらの機能でドライバーをアシストすることで事故を防いだり・被害の軽減が期待できます。

その他にも、

  • コンライト(ライト自動点灯・消灯システム)
  • 緊急ブレーキシグナル
  • リバース連動間欠リヤワイパー
  • EBD付ABS&ブレーキアシスト
  • 全席シートベルト締め忘れ警告灯
  • VSC&TRC
  • ヒルスタートアシストコントロール
  • SRSエアバッグシステム

などでドライバーの安全運転をアシストしてくれます!

carlineup_roomy_performance_safety_pic_10

またオプション選択になりますが「LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)/LEDフロントフォグランプ+LEDイルミネーションランプ」を選択可能ですので、より明るいナイトドライブが可能になっています♪

LEDヘッドライトって明るいの?HIDとの比較・実際に装着してみた!

ルーミー/タンクのライバル車の動向は?

ソリオは勿論、トールタイプの軽自動車についてもライバルでしょう!ライバルたちも新型の発表が予定されていますので簡単にまとめます♪

  • ソリオ ストロングハイブリッド

l_ys_161108thor_01

スズキが販売するトールタイプコンパクトカーで、新型ルーミー/タンクもソリオに対向すべく開発されました!

Sエネチャージを搭載して低燃費性能に優れているソリオは、その使い勝手などが評価されて好調な販売♪

そんなソリオが本格的なハイブリッドシステムを採用してJC08燃費:32.0km/Lを達成する見込みです!

詳しい記事はこちら↓

スズキ新型ソリオに本格ハイブリッド搭載して2016年11月に新発売!気になる燃費と価格は?

  • スペーシア

img01

同じくスズキが販売するトールタイプ軽自動車「スペーシア」!

Sエネチャージのおかげで現行型はクラストップとなるJC08燃費:32.0km/Lを達成している低燃費性能が自慢です。

そんなスペーシアは2018年を目明日にフルモデルチェンジされる予定です。軽量化されたプラットフォームを採用して最低33.0km/lの燃費性能を目指しています!

詳しい記事はこちら↓

2018年スズキ 新型スペーシア フルモデルチェンジ!エンジン・燃費・価格・装備・発売日は?

  • ホンダ N-BOX

10202039_201502

燃費性能はクラス最下位のN-BOXですが、押し出しの強いデザイン・パワフルなエンジン・センタータンクレイアウトによる使い勝手で人気の軽自動車です!

N-BOXのフルモデルチェンジは2017年後半を予定しており、基本的にキープコンセプトで燃費性能・使い勝手を更に向上させるようです。

詳しい記事はこちら↓

「2017年 新型N-BOX フルモデルチェンジ!ホンダセンシング搭載・燃費・価格・発売日は?」

  • ダイハツ タント

007_o

こちらもトールタイプ軽自動車では人気のダイハツ タントです!

好調な売り上げをキープしているクルマで2018年のフルモデルチェンジが予定されています。新型では燃費性能を32.0km/lを目指して開発されているようです。

また安全装備の充実などドライバーに嬉しい装備の向上も予定されています!

詳しい記事はこちら↓

「2017年 新型タント・タントカスタムにフルモデルチェンジ!燃費・価格・エンジン・装備はどうなる?」

上記の車たちが主なライバルになるでしょう!このクラスは軽自動車にしようか迷うところですので、よく考えて決めたいところですね♪

TRD・モデリスタからカスタムパーツも販売!

001_o-1

001_o-2

028_o

より自分好みにカスタムしてお気に入りの一台を作り上げよう!

こうした純正カスタムパーツはやり過ぎにならず丁度いいですね♪また品質も最高ですので余計な心配が要らないのもポイント!!

奥さんに内緒で見積もりに入れちゃいましょうw

情報まとめ

「トヨタ 新型車「ルーミー/タンク」2016年11月発売!エンジン・安全装備・価格は?ソリオにライバル登場!」はいかがでしたか?

bBやラクティスが廃止されて、その穴を生めるモデルになるのですが、個人的にbBが無くなるのは寂しいですね。

初代は大ヒットしたのですが、二代目で失速してしまったのでしかたないですが・・・

ライバルのソリオは、本格ハイブリッドモデルの販売も控えており一層販売が好調になると思われます!

予想燃費も32.0km/L前後になっておりインパクト十分です。

どのように新型ルーミーが戦っていくのか楽しみですね♪また新しい情報が入り次第お伝えしまうので楽しみに待っててください!

「ルーミー/タンク」スペック表

  • 全長:3,725mm
  • 全幅:1,670mm
  • 全高:1,735mm
  • ホイールベース:2,490mm
  • 最小回転半径:4.6~4.7m
  • 室内長:2180mm
  • 室内幅:1480mm
  • 室内高:1355mm
  • 前席ヒップポイント高:700mm
  • 前後乗員間隔:1105mm
  • 後席スライド量:240mm
  • 後席リクライニング角:70度
  • スライドステップ高:366mm
  • 荷室幅:1300mm
  • ハッチゲート開閉口×高さ:1077×1080mm
  • 燃料タンク容量:36L

「スズキ新型ソリオに本格ハイブリッド搭載して2016年9月に新発売!気になる燃費と価格は?」

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

車両概要
  1. 広々とした室内空間と取り回しの良さ
    ゆとりある室内空間を実現したパッケージ
    • 最小回転半径4.6m*1と取り回しの良いコンパクトなサイズを維持しつつ、前後乗員間距離は最大1,105mm確保することで、広々とした後席周りを実現
    乗り降りしやすく、電動で開閉可能な両側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能・予約ロック機能付)を採用*2
  2. 使い勝手の良い荷室とシートアレンジ
    様々なシーンに対応するシート機構
    • フロントシートウォークスルーの採用で、前後席間のスムーズな移動が可能
    • リヤシートは240mmのスライドを可能とし、最前方までスライドさせると、5人乗車で荷室に機内持ち込み用スーツケース4個の積載が可能
    • リヤシートのリクライニング角度を最大70度まで倒すことができ、車中泊も可能な空間を確保
    • リヤシートは、前に倒すと荷室の床がフラットになるダイブイン機構を採用。1,500mm超の荷室長で長尺物も積載可能
    • デッキボードを反転し、防汚シートを広げれば、自転車の積み込みも可能
  3. 快適な室内装備
    便利で安心、快適な装備
    • 容量5Lの脱着式大型センターダストボックスや、紙パックのドリンクも置くことができる回転式カップホルダーをはじめ、多様な収納スペースを用意
    • 乗降用大型アシストグリップ(チャイルドグリップ付)の採用で、子供から大人までスムーズな乗車をサポート
    • パワースライドドアに連動して点灯する後席ステップランプを採用*3。足元を明るく照らし、夜や暗い場所での乗降が安心
    「4.2インチTFT*4カラーマルチインフォメーションディスプレイ*5」を採用。
    • ウォーニングやメンテナンスなどのインフォメーションを表示
    「パノラミックビュー*6」を採用。
    • 駐車時や見通しの悪い交差点などで活躍するパノラミックビューを採用。車両の前後左右4ヵ所のカメラにより、前後左右や上から見下ろしたような映像をマルチインフォメーションディスプレイに表示
  1. 1.5Lクラス相当のトルクを発揮する新開発1.0Lターボエンジンで快適な加速性能を実現
1.5Lクラス相当のトルク(140N・m)を発揮する新開発直列3気筒1.0Lターボエンジン
  • 高速走行でもストレスを感じさせない加速性能を発揮、あわせて低燃費化を実現
  • アクセル操作に対し優れたレスポンスをもたらすスポーツモードを設定
街中での発進や走行中の加速に磨きをかけた1.0Lエンジン
全車エコカー減税対象車となる優れた低燃費性能を実現
  • 2WD車は24.6km/L*7、4WD車は22.0km/L*7、ターボ車は21.8km/L*7を実現
  1. 街中から高速道路まで、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を実現
ボディとサスペンションの高剛性化を図ることで、ステアリング操作に対し車体姿勢がスムーズに連動し、運転時のストレス軽減に寄与するとともに快適な乗り心地を実現
  1. 衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を搭載
街乗りでの事故被害の軽減を主眼とした、衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を搭載。「衝突警報機能(対車両・対歩行者)」、「衝突回避支援ブレーキ機能(対車両)」、「誤発進抑制制御機能(前方・後方)」、「車線逸脱警報機能」、「先行車発進お知らせ機能」の5つの機能でドライバーをサポート
  1. 「品格と艶やかさ」(ルーミー)と「ダイナミックさ」(タンク)を表現した2つのベースデザインに、それぞれカスタムグレードを設定し、4つのフェイスデザインを採用
エクステリア
4つのフェイスデザイン
  • ルーミーは、厚みのあるヘッドランプと面を強調したグリルにより、重厚感のある力強さを表現
  • タンクは、切れ長のヘッドランプと大開口アンダーグリルの組み合わせにより躍動感を強調
  • ルーミーとタンクそれぞれに、メッキ加飾や専用バンパーを施したカスタムグレードを設定
インテリア
ワイド感とハイテクイメージを追求したデザイン
  • 水平に広がるインストルメントパネルで、機能性の高さとワイドな印象を表現するとともに、見晴らしの良さを実現
  • 運転席前に配置したメーターは、フードを低く抑えることで視認性を確保
  • 内装色は温かみと落ち着きの感じられるオレンジとブラウンを基調とし、カスタムグレードは、テックブルーとシルバー加飾が映えるブラックの内装に、撥水加工シートを採用
ボディカラー
力強い重厚な色から鮮やかな色までを取り揃えたカラーラインアップ
  • 色、陰影の変化を強調させたレーザーブルークリスタルシャイン、インペリアルゴールドクリスタルメタリック、ブリリアントカッパ―クリスタルマイカの3色を新規開発色として設定
  • 9色のボディカラーにカスタム専用のツートーン仕様5色の全14色をラインアップするとともに、ルーミーとタンクそれぞれの特徴に合わせた専用色を設定

引用元 http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/14142573/

Gb3AT6bO

↑↑その他トヨタ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. ライトニング より:

    ソリオって1.2Lエンジンじゃないの?
    1Lエンジンではないかと思うけど?

  2. 車社会が心配。 より:

    とよたは何がしたい?
    あと出してカタログ上、燃費、室内幅広く
    ルックス、全て負けている。
    とよたよ、先駆者になれ。
    スズキとホンダがくっついた方が
    車社会の未来は明るいと思う。
    とよたが売れる時代は終わりました。
    言い加減にしてほしい。不愉快だ。
    パキリはやめて真のとよた、レクサスをぢして。。。

    • hikaru より:

      国内自動車大手であるトヨタが他社でヒットした車を真似て販売するのはやめて欲しいですね。
      ホンダ ストリームもウィッシュも真似して販売しましたね・・・

      • スズキ より:

        トヨタだからっていうだけで、売れてる部分もありすよね。

        • hikaru より:

          たしかにそうですね!他のメーカーのクルマをトヨタが販売したらもっと売れると思います。トヨタっていうブランド力は凄いですね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です