2018年10月 新型レクサスUX「UX200/UX250h」の価格・装備は?トヨタC-HRのレクサスバージョン!

SUV

 

 

新型クロスオーバーSUV「UX」が発売されます。

トヨタ初の女性CEが全面的に指揮するプレミアムコンパクトは今から期待できますね!

開発と組み立てはトヨタ自動車九州が担当しております。

 

またトヨタが販売した世界戦略SUV「C-HR」のレクサスバージョンになっていてレクサス初のコンパクトSUVに期待です。

CTもプリウスをベースにしていますから納得ですね♪

新型レクサスUX「UX200/UX250h」の価格・装備の情報まとめてみました。

新型レクサスUXってなに?

新型プリウスの新開発プラットフォームを採用するので、「C-HR」とは兄弟のような関係になります。

レクサスでは

  • LXはランクルベース
  • RXはカムリベース
  • NXはハリアーベース

が販売されており、レクサスに相応しい味付けがされています。

UX200tとUX250hの搭載エンジンは?

採用されるエンジンは、先日発表された新開発エンジン・新開発ハイブリッド採用の可能性が決定しています!

UX200

  • 高速燃焼技術
  • 可変制御システム
  • 排気・冷却・機械作動時

様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上。

従来型の2.0Lエンジンと比較して低回転から高回転まで全域でトルクアップされているのが特徴です。

  • 最高出力(kW/rpm)126/6,600
  • 最大トルク(N・m/rpm)205/4,800

UX250h

こちらも新開発のエンジン+ハイブリッドシステムになっています。

従来1.8L型比20%の小型化と10%の軽量化を行い、トランスアクスル直上搭載を実現しました。

  • 最高出力(kW/rpm)107/6,000
  • 最大トルク(N・m/rpm)180/4,400
  • トランスアクスルタイプ 2モーター機械分配式
  • モーター最高出力 80kw(109PS)
  • モーター最大トルク 202N・m(20.6kgf・m)

ドライバーの運転行動やナビゲーションの地図情報を元に、ハイブリッドバッテリーの充放電を制御する機能を初採用することで優れた環境性能を確保♪

 

2.0Lトヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)

 

新型レクサスUXではミッションや4WDも新開発!

エンジンやハイブリッドシステムが新開発の物を採用してきますが、ミッションや4WDも新開発されたものが投入されます。

新型「無段変速機(CVT)」-Direct Shift-CVT-

新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」

 

  • 伝達効率の向上
  • エンジン高効率領域の活用
  • 高応答変速
  • 機械損失低減
  • ワイドレンジ化
  • 変速追従性向上

これらの改善によって現行比+6%の優れた燃費性能を実現

今までのCVTと大きく違う点は発進時にギアを使用するという点です。

いままで発進時もベルトによって行われていましたが、ギアにすることで発進時のダイレクト感が向上♪

 

トヨタによると他社で採用されているDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)同等以上の変速性能を実現しているとのことです!

4WDも進化ダイナミックトルクベクタリングAWD

ガソリンモデルには走行状況を最適に判断してリヤのトルクを左右独立で制御する「トルクベクタリング機構」を新たに採用。

また世界初となる「ラチェット式ドグクラッチ」を搭載することで2WD走行時には後輪への動力を停止させる「ディスコネクト機構を採用することで燃費性能の向上が図られます。

 

ハイブリッドモデルに用意される4WD「E-Four」も新型になり、従来比1.3倍後輪トルクが向上します。

また後輪トルク配分を走行状況に応じて最適に制御する機能も新たに採用!

 

両4WDにはエンジン、トランスミッション、ブレーキ、4WDを統合して制御する「AWD Integrated Management(AIM)」を採用します。

 

新型4WDシステム「Dynamic Torque Vectoring AWD(ダイナミックトルクベクタリングAWD)」「新型E-Four」

アルミニウム採用箇所が多い

第三世代レクサスから軽量化のためアルミニウムが使用されるようになりました。

新型UXでは

  • フロントフェンダー
  • ボンネットフード
  • 前後ドアパネル
  • リアゲートの骨格

などにアルミが採用されるようで、新型ESでは前後ドアは鉄ですのでコストがかかっていますね。

 

新型レクサスUXのエクステリアは?

パリモーターショー2016で発表された「UX Concept」をベースに市販化してきます。

ジュネーブモーターショーにて待望の実車と画像が公開されましたので紹介いたします!

既存レクサス車のようにノーマル・Fスポーツそれぞれエクステリアデザインが分かれています。

Fスポーツ

 

 

コンパクトながら力強いデザインはC-HRにも準ずるものがあります。

またレクサスおなじみのスピンドルグリルは新型LC・LSのような新しいデザインのメッシュになっていますね。

今後はこのメッシュデザインが採用されていくのでしょうね!

 

正面のアップ画像を確認すると三眼LEDヘッドライトが確認でき、レクサス独自のポジションランプも健在です。

テールランプは一文字に発光するデザインとなっています。

またヘッドライトウォッシャーはNXなどのように飛び出てる物ではなく格納タイプになっておりデザイン性が向上。

エンブレム下、ドアミラー下にカメラが確認できますので、パノラマビューも用意されているのでしょう♪

ノーマルボディ

Fスポーツと比較しても迫力のあるエクステリアデザインになっています。

個人的にはノーマルボディのほうが好みです♪

グリル・サイドインテーク・ホイールなどが違いますね。

 

コメント

  1. 通りすがり より:

    UXはCH-R、NXはRAV4ベースとありますが、RAV4の後継がCH-Rとなる為、いずれ統合されるのでしょうか…?
    その場合、ネーミングをどうするのか気になります。

  2. 気になったので より:

    RXはハリアーベースと書かれてますがそれは昔の話で、RXはカムリと同じKプラットフォームです。
    NXと今のハリアーは同じプラットフォームですよ?

  3. 真田小僧 より:

    ハイブリッドとそうでないタイプの燃費が10%も変わらないなんて、ハイブリッドモデルなんて出さなきゃいいのに。所詮 CH-Rの着せ替え人形ということか

タイトルとURLをコピーしました