2017年2月9日 三菱 新型アウトランダーPHEVにマイナーチェンジ(一部改良)!装備・価格は?

シェアする

main08

三菱が販売するアウトランダーPHEVは、プラグインハイブリッドシステムを採用するSUVで燃費性能だけではなく、大容量のバッテリーを利用した活用方法を提案してくれる一台になっています!

そんなアウトランダーPHEVが2017年2月9日に安全装備の追加などをメインにマイナーチェンジ(一部改良)されることが判明しました!

今回はそんな新型アウトランダーPHEVの装備・価格などを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型アウトランダーPHEVがマイナーチェンジで進化する安全装備は?

現行アウトランダーPHEVにも「e-Assist」と呼ばれる多数の安全装備が採用されていますが、マイナーチェンジでは更に機能を追加するようです!

現在搭載されている機能

  • 衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)

前方車両との速度差が約30km/h以下で衝突を回避するか軽減してくれるものです!

速度差が30キロ以上の場合は警告が表示されるのですが、回避軽減はできません。

また二輪車・歩行者などは作動対象外になっています。

  • 車線逸脱警報システム(LDW)

車速60キロ以上で走行中に。搭載されたカメラで車線を認識して遺脱しそうになった場合は警報にて注意してくれます!

  • レーダークルーズコントロールシステム(ACC)

搭載されたレーダーによって先行車の車間距離を感知して停止・追従などを自動的にしてくれます。

高速道路などの渋滞で運転手の疲労軽減に役立ち事故を減らします!

  • 誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)

シフトミスおよびアクセル操作ミスにて、車が急発進するような状況でも進行方向の障害物を感知して警報とともにモーター出力を抑制して、衝突被害を軽減します。

作動条件
・停車~約10km/h での走行時
・進行方向(約4m以内)の車両や障害物を超音波で検知している場合
・アクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合
・ドライバーがハンドルを大きく切るなどの回避行動をしていない場合
・シフトポジションが「P」「N」以外の場合

上記の安全装備が搭載されています!しかし電気式パーキングブレーキに対応していないので、クルーズコントロールや衝突被害軽減ブレーキで停車した際には、ブレーキ保持が2秒しかないのは注意です!

上記+追加される装備!

  • 後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)

後方に設置されたセンサーによってサイドミラーなどでは死角になる所にいる車両を検知して、車線変更時に車がいる場合はドアミラーのインジケーターおよびディスプレイにて警告!

後方安全向上になりますので事故を回避できる可能性が上がりますね♪

  • バック時にもサポート

上記の走行中アシストに加えて駐車時のバックもサポートしてくれます。

搭載されたセンサーで場バック時に障害物などを感知した際にブザーとディスプレイにて運転手に危険を知らせてくれます。

  • 歩行者対応衝突被害軽減ブレーキ

現行型は車両のみ対応ですが、マイナーチェンジで歩行者も検知できるようにアップグレードされます。

これにより更に安全運転のサポートしてくれるようになるので、事故の発生を低くしてくれますね!

便利装備も充実!

2016m-10047

  • 電動パーキングブレーキ採用

全速クルーズコントロールを採用しながらも電気パーキングは設定されてなかったので、運転手がブレーキを踏んでる必要がありました。

マイナーチェンジで電気パーキングが追加されるのでブレーキホルードが使えるようになるので、停止した際のブレーキ操作が必要なくなります!

信号待ちでブレーキ操作の煩わしさから解放されますね♪

  • EVプライオリティモード

モーターのみで走行優先するスイッチを新たに搭載します。

EV走行領域の最適化がされて更にモーターのみで走れる距離が延びるようです!

スポンサーリンク

「Apple Car Play」「Android Auto 」対応に注目

iPhoneやアンドロイドスマホを車内で快適に使用できるもので以下の機能があります!

  • 音声認識機能
  • 音楽再生
  • 電話機能
  • Google Mapなどを利用したナビゲーション
  • 対応アプリの利用

マイナーチェンジで新型アウトランダーPHEV「Sエディション」追加!

最上級グレード「S Edition」の商品特長
  • ビルシュタイン社製の高性能ショックアブソーバーを採用しました。構造用接着剤をボディの要所に塗布することでボディ剛性を向上させたことと相まって、接地性の大幅な向上により車両挙動を安定させ、プレミアムなスポーティグレードに相応しい上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現しました。
  • エクステリアでは、フロントラジエターグリル、アルミホイールをダーククローム調で統一し、Bピラー及びCピラーを光沢のあるブラック、前後バンパー下部のスキッドプレートをボディカラー同色とすることで、スポーティなプレミアム感を演出しました。
    また、ルーフパネルをブラック色とする2トーンカラー(有料色)を「S Edition」専用色の3色(除くルビーブラックパール)に設定。低重心でスポーティな印象を高めます。さらに、ブラック塗装されたルーフレール(メーカーオプション)を選択可能とし、ルーフパネルと統一できる設定としました。
  • インテリアでは、ステアリングホイール、メーターフード、センターコンソールアームレスト、ドアアームレスト、本革シートにレッドステッチを施し、各種パネル(インパネ、ドアトリム、コンソールアッパー、センタースイッチ)をシルバーのジオメトリック調で統一することで、スポーティで上質な居住空間としています。また、ブラックのヘッドライニングと各種トリムで居住空間を引き締め、アクセル及びブレーキペダルをアルミ製とすることで、スポーティ感をいっそう高めています。

引用元 三菱プレスリリース

新型アウトランダーPHEVのマイナーチェンジで価格は?

グレード
駆動
方式
車両本体価格
(消費税込)
エコカー
減税
(参考)
クリーンエネルギー
自動車等導入促進対策費補助金
取得税
重量税
M
4WD
3,659,472円
免税
(100%減税)
132,000円
G Safety Package
3,973,860円
G Navi Package
4,324,860円
G Premium Package
4,681,260円
S Edition
4,789,260円

情報まとめ

「2017年2月9日 三菱 新型アウトランダーPHEVにマイナーチェンジ(一部改良)!装備・価格は?」はいかがでしたか?

エクステリアに大きな変更は特にないようです!

インテリアはセンターパネルのデザイン変更や質感の向上がされる見込みになっています。

燃費不正問題があったにも関わらずアウトランダーの販売は好調なようですね!

スポーツモデルのサスペンションは、ビルシュタイン製のものが採用されるので、どのような走りを見せるか楽しみですね♪

最新情報が入り次第お伝えしますので楽しみに待っててください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です