2017年2月 新型プリウスPHVにフルモデルチェンジ!走行距離・燃費・デザイン・価格は?

シェアする

prius_phv_new_071822s

発売日が延期されました。

2016年3月23日のニューヨークモーターショー2016でプリウスの新たなラインアップとなるモデル、新型プリウスPHV (プラグインハイブリット)がついに初公開されました!

四代目と基本設計は同じながらもデザインを丸っきり変更してきた!!

PHVは主役がモーターとバッテリーで一回の充電で走行できる距離が長いのが特徴になっています!!

今回はフルモデルチェンジされる新型プリウスPHVの詳しい情報まとめてみました♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かっこよくなったデザインに注目!!

新型プリウスPHVにフルモデルチェンジによって、いままで共通だったデザインを一新して差別化したものになっています。

大多数の意見でこちらのほうがカッコいいと言われていますが、たしかにカッコいいですね!

フロント・リア共に明確な差別化を図っているプリウスPHVは、まるで別の車に進化しました。

さらに全長は105mmほど長く設計されています。

フロントは衝突安全とデザインで25mm・バッテリー容量強化のためリアオーバーハングで80mmの延長になっており、走りでも路面に吸い付くような走行性能をみせてくれます♪

フロントデザインはどんな感じ?

100

yota-Prius-PHEV-13

front_02_img_01

フロントには大型アクリルグリルを採用して高級感と先進なイメージですね。

LEDヘッドライトもハイビーム・ロービームの片側4連の四角タイプを採用することで、通常プリウスとは大分異なる印象があります。

ハイビームの光を自動で対向車などに当たらないようにする、アダプティブハイビームシステムを採用。

ターンランプとアクセサリーランプが共通ですので、ウィンカー作動時には切り替わるのでしょう!

フォグランプまでLEDですので、フロントの灯火はフルLEDの豪華仕様になっています!!

「LEDヘッドライトって明るいの?HIDとの比較・実際に装着してみた!」

image

リアデザインはどんな感じ?

yota-Prius-PHEV-04

yota-Prius-PHEV-05

rear_01_img_01

テール周りは横長のブレーキランプに変更されて踏ん張り感があっていいですね!

ターンランプもフロント同様に縦長のLEDタイプが採用されて目立っていいと思います。

残念なのがバックランプだけ電球ですので、リアはフルLEDになってない部分ですね・・・

バックドアには カーボン炭素繊維強化樹脂(CFRP)と呼ばれる強度と軽量化の両立を備えた素材が採用されています。

20160827-10250563-carview-004-2-view

このCFRPを使用することは開発初期段階から決定されており、アルミ素材を使用するよりも40パーセント軽量化を実現しているそうです!!

またコストを抑えるために内装は、カーボンむき出しにすることでアルミと同程度までコストダウンを成功させています!

image

リアガラスには形状・視認性を工夫させてるとともに空力性能をあげた 「ダブルバブルバックドアウインドウ」が採用されています!

yota-Prius-PHEV-06

ボディカラー 全9色

  • スピリテッドアクアメタリック〈791〉新型プリウスPHV限定カラー
  • エモーショナルレッド〈3T7〉
  • サーモテクトライムグリーン〈6W7〉
  • スティールブロンドメタリック〈4X1〉
  • アティチュードブラックマイカ〈218〉
  • グレーメタリック〈1G3〉
  • シルバーメタリック〈1F7〉
  • ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉
  • スーパーホワイトII〈040〉

搭載されるプラグインハイブリッドシステムは?

新型プリウスPHVに採用されているのは、四代目プリウスのハイブリッドシステムである「リダクション機構付のTHSII」をベースに改良が加えられています!!

image

リダクション機構付のTHSIIは、2つのモーターを搭載して、「発電機用」「走行用」とわけて使用しています。

(ワンウェイクラッチ)と呼ばれる一定方向に、動力を伝える構造の物が搭載されることによって、発電機用モーターの使用が可能になっています。

image

デュアルモータードライブシステムの搭載によって

走行用モーター 

  • 最高出力53kW
  • 最大トルク163Nm

に加えてもう一つの

発電機用モーター

  • 最高出力23kW
  • 最大トルク40Nm

との組み合わせによって、追い越しをかけるときに、強力なモーター走行が可能となりました!!

さらに現行型では、モーター走行時の最高速度は100㎞だったのに対して、新型 プリウスPHVでは135㎞まで引き上げられています。

performance_img_03

バッテリーを使いきっても、EV走行したい場合には、エンジンを発電に回すことで充電する「バッテリーチャージモード」の機能も搭載されてるそうです♪

performance_img_04

回生エネルギー利用した充電方法があるのですが、それをアシストしてくれる機能が追加されるようです。

  • いつも通る道を学習して、減速、停止が多いが地点を蓄積登録
  • 回生エネルギーを回収できそうな場面ではアクセルオフの支持
  • 回生拡大制御をすることで、より多く充電が可能!

これなら車に詳しくない人でも自然とエコ運転がしやすくなっていますね♪

気になる航続距離は?

  • 現行プリウスPHVモーター走行可能距離26.4km
  • 新型プリウスPHV航続距離60㎞に大幅向上

なんと倍以上のEV走行が!!

この航続距離を可能にしたのが、現行型のリチウムイオンバッテリーの倍容量である、 8.8kWhの大容量バッテリーを搭載します。

日常使いではEV走行モードで事足りますね♪

EV走行でバッテリーがなくなった際には、通常のハイブリッド走行に戻るのですが、現行型の燃費が31.6km/lから向上して

  • 新型プリウスPHVはJC08燃費:37.0㎞/lの大幅向上を実現しています!
  • プラグインハイブリッドのJC08モード燃費61km/Lから69.0km/Lに向上

搭載される先進装備は?

yota-Prius-PHEV-19yota-Prius-PHEV-20

室内インテリアで目につくのがコンソールに配置されてた巨大ディスプレイでしょう!

フルHD11.6インチの 車載情報機器は、ナビゲーションだけではなく様々な制御がこの画面でできるようになっており、先進感と利便性が向上していますね。

このような装備は電気自動車の「テスラモデルS」を彷彿させるものがあり、かなりカッコいいですね♪

この大型画面で操作できるのが、

  • T-Connect SDナビゲーション・音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター
  • 地上デジタルTV・AM/FM・Bluetooth対応(ハンズフリー・オーディオ)
  • 空調
  • エネルギーフロー表示・毎分燃費・区間燃費
  • 航続可能距離表示・先読みエコドライブ支援表示
  • タイマー充電・プレ空調設定

空調関係では世界初の技術である「 ガスインジェクション付ヒートポンプオートエアコン 」を搭載しました。

  • エアコンで使用される冷媒を利用して、外気を取り込み圧縮することで高温にすることで、車内の冷えた空気を使用することで効率がよくなってます。
  • さらにガスインジェクション機能を組み込むことで、一度車内に放熱された冷媒の一部をもう一度圧縮ポンプに返すことで、暖房効率が向上!

これによって暖房使用時にエンジンを掛けることなく使うことができるのです。

また、スマートフォンでリモートコントロールして、出発前にステアリングヒーター・暖房を作動させておくことが出来ます♪

先進安全装備である「トヨタ セーフティーセンス P」は搭載確実でしょうね!

「トヨタセーフティセンスCとPの違い!搭載車種・機能・性能は?」

充電はどんな方法があるの?

image

日本仕様車のみの急速充電機能で20分で容量80パーセントまで急速充電に対応しています。

更に100V6A充電機能付充電ケーブルがあるので、自宅200V専用回路の工事の必要が無くなり、より一層プラグインハイブリッドが身近になりました!!

充電時間は200V 16Aで2.5時間・100V 6Aで15時間となっています。

量産車で世界初「ソーラー充電システム」

エンジンを掛けずに充電できる「ソーラールーフ」搭載!

DC/DCコンバーターを搭載することで発電された電気を制御する「ソーラーECU」、一時的に電気を蓄えるニッケル水素「ソーラーバッテリー」(サブバッテリー)を採用しています。

車両を駐車しているときなどサブバッテリーに充電して、フル充電されたら一気にリチウムイオンに電気を供給する仕組みだ!

車が走行してる最中は、主に12Vバッテリーに供給され電装系に回されます。

これによって駆動用リチウムイオン電池の負担削減して電気効率を向上させることができました。

  • ソーラーパネル最大出力は180W
  • 充電される量は、晴天時で最大JC08燃費:6.1km/l~平均2.9km/l
  • 駆動用バッテリー満タンまで大体12日
  • 計算上、年間充電走行距離は1000キロ走行分

青空駐車で週末にちょっと乗る人は、ソーラー充電でまかなえるかもしれませんね。また日照時間が長い地域では、もう少し伸びるでしょう!

ソーラー充電システムはオプションで、21万円以上になる予定

災害時の緊急事態やアウトドアでも家電製品が使用可能な外部電源供給システム搭載

一般家庭と同じ100Vコンセントアクセサリーコンセントを車内の二か所装備しており、家庭用のコンセントつき電化製品が使用できます。

そしてヴィークルパワーコネクター付/AC100V/1500Wケーブルを、普通充電する場所に差し込めば、車外でも電化製品が使用可能で、緊急時やアウトドアで相当役に立つ機能になりそうです。

このように災害でガソリンが手に入らない状況で、ソーラーパネルが大いに役立ちそうですね♪

  • 搭載バッテリー給電で3時間/1500W
  • ガソリン満タンのHV給電モードで1500W/2日

になっていますので、1500wフルに使用しなければ十分すぎる電力供給が可能です!

新型プリウスPHVのグレード構成と価格は?

Sグレード:326万1600円

  • 充電口リッド
  • リアスタビライザー
  • LEDヘッドランプ
  • グリルシャッター
  • フロント床下カバー
  • エンジン床下カバーサイレンサー
  • シャークフィンアンテナ
  • CFRPテールゲート
  • ナンバー灯LED
  • ドアロック連動ドアミラー
  • フロントドア遮音ガラス&スーパーUVカット
  • 農色プライバシーガラス
  • スマートエンtリー
  • セーフティセンスP
  • ステアリングスイッチ
  • ヒートポンプ式エアコン
  • 脱臭機能付きエアコンフィルター
  • 盗難防止システム

Sナビパッケージ:366万6600円

  • 急速充電口
  • LEDフォグランプ
  • ドアミラーヒーター
  • 内装サテンメッキ加飾
  • 11.6インチT-コネクトナビゲーション
  • バックカメラ
  • USB&AUX入力端子

A グレード:380万7000円

  • ブラインドスポットモニター
  • インテリジェントクリアランスソナー
  • インテリジェントパーキングアシスト
  • ソフトパット付きフロントドアトリム
  • イルミネーションエントリー
  • フロント足元ランプ

Aレザーパッケージ:406万6200円

  • 本革シート
  • 運転席パワーシート
  • 合皮巻き後席アームレスト

A プレミアム グレード:422万2800円

  • 雨天感知式ワイパー
  • ヘッドアップディスプレイ
  • 自動防眩バックミラー
  • AC100Vコンセント・ヴィークルパワーコネクター
  • nanoe

ベースとなるSには特徴である11.6インチナビゲーションは、オプション扱いになっています!

Sナビパッケージもありますが、上のAグレードとの価格差が14万円ほどありますが、主要な安全装備が追加されているのは見逃せません!

主流となるのはAグレードになりそうですね。

判明しているオプション価格は?

  • 215・45R17アルミホイール:7万2360円
  • セーフティセンスPレス:マイナス12万4200円
  • LEDフォグランプ:2万1600円
  • ソーラー充電システム:28万800円
  • 急速充電口:7万5600円
  • 急速充電口レス:マイナス7万5600円
  • 普通充電用15Mケーブル:8100円
  • AC100Vコンセント:7万5600円
  • 置くだけ充電:1万2960円
  • ナビレディパッケージ:2万7000円
  • JBLオーディオシステム:7万3440円
  • ETC2.0車載器:2万7000円
  • ITSコネクト:1万8300円
  • 寒冷地仕様:1万8360円~2万3760円

何で四人乗りなの?

ベースとなるプリウスが前2人・後ろ3人に対して、PHVでは前2人・後ろ2人の四人乗り仕様になっています!

これはEV走行での航続距離を伸ばすために、8.8kWhに強化されたバッテリー搭載のため荷室フロアが77mmあがっているためです。

しかし後ろ2人仕様になっているため一人一人が独立して座れるためゆったりとした室内空間の演出に一役買っています♪

新型プリウスPHVスペック詳細と発売日

発売は今年秋を予定していましたがトヨタ公式より延期のお知らせが通達されました!

 TOYOTAは、新型プリウスPHVの(国内)発売時期を、当初予定していた今秋から、今冬に延期することといたしましたので、お知らせいたします。

プリウスPHVは、2012年1月からハイブリッドに次ぐ次世代環境車の柱として発売を開始し、現在までに日本、米国、欧州を中心に、約7万5千台(2016年7月末時点)を販売しております。今回モデルチェンジ予定の新型車は、4代目プリウスをベースとしながら、EV走行距離の大幅拡大や先進的なデザインの採用など、お客様がPHVに求められる要望に応えることで、電気を活用した新しいカーライフスタイルを提案できるクルマを目指し開発に取り組んでまいりました。

今回、お客様により良いクルマを着実にお届けするため、発売時期を延期することを決定しました。何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

引用元 http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13014343/

これにより2016年12月頃~2017年2月に掛けての発売延期になりましたので、もうしばらく登場を待つ必要がでてきました。

  • 全長:4,645mm
  • 全幅:1,760mm
  • 全高:1,470mm
  • ホイールベース:2,700mm
  • 車両重量:1510kg
  • 搭載エンジン:直列4気筒 DOHC 1.8L + モーター×2
  • 最高出力:98ps/14.5kgm
  • 走行用モーター出力:72ps/16.6kgm
  • 発電機用モーター:31ps/4.1kgm
  • 駆動方式:2WD(FF)
  • バッテリー容量:8.8kWh
  • EV航続可能距離:60km以上
  • EV走行最高時速:135km/h
  • ハイブリッド走行JC08モード燃費:37km/L
  • 乗車定員:4人
  • 予想価格:320万~390万円

フルモデルチェンジ情報まとめ

通常プリウスとのデザインの差別化が上手くできていますね!!管理人は現行型のデザインがどうにもダサいと思っていました。

フルモデルチェンジされるプリウスPHVは「MIRAI」風のデザインをうまく取り入れて、私はかなり好みの外観です。

航続距離が約二倍に伸びているのも驚きました。60キロもあれば大体の場所には行けてしまいますあい、急速充電にも対応してるから、充電スタンドをうまく活用すればガソリンを使わなくても済みそうですね♪

更に国からの補助金も期待できるため、スペックを考えると10万円以上が支給されると思われます!!

実際に車一括査定を申し込んでみた!一番高い買取業者は!?

2017年 新型プリウスαにフルモデルチェンジ!気になる燃費・発売日・価格は?

「プリウスSUVが12月発売 「トヨタ C-HR」 カッコいいデザインで売れる事間違いなし!!」

Gb3AT6bO

↑↑その他トヨタ車の一覧はこちら↑↑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です