2019年 新型N-WGN フルモデルチェンジ!安全装備、エンジン、価格は?

シェアする

N-WGNはホンダが販売するNシリーズの軽自動車で、ライバルがムーヴ、ワゴンRとなっており、使い勝手のバランスが取れた一台となっています。

  • 2017年秋にはN-BOX
  • 2018年にはN-ONE

の順番でフルモデルチェンジがされる予定で、新型N-WGNは2019年の発売を目指して開発されています。

今回は新型N-WGNの情報をまとめてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年 新型N-WGN フルモデルチェンジでエンジンは?

Nシリーズに採用されているS07Aエンジンを改良したものを搭載してきます。

現行モデルはN-BOX・N-ONEと同じエンジンなのですが、この車には特徴があります!

  • ツインインジェクションシステム
  • ナトリウム封入バルブ
  • NAモデルは高圧縮比化

などの技術が盛り込まれています。

新型N-WGNでは、新開発エンジンを搭載して燃費向上するとの情報があります。

アイドリングストップ機能向上、熱効率のアップなどされ、ターボモデルでもリッター30km/lを狙うようだ。

新型N-WGNはマイルドハイブリッド採用か?

軽自動車ではワゴンRが搭載しており、燃費・動力性能の両立をしているシステムになっています。

フルモデルチェンジでホンダ軽自動車初採用で、燃費性能を大幅向上させる計画もあるようだ。

予想燃費はリッター35.0km/l前後となります。

このマイルドハイブリッドはダイハツも搭載車の検証をしており、今後は各社とも採用される車種が増えていくと思われます♪

現行モデルでも他のNシリーズには採用されていない技術が使用されましたので、新型N-WGNには期待が出来ます!

プラットフォームも新開発

スズキが採用しているプラットフォームは剛性や安全性は落とさず軽量化に成功しており、ライバル車よりも軽い車両重量を実現しています。

その恩恵は燃費や動力性能向上に役立っています。

またダイハツもトヨタTNGA技術を利用した「DNGAプラットフォーム」を2020年を目標に今後展開していきます。

ホンダもこうしたコンセプトプラットフォームを開発しており、第一弾が新型N-WGNフルモデルチェンジで採用すると思われます。

フルモデルチェンジでエクステリアは?

N-BOX同様キープコンセプトになり、正常進化といえるデザインとなるでしょう。

カスタムモデルは、新型N-BOXカスタムに採用されている新デザインLEDヘッドランプを採用してきます。

今後ホンダ車はこのLEDヘッドランプを搭載してくると思われます。

カスタムモデルは押しの強いデザインながらも、N-BOXのようにすっきりとした感じになるようです

質感向上のインテリア

新型N-WGNでは室内小物入れが増えて利便性が向上されます。

シートアレンジの便利さアップなども期待!

また新型N-BOXの助手席ロングスライド採用が気になるところです。

2019年 新型N-WGN フルモデルチェンジで安全装備強化

現行モデルでは「安心パッケージ」という運転支援システムが用意されています。

  • シティブレーキアクティブシステム
  • 前席用i-サイドエアバッグシステム
  • サイドカーテンエアバッグシステム

上記のものがセットになっていますが、低速域衝突軽減ブレーキは、約5km/h~約30km/hが作動範囲なので、街中の低速域にしか効果はありません。

そこでフルモデルチェンジでは「ホンダセンシング」というシステムにアップグレードされます!

全グレード標準装備となるでしょう。

ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで車両・歩行者を感知することが可能

軽自動車では新型N-BOXが初採用♪

  • 衝突軽減ブレーキ

衝突の恐れがある場合は、ディスプレイと警告音にてお知らせ

接近した場合は軽いブレーキで運転手に警告

衝突の危険が更に高まったら自動的にブレーキ制御をおこない衝突回避・被害軽減

  • 車線維持支援システム

単眼カメラが車線を認識して車線中央を維持するようにステアリング制御します。

約65km/h~約100km/hで作動するので高速道路などで負担軽減してくれます!

  • 路外逸脱抑制機能

単眼カメラで車線を認識して、ウィンカー操作がない状態で逸脱の恐れがある場合ディスプレイとステアリング振動でお知らせ

車線内をキープしやすいようにステアリングアシストが入ります。

  • 誤発進抑制機能

停車時や約10km/h以下で走行時にミリ波レーダーが車両や障害物を検知してる状態で、アクセル踏み込んだ際には急加速を抑制

  • 歩行者事故低減ステアリング

ミリ波レーダーと単眼カメラで、路側帯の歩行者や車線を認識した状態で歩行者側に逸脱しそうになった場合は、ディスプレイと警告音でお知らせ

さらにステアリング制御を行って回避しやすいようアシストします!

  • アクティブクルーズコントロール

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識して、設定した速度と車間距離を自動的に保ってくれます。

30km/h~約100km/hでセットできるので、高速などでセットすることで疲労軽減

  • 先行車発進お知らせ機能

先行車がいる状態で停車して、先行車の発進に気づかないで停止し続けた場合は、ディスプレイと警告音でお知らせします。

  • 標識認識機能

単眼カメラで標識を認識してディスプレイに表示してくれます。

運転手の安全運転をサポート!

これらの機能で運転手の疲労軽減・安全運転支援をしてくれます。

ホンダセンシングはトップクラスの機能が盛り込まれており、他のメーカーと比較しても軽自動車でがトップクラスといっていいでしょう。

特にアクティブクルーズコントロールは現在、軽自動車ではホンダのみとなっていますので高速道路などで大幅に疲労軽減してくれますね♪

以前ダイハツ ソニカが軽自動車初採用していました。

フルモデルチェンジ後の価格は?

ホンダセンシング標準搭載の影響で価格は10万円~15万円ほどアップします。

安全装備が最初から搭載されるので、価格上昇してもお買い得だと思います

新型N-WGN情報まとめ

「2019年 新型N-WGN フルモデルチェンジ!安全装備、エンジン、価格は?」はいかがでしたか?

人気のNシリーズですので、新型N-WGNも気合を入れて開発されているでしょう!

Nシリーズでは一番後発となるでどのような進化をするか楽しみですね。

最新情報が入り次第すぐにお伝えします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です