2017年 マツダCX-3 マイナーチェンジでガソリンモデル追加か?搭載エンジンや価格は?

シェアする

hero_cx-3_highlight_ext_1118.ts.1611180939071330

マツダが販売するコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」に待望のガソリンモデルが追加されてる可能性が浮上しました!

なんでもここ最近の「CX-3」・「デミオ」の販売業績が悪いようで、マイナーチェンジのタイミングでガソリンモデルをラインアップに加えて販売する方針のようです。

マツダの経営戦略的にCX-3及びデミオはディーゼルエンジンを主力に展開していたのですが、日本国内でこのクラスの車の使われ方は、比較的短距離の利用・買い物などで使用している割合が多いです!

そこで高価になりやすいディーゼルエンジンは価格面でのデメリットがあり他社に流れているようです。

デミオはガソリンモデルの設定上がり今後は宣伝などして販売回復に向けるようですが、CX-3についてはディーゼルモデルのみです・・・

これはCX系の生産キャパシティの関係で国内ではガソリンモデルのラインアップがありません。

またライバルであるC-HRは4万台を受注し、ホンダヴェゼルは月5000台の販売があることにたいして、CX-3の目標販売台数3000台なのですが

  • 2016年
  • 10月/598台
  • 11月/2,103台
  • 12月/939台

ご覧のように目標に届いてません・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2017年 CX-3のガソリンエンジンは?

キャプチャ

すでにご存知の方もいらっしゃいますでしょうが、海外仕様ではガソリンモデルの販売がされています。

  • 2.0L Skyactiv-G
  • 最高出力 :120ps/6000rpm
  • 最大トルク: 20.7kg-m/2800rpm

コンパクトボディに2.0Lエンジンは楽しいのですが、日本の税金制度やユーザー層を考慮すると2.0Lエンジン搭載の可能性は0に等しいでしょう。

ですので搭載されるエンジンはアクセラに採用されている1.5L!

  • 1.5LSKYACTIV-G
  • 最高出力:111ps/6000rpm
  • 最大トルク:14.7kgm/3500rpm

CX-3とアクセラの車両重量は殆んど同じで、高評価の1.5Lが搭載されればアピールポイントにもなります!

ディーゼルを搭載して部品点数が多く重量が増していますので、ガソリンエンジンを採用することで軽量化になり走りも楽しくなりそうです。

JC08モード燃費は 19.2km/L前後になると思われます!

マツダ CX-3 ガソリンモデルの価格は?

今現在もっとも安グレードで2,376,000円になっています!

ライバルであるヴェゼルは1,920,000円スタートのなっており敷居の低さが一目瞭然です。

それよりも問題なのは兄貴分であるCX-5!!

スタート価格は2,462,400円と約10万しか違いません・・・

装備内容、車内の広さなどワンランク上の車格なのでCX-5にお客さんが流れてしまう可能性もあります。

日本国内で販売されるCX-3ガソリンモデルの販売価格は190万~210万円の間になると思われます!

情報まとめ

「2017年 マツダCX-3 マイナーチェンジでガソリンモデル追加か?搭載エンジンや価格は?」はいかがでしたか?

C-HRなど強力なライバルが発売された今、室内の広さや価格などでライバル勢に負けているのでどのように巻き返すか楽しみですね。

ただ単にガソリンモデル追加しましたじゃ販売回復は難しいと思われますので、一番下のグレードでも装備を充実させたりしないとまずいでしょうね。

最初からディーゼルオンリーでなければもう少し状況は変わっていたかもしれません!

また新しい情報が入り次第お伝えします♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です