新型スズキ カプチーノ フルモデルチェンジ!エンジン・価格・発売時期は?

車に関する情報は勿論、管理人が気になった事などもLINE配信していきたいと思っています♪

またLINE@友達限定で、管理人は試したカーグッズなどのプレゼントキャンペーンなど今後行う予定などありますので、興味がある方は是非とも登録よろしくお願いします♪

友だち追加

【ID:@hoh1085u からでもお友達登録できます】

e13a1226

スズキ「カプチーノ」と言えば、当時珍しかった2シーターFR軽自動車でした。

今ではホンダ「S660」やダイハツ「コペン」の女性の方にも売れていて街中でよく見かけますね♪

1998年に販売終了してから18年沈黙を破って遂に新型「カプチーノ」として生まれ変わるという情報が入ってきました。

今、スポーツカーブームですので、アルスワークスの復活で好調なスズキが、S660とコペンに対抗するためにアルトワークスの技術を採用して登場予定です!!

そんなン期待の新型「カプチーノ」の搭載エンジン・駆動方式・価格など今わかってる情報をまとめてみました♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型カプチーノ フルモデルチェンジで搭載するエンジンと駆動方式は?

エンジンには、アルトワークス採用されてる660cc直列3気筒DOHCターボエンジン(R06A型)新型「カプチーノ」に搭載される予定です。

  • 最高出力:64ps/6,000rpm
  • 最大トルク:10.2kgm/3,200rpm
  • トランスミッション:5MTまたは5AGS
  • 駆動方式 4WD

駆動方式は、先代カプチーノFRだったのに対して、新型カプチーノは4WDを採用するオープンカーとして販売される可能性が出てきました。

基本的にはアルトワークスの技術を応用することで、コストを削減すると同時に安全装備などの装着も抜かりなくしてくるはずだ。

アルトワークスベースにオープンカーとして販売するには、車体の剛性強化が必要なので、アルトワークスよりは車両重量が重くなってしまうかもしれませんね・・・

しかし軽量衝撃吸収ボディー TECT<テクト>などの採用で700キロ台には収めてくると、ライバルのS660やコペンに対して大きなアドバンテージになりますね♪

トランスミッションは?

用意されるのは2種類で

  • マニュアル
  • 5速AGS

マニュアル仕様は当然として、アルトワークスに採用された5速MTをベースに自動変速化をした「5速AGS」の採用の可能性が高いでしょう!

また5速AGSには自動ブレーキ関連やアイドリングストップも搭載可能なので、安全性や燃費性能も期待できます。

車を自分で操りたい人はMTで、安全性を考慮したい人は5速AGSですね。

アルトワークスのようにMT比率の方が高いでしょう。

新型カプチーノに搭載される安全装備は?

単眼カメラとレーザーレーダーを組み合わせた運転支援サポートシステムを採用する予定です。

スイフトからデュアルブレーキサポートから変更されたもので、新型ワゴンRでも採用されています。

  • デュアルセンサーブレーキサポート

搭載された2つのセンサーが前方の車・障害物・歩行者などを検知します。

衝突の危険が迫った際には、ブザー音やディスプレイにて警告

ドライバーがブレーキを踏んだら、ブレーキ力のアシストを行います。

万が一ブレーキが踏まれないで衝突の危険があると判断したときには、自動的にブレーキ制御が入って危険回避または軽減を行います。

  • 誤発進抑制機能

停止または10キロ以下で走行中、前方に障害物を感知した状態で急アクセル操作があった場合はエンジン出力制御・急発進・急加速を抑制します。

ブザー音やディスプレイで警告して注意を促します。

  • 車線逸脱警報機能

運転手がウィンカー操作しない状態で、車線逸脱の危険がある場合はブザーとディスプレイで知らせてくれます。

  • ふらつき警報機能

約60km/h〜約100km/hで走行中にふらつきを感知して、ドライバーにディスプレイとブザー音で警告

  • ハイビームアシスト機能

機能をオンにした状態で、約30km/h以上で走行中にハイビーム・ロービームの自動切換えをサポートしてくれます。

【スポンサードリンク】

新型カプチーノの発売時期は?

スズキの商品開発速度は早いことで有名ですよね♪

今現在、売れ行きが好調な軽スポーツカーの現状スズキが指をくわえて見てるはずがありません。

予想販売次期は2018年秋ごろとの情報もありますが、一部では2017年度中販売を目指しているとの情報が入ってます。

東京モーターショー2017年で何らかの動きを見せてもらえたら、ファンは少し安心して発売を待てるのでスズキには期待しています♪

フルモデルチェンジ後の価格は?

気になる新型カプチーノの価格については、ライバルである「コペン」・「S660」の価格帯が180万円~200万円になっています。

ですので、それに合わせて180万円~190万円程度の販売が予定されてるみたいなので、若者にも購入しやすい価格となっていますね。

新型カプチーノの情報をまとめ!

「新型スズキ カプチーノ フルモデルチェンジ!エンジン・価格・発売時期は?」はいかがでしたか?

もし新型カプチーノ販売されれば、軽自動車のオープンスポーツカーが「S660」「コペン」と合わせて三台になりますね♪

しかもこの三台ともMR・FF・4WDと駆動方式が全部違うので、魅力的な車のラインナップに楽しくなります。

ここ最近のユーザー傾向は、運転が楽しい車を求めていますので、各メーカーとも走りをアピールしています。

トヨタはスポーツカーグレードのG’sを設定したり、マツダは人馬一体の車作りを目指したりしています!

これからの自動車業界の盛り上がりで、若者の車離れを食い止めてほしいです!!

新型カプチーノ予想スペック

  • 全長:3395mm
  • 全幅:1475mm
  • 全高:1200mm
  • 最高出力:64ps/6,000rpm
  • 最大トルク:10.2kgm/3,200rpm
  • トランスミッション:5MTまたは5AGS
  • 駆動方式 4WD
  • JC08燃費:22.0km/l
  • 車両重量:700キロ台
  • 予想販売価格:180万円~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. m より:

    カプチーノはFRのターボエンジンだから人気があるのであって…
    FFか4WDなら新型を出す必要が無い‼
    そこをSUZUKIというメーカーの開発陣が分かってるかどうか…
    FRで新型カプチーノを造れば、爆発的に売れるのは間違いない‼

  2. も~も~ より:

    でもFRのシャシーなんて、キャリーとジムニーしか持ってないよ…orz
    シャシーまで新開発するとしたら、400万でも厳しいんじゃないかな。

  3. 通りすがり より:

    現在アルトターボrsを乗ってます。4wdで。それでも軽くて速いですし。これが、スポーツカー的なボディとか運転姿勢になったら、それだけで楽しそうですけどね。所詮といってしまえば仕方ない「軽」自動車なんですから、ギンギンにとがってなくてもいいんじゃないかと。

  4. KEN より:

    コペンFF、S660MR、カプチーノ4WD、3者3様
    おおいにOK
    こちら雪国のため、4WDオープン欲しいです。

  5. T.I より:

    S660は、デザインがいいけど、ちょっとした荷物が積めない、MRでは雪道が不安で……現実的には買おうとは思えない。

    コペンは、ハードトップで荷物も詰める。FFだから雪道は何とかなるかな。でも、デザインがイマイチ…せめてタモンデザインなら、買っちゃうかも。

    カプチーノが出たら…噂ではAWDだし、雪道は大丈夫。トランクもある程スペース確保できそう!デザインがどんな感じになるか、気になるよね。

    いずれにしても、ラグビーワールドカップ記念の白ナンバープレートが取得できるうちに発売してくれないかな。って思っている人は多いんじゃないかな

  6. ひろゆ より:

    雪が降るから4WD大歓迎です。早く出してくれ!俺のカプチもあちこち弱ってきたよ。

  7. sskcappuccino より:

    軽自動車 2シーター オープンカー スポーツタイプ この条件を満たすなら、2WDでも4WDでもどちらでも構わない。
    ただ新潟でカプチーノを乗っていたこともあるので4WDでも面白いかな。
    ただこの手の話は昔から言われており、信憑性は定かではない。
    S660の弱点を補う実用性も兼ね備えたスポーツカーを希望したい。

  8. つくばの薫くん より:

    軽じゃなくてもいいいぞ、4WDのATではなくMTなら!
    但し、運転席を暖かくしてくれ、ベンツのSLCのように!
    雪道をオープンで走る!これが私の夢!