2018年後半 新型ヴェゼル フルモデルチェンジ!エンジン・ハイブリッド・価格は?

シェアする

ホンダの大人気クロスオーバーSUV「ヴェゼル」が2018年後半~2019年頃にフルモデルチェンジされる情報が入ってきました。

現行と同じくガソリン・ハイブリッドの二本立てで販売される見込みになっています。

ライバルに強力なC-HRが出現しましたので、ホンダは気合を入れて新型ヴェゼルのフルモデルチェンジを行うと思われます。

今回はそんな新型ヴェゼルのエンジン・ハイブリッド・価格について判明している情報まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型ヴェゼルがフルモデルチェンジ搭載するエンジンは?

2018年後半~2019年頃の発売を予定している新型ヴェゼルの、エンジンラインアップは何種類か噂があります。

  • 1.5リッターガソリンエンジン
  • 最高出力:131ps/6600回転
  • 最大トルク: 15.8kg.m/4600

現行モデルに採用されているもので、改良が加えられて燃費向上されます。

若干のスペック向上があるかもしれません。

  • 1.0リッター直列3気筒
  • 最高出力:129ps/6000回転
  • 最大トルク:22.4kg.m/2500回転

フィットのマイナーチェンジで搭載が噂されていたエンジンになります。

1.5L NAエンジンよりもトルクが太く燃費性能も期待できるエンジンで、この1.0Lダウンサイジングターボ搭載の可能性は高いのではないでしょうか?

  • 1.5リッターターボエンジン
  • 最高出力:150馬力/5500回転
  • 最大トルク:トルク20.7kg/1600-5000

ステップワゴンに採用されたダウンサイジングターボエンジンになっており、ヴェゼルRSに搭載されてほしかったとの声が多かったです。

  • 1.6Lクリーンディーゼル
  • 最大出力:120ps/4000rpm
  • 最大トルク:30.6kgm/2000rpm

欧州モデルでは設定があるディーゼルエンジンを、フルモデルチェンジでラインナップの可能性もあるようです。

現在ではクリーンディーゼルはマツダが独占しているのが現状なので、人気モデルヴェゼルが採用したら話題になるでしょう。

またMT仕様の販売が噂されていますが、現時点では日本仕様には用意されない方針のようです。

要望が多ければRSなどスポーツモデルには設定されるかもしれません。

個人的には1.0Lターボエンジンとクリーンディーゼルが搭載されると予想します♪

どちらも搭載してくればインパクトがあありますからね!

ハイブリッドは排気量アップ?

現行モデルの1.5L i-VTEC+i-DCDから1.8L i-VTEC+i-DCDに排気量アップされると情報があります。

C-HRの対抗策として同じ排気量+C-HRハイブリッドには設定がない4WDで勝負を仕掛けるようです。

  • 1.8リッター直列4気筒エンジン
  • 最高出力 :141ps
  • 最大トルク: 17.5kgf.m
  • モーター H1型 1NM
  • モーター最高出力: 29.5ps
  • モーター最大トルク: 16.3kgf.m

ただ税金が変わってくるため、1.5Lのまま変更がない可能性も高いです。

現状噂程度なので最新情報が入ったら追記しますね♪

新型ヴェゼルのエクステリアは?

デザインはキープコンセプトで大幅な変更は加えられずに正常進化となります。

画像はホンダ販売予定の新型アヴァンシアになっており、新型ヴェゼルはこのデザインをモチーフにされるのではないでしょか?

最近のホンダ車が採用する新LEDヘッドランプが確認できますね。

新型ヴェゼルにも間違いなく採用されて販売されると思われます♪

  • フィット
  • グレイス
  • ジェイド

など続々採用車種が増えていきます!

各社とも共通のデザインテーマを採用して、メーカーがわかりやすくなってきました。

インテリアは?

現行モデルの質感高いインテリアが受け継がれ、更に質感向上されるはずです。

ヴェゼルのドリンクホルダーは今まで一番使い勝手がいいと感じたので、新型でも引き続き採用してもらいたいです!

新型ヴェゼルの安全装備は?

引き続き「ホンダセンシング」が採用され安全性が高いクルマになります。

  • 衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉

歩行者・車両に対して衝突回避または軽減をサポート

  • 歩行者事故低減ステアリング

ミリ波レーダーと単眼カメラで歩行者を、感知して回避しやすいようにステアリングアシスト

  • ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉

設定した速度内で、自動的に車間距離を取って運転手の疲労軽減をしてくれます。

  • LKAS〈車線維持支援システム〉

車線中央を維持しやすいようにステアリングアシストが入ります。

  • 路外逸脱抑制機能

車両が車線を逸脱しそうな場合に、ディスプレイ内の表示とステアリングの振動で警告

  • 誤発進抑制機能

車時や約10km/h以下で走行中で障害物を感知してる状態で、急アクセル操作があった場合は急発進しないように制御

  • 先行車発進お知らせ機能

信号などで停車中に先行車が発進しても動かない場合は、ブザーと警告音でドライバーに知らせてくれます。

  • 標識認識機能

単眼カメラで道路標識を認識してディスプレイに表示することで、標識の見落としを防いでくれます。

上記の機能が新型ヴェゼルでも搭載されることに変更はありませんが、ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉(渋滞追従機能付)にアップグレードされるかもしれません!

電子パーキングを採用しながらもACCは30キロ~100キロ対応で渋滞時の追従が出来ませんでした・・・

フルモデルチェンジではこのデメリットを解消してくると思われます。

ライバルであるC-HRは全車速対応クルーズコントロールを搭載しています!

4WD性能向上!

4WDシステム〈リアルタイムAWD〉を搭載するヴェゼルですが、4WD性能の評価はあまり良くはありません。

新型ではこの4WD性能を向上させることで商品力アップを図るようです。

発売日と価格は?

2018年後半~2019年頃の販売が噂されています。

もしかしたら人気モデルのため2020年頃までひっぱるかもしれませんね。

価格は現行モデル+10万円~15万円程度の値上がりと予想されます。

情報まとめ

「2018年後半 新型ヴェゼル フルモデルチェンジ!エンジン・ハイブリッド・価格は?」はいかがでしたか?

大人気モデルですので力を入れて開発されているはずですから、どのように生まれ変わるか楽しみですね!

現在はC-HRの売れ行きが好調なので、それに待ったをかけることができるのでしょうか?

これからジュークの新型投入・CX-3のガソリンモデル追加など予定されていますので、ますます激戦となるSUVジャンルがみものですね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です