遂に出るか!?新型スズキ「カプチーノ」・エンジン・価格・発売時期は?

シェアする

e13a1226

スズキ「カプチーノ」と言えば、当時珍しかった2シーターFR軽自動車でした。

今ではホンダ「S660」やダイハツ「コペン」の女性の方にも売れていて街中でよく見かけますね♪

1998年に販売終了してから18年沈黙を破って遂に新型「カプチーノ」として生まれ変わるという情報が入ってきました。

今、スポーツカーブームですので、アルスワークスの復活で好調なスズキが、S660とコペンに対抗するためにアルトワークスの技術を採用して登場予定です!!

そんなン期待の新型「カプチーノ」の搭載エンジン・駆動方式・価格など今わかってる情報をまとめてみました♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新型カプチーノの搭載エンジンと駆動方式は?

エンジンには、アルトワークス採用されてる660cc直列3気筒DOHCターボエンジン(R06A型)新型「カプチーノ」に搭載される予定です。

最高出力:64ps/6,000rpm
最大トルク:10.2kgm/3,200rpm
トランスミッション:5MTまたは5AGS
駆動方式 4WD

駆動方式は、先代カプチーノFRだったのに対して、新型カプチーノは4WDを採用するオープンカーとして販売される可能性が出てきました。

基本的にはアルトワークスの技術を応用することで、コストを削減すると同時に安全装備などの装着も抜かりなくしてくるはずだ。

アルトワークスベースにオープンカーとして販売するには、車体の剛性強化が必要なので、アルトワークスよりは車両重量が重くなってしまうかもしれませんね・・・

しかし軽量衝撃吸収ボディー TECT<テクト>などの採用で700キロ台には収めてくると、ライバルのS660やコペンに対して大きなアドバンテージになりますね♪

新型カプチーノの発売時期は?

スズキの商品開発速度は早いことで有名ですよね♪

今現在、売れ行きが好調な軽スポーツカーの現状スズキが指をくわえて見てるはずがありません!!

予想販売次期は2018年秋ごろとの情報もありますが、一部ではなんと2016年度中販売を目指しているとの情報が入ってます。

価格はどんな感じになる?

気になる新型カプチーノの価格については、ライバルである「コペン」・「S660」の価格帯が180万円~200万円になっています。

ですので、それに合わせて180万円~190万円程度の販売が予定されてるみたいなので、若者にも購入しやすい価格となっていますね。

新型カプチーノの情報をまとめ!

「遂に出るか!?新型スズキ「カプチーノ」・エンジン・価格・発売時期は?」はいかがでしたか?

もし新型カプチーノ販売されれば、軽自動車のオープンスポーツカーが「S660」「コペン」と合わせて三台になりますね♪

しかもこの三台ともMR・FF・4WDと駆動方式が全部違うので、魅力的な車のラインナップに楽しくなります。

ここ最近のユーザー傾向は、運転が楽しい車を求めていますので、各メーカーとも走りをアピールしています。

トヨタはスポーツカーグレードのG’sを設定したり、マツダは人馬一体の車作りを目指したりしています!

これからの自動車業界の盛り上がりで、若者の車離れを食い止めてほしいです!!

新型カプチーノ予想スペック

  • 全長:3395mm
  • 全幅:1475mm
  • 全高:1200mm
  • 最高出力:64ps/6,000rpm
  • 最大トルク:10.2kgm/3,200rpm
  • トランスミッション:5MTまたは5AGS
  • 駆動方式 4WD
  • JC08燃費:22.0km/l
  • 車両重量:700キロ台
  • 予想販売価格:180万円~

「話題のトヨタG’sグレードってなに?ラインナップ・価格・走りは?」

「スズキ「ワゴンR」新型にフルモデルチェンジ!ハイブリッドと新開発プラットフォーム採用か?」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です